特急みどりで佐世保へ

5月29日(火)から31日(木)までの3日間、長崎県長崎市で行われた研修会に参加しました。長崎県へ行く機会が中々ないので、往路は佐世保駅経由にしました。





新大阪駅みずほ1

新大阪駅みずほ2

新大阪駅から山陽新幹線みずほ号普通車自由席に乗り、福岡市博多区の博多駅へ向かいました。出来れば寛げる普通車指定席に乗りたかったのですが、生憎満席となっていました(^^;) 乗車した電車はJR九州所属の編成だったので、向谷実氏作曲のオリジナル車内メロディーが聞けました(*^▽^*)





博多駅1

博多駅2

山陽新幹線で最速の列車だけあって、2時間半弱で博多駅に到着しました。当駅は九州一の乗降客数を誇るターミナルで、全ての営業列車が停車します。また、唯一東海道・山陽・九州新幹線系統の全ての種別(こだま号ひかり号のぞみ号つばめ号さくら号みずほ号)が乗り入れる駅でもあります。



787系電車
博多駅3

813系電車
博多駅4

883系電車(左)・885系電車(右)
博多駅5

博多駅には様々な電車がひっきりなしに発着するので、撮影していると時間がなくなってしまいます。関西では見られない独特な外観の電車ばかりなので、被写体としては申し分ないですね(^O^) 在来線ホームには向谷実氏作曲のオリジナル発車メロディーが導入されており、列車が発車する際に流れます(^^♪



博多駅6

博多駅7

これから乗る列車には車内販売がないので、5・6番線ホームにあるラーメン屋で早めの昼食を摂りました。注文したとんこつラーメンが美味しかったので、替え玉を頼んで2玉分も食べました(*'▽') 来店した時は誰も居ませんでしたが、食べてる間に混雑してきました(;´∀`)



特急みどり1

特急みどり2

博多駅から特急みどり号普通車自由席に乗り、長崎県佐世保市の佐世保駅へ向かいました。使用車両は4両編成の783系電車(ハイパーサルーン)で、博多方の7号車・8号車普通車自由席です。車両の中央に出入口の扉があるため、客室は全て半室構造となっています。
 


特急みどり4

博多駅を出てから佐賀県を縦断し、1時間40分程で長崎県佐世保市の早岐(はいき)駅に到着しました。走行してきた佐世保線は、当駅でスイッチバック(進行方向が反転)をします。右側に延びる線路肥前山口・博多方面左側に曲がる線路佐世保方面です。



特急みどり3

早岐駅まで最後尾だった8号車が先頭になるので、前面展望を楽しむために移りました。ここの座席は一段高くなっていて質も良かったので、最初から8号車B室(後ろ側)に乗ればよかったと後悔しました(;´∀`) 当駅から佐世保駅までの区間は、普通乗車券のみで特急列車の普通車自由席に乗車できます。



特急みどり5

長崎県佐世保市の大塔駅で、区間快速シーサイドライナーと行き違いをしました。同じ運賃を支払うなら、今乗っている快適な特急型車両の方が断然お得ですね(*'▽')



特急みどり6

線路が高架構造になって程なくすると、終点の佐世保駅に到着します。快適な前面展望も、約10分で終了してしまいました(;´∀`)



佐世保駅周辺を散策し、長崎方面へ向かいました。
スポンサーサイト

テレビ塔と科学館

テレビ塔1

矢場とんで味噌カツ三昧定食を食べた後、名古屋テレビ塔へ向かいました。テレビ塔までは1km程だったので、目印にしながら久屋大通を歩きました。久屋大通は幅広い道路で、中央分離帯には大きな公園も設置されています。



オアシス21

久屋大通沿いには、オアシス21という施設があります。某氏曰く、テレビCMでも使われている有名な施設らしいです。水の宇宙船と呼ばれる大屋根はガラス張りで、吹き抜けの地下空間にまで光が差し込む構造となっています。



テレビ塔2

オアシス21は無料なので、自由に出入りができます。ガラス張りの大屋根にはが張られているので、地下空間へ水面の光が差し込んで綺麗でした。ここから撮影するテレビ塔は人気らしく、訪れた日も多くの人で賑わっていました。



テレビ塔3

名古屋市街地を一望できる展望台(スカイデッキ)へは、受付カウンターがある3階から専用のエレベーターで向かいます。名古屋テレビ塔の展望料金は大人700円ですが、ドニチエコきっぷを提示すると600円になります(*^▽^*)



テレビ塔4

展望台は、専用エレベーターで到達できる屋内展望台(スカイデッキ)と、さらに階段で登って至る屋外展望台(スカイバルコニー)の2層構造となっています。展望台からは、先程まで居たオアシス21も俯瞰できました。



名古屋テレビ塔からの眺望を楽しんだ後、最後の目的地である名古屋市科学館へ行きました。栄駅から地下鉄東山線に乗り、伏見駅で降りて向かいました。1駅区間しか離れていませんが、歩きすぎて足が痛かったので利用しました(^^;)





名古屋市科学館1

名古屋市科学館には世界最大と言われているプラネタリウムがありますが、閉館時間ギリギリで行ったので入りませんでした。入館料はプラネタリウム有りだと大人800円ですが、展示室のみだと同400円です。ドニチエコきっぷを提示すると、入館料は1割引きとなります(*^▽^*)



名古屋市科学館2

名古屋市科学館には、生命館理工館、そして球体部分の天文館があります。また、7階フロアまであるので、じっくり全て見学すると時間がかかります(^^;) 時間がなかったので、興味がある分野を中心に見学しました。



名古屋市科学館3

理工館の3階から4階にかけて設置されている竜巻ラボでは、実際に竜巻を起こしてメカニズムを見学することが出来ます。2階分の高さがあるので、結構迫力がありました(^O^)



名古屋市科学館4

理工館の数学エリアには、2進法の説明パネルがありました。隣にはクイズが出題されるモニターもあり、某氏が一生懸命解いていました。数学で習いましたが、イマイチ理解できないですね(^^;) まだ見れていない所もありましたが、閉館時間になってしまったので退館しました。

名古屋市科学館の最寄り駅である伏見駅から名古屋駅へは地下鉄東山線で1駅ですが、敢えて地下鉄鶴舞線桜通線を乗り継いで向かいました(^^♪ 所要時間は倍以上かかりましたが、東山線と比べて空いていました。





新大阪駅

名古屋駅で見送ってくれた某氏と別れ、東海道新幹線のぞみ号普通車自由席に乗って帰りました。すぐに来た列車に乗りましたが、混んでいなかったので窓側に座れました(^^)/



この日はドニチエコきっぷを駆使して観光名所を梯子したので、非常に充実した1日となりました(*^▽^*) それでも、まだ巡れていない所が多数あるので、また一日かけて名古屋観光したいですね‼ この日同行・案内してくれた某氏、ありがとうございましたm(_ _)m

名古屋城と味噌カツ

名古屋城0

トヨタ産業技術記念館を見学した後、なごや観光ルートバス「メーグル」に乗って名古屋城へ行きました。日曜日だったこともあり、バスの車内や名古屋城は多くの観光客で非常に混雑していました(-_-;)



名古屋城1

名古屋城の入場料は大人500円ですが、ドニチエコきっぷを提示すると400円になります(*^▽^*) 正門を潜ると、名古屋城の名物である金の鯱(しゃちほこ)の模型が展示してありました。



名古屋城2

訪れた日は、名古屋城さつき大会という催し物が開かれていました。サツキや盆栽などが展示されていた他、瀬戸焼などの地元名産品も売られていて賑わっていました。



名古屋城6

現在の名古屋城の天守閣は戦後に建てられた鉄筋コンクリート造りとなっていますが、今年のゴールデンウイーク明けから木造復元工事が開始されました。訪れた日は工事期間に入っていたので、天守閣内へ入れませんでした(^^;)



名古屋城3

天守閣へは入れませんでしたが、本丸御殿は見学できました(^^)/ 天守閣と同様、ここも第二次世界大戦で焼失してしまったようですが、10年程前から復元工事がされていて、最近完成したようです。



名古屋城4

名古屋城5

完成したばかりということもあって、本丸御殿の中はとても綺麗でした。襖や壁には煌びやかな絵が描かれており、豪華な内装となっています。本丸御殿内は、フラッシュを焚かなければ撮影可能となっています。



名古屋城7

名古屋城8

名古屋城を見学した後、城前にある金シャチ横丁へ行きました。ここも最近出来たばかりらしく、真新しい店が軒を連ねていました。お腹も減っていたので昼食を摂りたかったのですが、如何せん混雑が激しかったので、移動することにしました。



味噌カツ三昧定食

名古屋城前にある市役所前駅から地下鉄名城線に乗って矢場町駅へ向かい、矢場町にある矢場とんで昼食を摂りました。折角名古屋へ来たので、味噌カツを堪能できる味噌カツ三昧定食を食べました(*^▽^*)



昼食を摂った後、テレビ塔へ登りました。

トヨタ産業技術記念館

5月20日(日)、某氏を誘って名古屋市内観光をしました。名古屋駅前のバスターミナルでドニチエコきっぷ(土曜・休日限定の地下鉄・市バス一日乗車券)を購入し、なごや観光ルートバス「メーグル」に乗りました。



トヨタ産業技術記念館0

最初に向かったのは、某氏おすすめのトヨタ産業技術記念館です。レンガ造りの建物となっており、繊維機械館自動車館の2つの施設があります。入場料は大人500円ですが、ドニチエコきっぷを提示すると400円になります(^^♪



【繊維機械館】

トヨタ産業技術記念館2

繊維機械館に入ってすぐの所には、近代化産業遺産に認定されている無停止杼換式豊田自動織機(G型)が展示されています。完成した当時は世界一の性能と言われ、世界各国の繊維産業の発展に寄与したと説明文に書かれてました。



トヨタ産業技術記念館1

技術の進歩によって自動織機の性能も向上し、よこ糸を空気の力水の力を利用して高速で運ぶ機械が開発されました。施設内の係員さんによる説明・操作のサービスがあり、凄まじいスピードで織物が作られていく様子を見学できます。



【自動車館】

トヨタ産業技術記念館3

自動車館では、自動車製造に関する歴史的資料が豊富に展示されています。繊維事業から自動車事業に転換し、海外の技術を研究して独自の自動車製造を模索してきたようです。



トヨタ産業技術記念館4

トヨタ産業技術記念館5

試行錯誤の末に出来上がった自動車部品を、1つ1つ手作業で大量生産していたようです。ここでも係員さんによる説明や実演のサービスがあり、機材の費用や製造方法などを色々教えてくれました。



トヨタ産業技術記念館6

こちらは製造された部品を組み立て、塗装していく作業を展示したエリアです。全ての工程を手作業で行うので、1台造るのに大変な労力と時間が必要だったと思います。そのため、市場に出回る台数も限られていたようです。



トヨタ産業技術記念館7

自動車館には、様々な時代の自動車が展示されています。初代クラウンは当時の給料の数年分したと言われているので、現代で言うと一軒家を買うくらいの価値だったと思います。



トヨタ産業技術記念館8

手作業で組み立てていた自動車も、現在は機械で行われるようになりました。このシステムのお蔭で大量生産や経費削減が実現し、低価格で市場に出回るようになりました。自動車館では、機械で組み立てる工程の一部も見学することができます。



トヨタ産業技術記念館9

自動車館では、最近登場した新型自動車も展示されています。このMIRAIという車種は、水素で作った電気によって動く電気自動車らしいです(*'▽') 展示エリアが広い施設なので、結構な時間滞在していました。



藤が丘駅(地下鉄東山線の終点)付近にもトヨタ自動車に関する施設があるようなので行ってみたかったのですが、遠いということで某氏にやんわりと断られました(^_^;) 再びメーグルに乗り、次の目的地である名古屋城へ向かいました。

近江鉄道ミュージアム

彦根駅東口

しんげんもち氏歓迎会の翌日5月5日(土)、午前中の仕事を終えてから新快速に乗って滋賀県彦根市の彦根駅へ行きました。訪問した理由は、当駅に隣接する近江鉄道ミュージアムの開放日だったからです。概ね1ヶ月に1回しか開放されない施設なので、今まで予定が合わずに行けませんでした。



近江鉄道ミュージアム1

こちらは、彦根駅の自由通路(東口寄り)から近江鉄道ミュージアムを見たものです。入場料は不要で、東口脇にある出入口から入れます。保存されている電気機関車を間近で見れるようするため、敷地内に歩道が整備されています。ミュージアムの左側には、車両の整備や改造をするのに使われる近江鉄道の彦根工場があります。



近江鉄道ミュージアム2

近江鉄道ミュージアム3

近江鉄道ミュージアム内には、電気機関車のED31形(▲▲)やED14形(▲)などが保存されています。近江鉄道は以前、貨物輸送も行っていたので、電気機関車を多数保有していました。ただ、2017年末より順に解体することが発表されたので、これから徐々に保存車両の数が減っていくと思われます。



近江鉄道ミュージアム4

近江鉄道ミュージアム5

近江鉄道ミュージアムには電気機関車の他に、以前活躍していた旅客用の車両も保存されています。一昔前に活躍していた500系電車(▲▲)や、つい最近まで活躍していた220形電車(▲)などが展示されています。前者は、近江鉄道が運営する保育園「ほほえみ園」の遊び場として活用されています。



近江鉄道ミュージアム6

近江鉄道ミュージアム7

近江鉄道ミュージアム内には、鉄道資料館もあります。実際に使われていた機器が多数展示されており、一部は今でも使えるように整備されていました。資料館内には、記念グッズなどを販売するスペースも設けてありました。(当施設は博物館のカテゴリーに入るので、社員さんに断ってから撮影しています。)



近江鉄道ミュージアム8

近江鉄道ミュージアム9

鉄道資料館内には、近江鉄道の鉄道むすめ「豊郷あかね」のパネル(▲▲)が展示されていました。また、その他の鉄道むすめも描かれているヘッドマーク(▲)もありました。どうやら、関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリーという催し物が行われていたようです。



開催日の少なさ故に今まで中々行けなかったので、今回無理やりでも訪問できて良かったです(^^♪ 天気も快晴だったので、撮影に最適でした(*^▽^*) 無料で入れるので、タイミングが合えば再度行ってみたいですね‼
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR