伊賀鉄道伊賀線の旅①

関西本線島ケ原駅笠置駅に寄った後、伊賀鉄道伊賀線が接続する伊賀上野駅へ向かいました。京都府南山城村にある大河原駅月ケ瀬口駅は、帰りに寄ることにしました。





伊賀上野駅1

伊賀上野駅2

笠置駅を出てから約30分、三重県伊賀市の伊賀上野駅に到着しました。当駅は、JR西日本関西本線伊賀鉄道の伊賀線が接続しており、JR西日本が駅業務を行っています。木造駅舎が使われており、みどりの窓口や待合室が設置されています。



伊賀上野駅3

伊賀上野駅は、切欠きホームがある単式ホームと島式ホームの複合型2面4線の構造です。切欠きホームが1番のりば(伊賀線)、単式ホームが2番のりば(関西本線の加茂方面)、島式ホームが3・4番のりば(関西本線の柘植・亀山方面)となっています。



伊賀上野駅4

伊賀上野駅の構内には、忍者のイラストが多数描かれていました。忍者博物館の最寄駅は当駅ではなく、伊賀鉄道伊賀線上野市駅です。そのため、全て伊賀線が発着する1番のりばへ向かう姿となっており、初めて訪れた人にも分かりやすいです。



伊賀線1

伊賀上野駅では伊賀鉄道1日フリー乗車券が購入できないため、改札口で乗車証明書を貰って伊賀鉄道の窓口がある上野市駅へ向かいました。伊賀線で運行されている車両は、全て東京急行電鉄から譲渡された200系電車です。





伊賀線2

伊賀上野駅まで乗った関西本線とは違い、伊賀線単線ながらも電化されています。伊賀線は、元々近畿日本鉄道(近鉄)の路線で、後に経営分離されて現在に至ります。そのため、架線柱や制限速度標識などは、近鉄と同じものが使用されています。





上野市駅1

上野市駅2

伊賀上野駅から7分程で、目的地の上野市駅に到着しました。伊賀線の主要駅の一つで、当駅始発・終着の列車が多数設定されています。改札口で伊賀上野駅で貰った乗車証明書を渡し、窓口で伊賀鉄道1日フリー乗車券を購入しました。



上野市駅3

上野市駅は島式ホーム1面2線構造で、駅舎とは構内踏切で結ばれています。基本的に駅舎側の1番線が伊賀上野方面のりば、反対側の2番線が伊賀神戸方面のりばとなっていますが、例外もあります。構内の伊賀上野寄りには、車両基地があります。



上野市駅4

上野市駅を撮影した後、1番線に停車中の当駅始発伊賀神戸行きに乗りました。伊賀鉄道1日フリー乗車券を有効利用するため、途中下車を繰り返しながら終点の伊賀神戸駅へ向かいました。
スポンサーサイト

島ケ原駅と笠置駅

4月3日(火)、伊賀鉄道伊賀線を乗りに行きました。何度か三重県伊賀市へ行ったことがありますが、伊賀線に乗る機会がなかったので、今回の目的地にした次第です。伊賀線伊賀上野駅伊賀神戸駅を結んでいる路線で、全区間が伊賀市域となっています。





関西本線1

青春18きっぷが余っていたので、JR西日本関西本線を利用して伊賀上野駅へ向かいました。早朝の大和路快速に乗り、終点の加茂駅亀山行きに乗り換えました。お馴染みのキハ120形気動車ですが、今回乗った車両は体質改善工事を施された更新車でした。


そのまま伊賀上野駅まで行っても良かったのですが、時間があったので途中下車をしながら向かいました。





島ヶ原駅1

島ヶ原駅2

加茂駅から約25分、三重県伊賀市の島ケ原駅に到着しました。古い木造駅舎が使われており、待合室と窓口(みどりの窓口ではない)が設置されています。自動券売機は設置されていないので、窓口で切符を購入する形となります。



島ヶ原駅3

島ケ原駅は相対式ホーム2面2線構造で、互いのホームは跨線橋で結ばれています。駅舎側のホームが加茂方面のりば、反対側のホームが伊賀上野・亀山方面のりばとなっています。ホームにはが植えられており、とても綺麗でした(^O^)



関西本線2

島ケ原駅を撮影した後、加茂行きの列車に乗りました。因みに、日中時間帯は当駅で列車交換(行き違い)を行うので途中下車しにくいですが、朝の時間帯は隣の伊賀上野駅で列車交換を行うので、途中下車に丁度良い約20分の滞在時間が確保できます(^^♪





笠置駅1

笠置駅2

島ケ原駅から戻ること約20分、京都府笠置町の笠置(かさぎ)駅に到着しました。近年改装された駅舎が使われており、待合室と窓口(みどりの窓口ではない)が設置されています。また、窓口脇には簡易的な自動券売機も設置されています。



笠置駅3

笠置駅は島式ホーム1面2線構造で、駅舎とホームは跨線橋で結ばれています。ホームの駅舎側が1番のりば(加茂方面)、反対側が2番のりば(伊賀上野・亀山方面)となっています。木津川沿いにホームがあるので、河原に植えられているが良く見えます(*^▽^*)



笠置駅4

笠置駅前のロータリーにもが植えられており、笠置山の戦いを再現した人形も設置されていました。



関西本線3

笠置駅を撮影した後、2番線に入線した亀山行きに乗って伊賀上野駅へ向かいました。

名古屋で披露宴

名古屋駅

5月19日(土)、20日(日)の両日、友人の結婚披露宴のため、愛知県名古屋市へ行ってきました。前日の夜中は猛烈な嵐でしたが、この日は快晴だったので良かったです(^^♪ 披露宴・二次会共に友人と絡めたので、非常に楽しい時間を過ごせました。この日は0時までにホテルへ戻れたので、翌日に疲れが残っていなくて助かりました(^_^;)

20日(日)は、名古屋市在住の地元の友人と一緒に名古屋市内観光をしました(^^)/

天龍峡に咲く満開の桜

天竜峡1

JR東海飯田線に乗って天竜峡駅へ向かい、名勝「天龍峡」を散策しました。駅前に建てられた周辺地図を見ると、天龍峡を一周できるコースがあるようでしたが、帰りの列車に間に合わないので、のんびりと駅周辺を歩くことにしました。



天竜峡0

天竜峡駅を出て飯田線の踏切を渡ると、天龍峡の観光案内所があります。「てん吉くん」というマスコットキャラクターがいるようで、大きなパネルが設置されていました(^^)



天竜峡7

天竜峡駅前には天竜川が流れており、対岸に渡れる姑射橋が架けられています。車道用(細い歩道付き)とは別に歩道用の橋が架けられているので、車を気にせずに橋から天龍峡の景色を眺めることが出来ます(^O^)



天竜峡2

天竜峡3

先述の姑射橋からは、天竜川の綺麗な景色が楽しめます。上流側(▲▲)は緩やかですが、下流側(▲)は険しくなっています。同じ橋から違った川の姿を楽しめるので、面白いです(*^▽^*)



天竜峡8

姑射橋を渡った先には、天竜ライン下り乗り場があります。訪れた日も、乗船していたグループを見かけました。時間の関係で乗れませんでしたが、機会があれば乗ってみたいですね。



天竜峡4

天竜ライン下り乗り場付近にが植えられており、丁度見頃を迎えていました。対岸の天竜峡駅に飯田線の電車が停車していたので、桜と一緒に撮影してみました(*^▽^*)



天竜峡5

天竜峡6

上流側の対岸に満開の桜があったので、再び姑射橋を渡って見に行きました。今年は暖かいこともあり、例年より早く満開を迎えたそうです。文句なしの快晴だったので、満開の桜が良く映えました(^^♪



天竜峡9

ゆっくり眺めたかったのですが、帰りの列車の発車時刻となったので、この辺で切り上げました。天龍峡は綺麗な場所なので、また訪れてみたいと思います。

飯田線で天竜峡駅へ

長野県諏訪市の諏訪大社の上社を参拝した後、長野県飯田市へ戻って宿泊しました。



飯田駅1

翌日は、飯田駅からJR東海飯田線に乗って天竜峡へ向かいました。当駅の駅舎は、印象的な赤い屋根をしていて目立ちます(^_^;) この日も晴れていたので、綺麗な青空が広がっていました。



飯田駅2

飯田駅の改札口の脇には、謎のキャラクターの絵が貼ってありました(^O^) 調べてみると、飯田丘のまちフェスティバルのマスコットキャラクターで、名前はリンゴ並木にあやかったナミキちゃんだそうです。



飯田線1

飯田線2

飯田線213系電車に乗り、天竜峡の最寄り駅「天竜峡駅」へ向かいました(天竜峡駅で撮影)。213系電車によく似た中央本線211系電車はロングシート(横並び座席)ですが、この電車は転換クロスシート(2人掛け座席)だったので快適でした(*^▽^*)



天竜峡駅1

天竜峡駅2

飯田駅を出てから約30分、長野県飯田市の天竜峡駅に到着しました。みどりの窓口が設置された有人駅で、特急伊那路号が停車する飯田線の主要駅の一つです。天竜ライン下りが有名で、ホームにはモニュメントも設置されています。



天竜峡駅3

当駅撮影中に特急伊那路2号豊橋行きが到着したので、停車中の姿を撮影しました。以前乗車した時は空いていましたが、この列車は結構混んでいました。



この後、天竜川周辺の花見を楽しみました。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR