fc2ブログ

近鉄日本橋駅と大阪上本町駅

近鉄難波線

前回の続きで、訪問した近鉄奈良線(直通先の近鉄難波線を含む)の駅紹介をします。近鉄難波線は、前回紹介した大阪難波駅と今回紹介する大阪上本町駅を結ぶ路線で、全て複線構造の地下区間となっています。当路線は大阪メトロ千日前線と並走しており、両路線にそれぞれ駅ホームが設置されています。近鉄日本橋駅大阪メトロ日本橋駅は、コンコースを共有しているので、併せて紹介します。大阪上本町駅との乗換駅である大阪メトロ谷町九丁目駅は、コンコースを共有していますが、場所が結構離れているので、今回は紹介を割愛します。





近鉄日本橋(きんてつにっぽんばし)駅

近鉄日本橋駅1

近鉄日本橋駅2

大阪市中央区にある近鉄日本橋駅です。近畿日本鉄道難波線大阪メトロ堺筋線千日前線が接続している主要駅で、特急列車を除く全ての列車が停車します。日本橋1交差点(堺筋と千日前通が交差)直下にコンコースがあり、自動券売機や御手洗い(改札内)が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。窓口は設置されていませんが、無人ではありません。駅前ロータリーは整備されていませんが、交差点付近にバス停が設置されています。



近鉄日本橋駅3

近鉄日本橋駅は相対式ホーム2面2線の構造で、互いのホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。側のホーム(右)が1番のりば側のホーム(左)が2番のりばです。1番のりばから大和西大寺・近鉄奈良方面の下り列車が、2番のりばから大阪難波方面の上り列車(阪神なんば線直通列車含む)が発着しています。



日本橋(にっぽんばし)駅

日本橋駅1

大阪市中央区にある日本橋駅です。日本橋1交差点(堺筋と千日前通が交差)直下にコンコースがあり、自動券売機や御手洗い(改札内)が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。窓口は設置されていませんが、無人ではありません。地下1階に大阪メトロの改札口が、地下2階に近鉄の改札口があります。



日本橋駅2

日本橋駅の堺筋線のりばは相対式ホーム2面2線の構造で、それぞれのホームに改札口が設置されています。また、互いのホームを結ぶ通路も設置されています。側のホーム(左)が1番線西側のホーム(右)が2番線です。1番線から天下茶屋方面の列車が、2番線から天神橋筋六丁目方面の列車(阪急千里線・京都線直通列車含む)が発着しています。各ホームに可動式ホーム柵(ホームドア)が整備されています。



日本橋駅3

日本橋駅の千日前線のりばは島式ホーム1面2線の構造で、ホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。ホームの側(左)が1番線、ホームの側(右)が2番線です。1番線から鶴橋・南巽方面の列車が、2番線からなんば・野田阪神方面の列車が発着しています。ホームの両側に可動式ホーム柵(ホームドア)が整備されています。





大阪上本町(おおさかうえほんまち)駅

大阪上本町駅1

大阪上本町駅2

大阪市天王寺区にある大阪上本町駅です。近畿日本鉄道大阪線難波線の他、大阪メトロ谷町線千日前線(谷町九丁目駅で連絡)が接続している主要駅で、特急列車を含む全ての列車が停車します。大阪線の起点駅であるため、当駅始発・終着の列車が多数設定されています。近鉄百貨店の1階にコンコースがあり、窓口や自動券売機、御手洗い(改札内)が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。駅前ロータリーは整備されていませんが、駅前の交差点付近にバス停が設置されています。



大阪上本町駅3

大阪上本町駅の改札口は地上階の他、上本町6交差点(上町筋と千日前通が交差)の地下にもあり、窓口や自動券売機、御手洗い(改札内)が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。こちらの改札口は、大阪メトロ谷町九丁目駅改札口へ向かう連絡通路と繋がっています。



大阪上本町駅4

大阪上本町駅の地上のりばは頭端式ホーム7面6線の構造で、地上階の改札口と直結しています。また、地下ホームとは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。側のホームから順に3番のりば、4番のりば、5番のりば、6番のりば、7番のりば、8番のりば、9番のりばとなっています。全てのホームから大阪線の大和八木・伊勢中川・鳥羽方面の下り列車が発着しています(特急列車は主に9番のりば、それ以外の列車は3番~8番のりば)。



大阪上本町駅5

大阪上本町駅の地下のりばは相対式ホーム2面2線の構造で、互いのホームとコンコース、先述の地上ホームとは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。側のホーム(右)が1番のりば側のホーム(左)が2番のりばです。1番のりばから大和西大寺・近鉄奈良方面の下り列車(近鉄名古屋・賢島方面の特急列車を含む)が、2番のりばから大阪難波方面の上り列車(阪神なんば線直通列車含む)が発着しています。





次の鶴橋駅から先は、次回の記事で紹介しようと思います。
スポンサーサイト



大阪難波駅と難波駅

近鉄奈良線

残暑が厳しい9月末、大阪・奈良・京都三都めぐりきっぷを利用して近鉄奈良線の駅巡りをしました。近畿日本鉄道奈良線は、大阪府東大阪市にある布施駅と奈良県奈良市にある近鉄奈良駅を結ぶ路線ですが、全ての列車が起点の布施駅から大阪線難波線に直通して大阪難波駅方面へ乗り入れています。そのため、今回からの訪問記事は近鉄難波駅から紹介します。大阪難波駅は大阪メトロの各路線のコンコースと共有しているので、併せて紹介します(南海電気鉄道難波駅JR西日本JR難波駅は省略します)。





大阪難波(おおさかなんば)駅

大阪難波駅1

大阪難波駅2

大阪市中央区にある大阪難波駅です。駅ビルが建てられており、難波交差点(御堂筋と千日前通が交差)直下にコンコースが設置されています。近畿日本鉄道難波線阪神電気鉄道阪神なんば線大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)御堂筋線四つ橋線千日前線南海電気鉄道南海本線高野線JR西日本関西本線(大和路線)が接続している主要駅で、特急列車を含む全ての列車が停車します。また、当駅始発・終着の列車が多数設定されています。コンコースに自動券売機や御手洗い、窓口等が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。



大阪難波駅3

大阪難波駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線の構造で、互いのホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。島式ホームの側(右奥)が1番のりば、島式ホームの側(右手前)が2番のりば、単式ホームが3番のりばです。1番・2番のりばから大和西大寺・近鉄奈良(近鉄名古屋・賢島方面の特急列車を含む)の下り列車が、3番のりばから尼崎・神戸三宮方面の下り列車が発着しています。





難波(なんば)駅

難波駅1

大阪市中央区(一部浪速区)にある難波駅です。案内表示は全てなんばと平仮名表記になっています。難波交差点(御堂筋と千日前通が交差)及び湊町南交差点(四つ橋筋と千日前通が交差)直下にコンコースがあり、自動券売機や御手洗い(改札内)が設置されています。また、自動改札機も導入されているので、SuicaPiTaPa等の交通系ICカードが利用できます。難波駅の駅前ロータリーは整備されておりませんが、バス停は複数個所に設置されています。



難波駅2

難波駅の御堂筋線のりばは単式ホーム2面2線の構造で、互いのホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。西側のホーム(左)が1番線側のホーム(右)が2番線です。1番線から天王寺・なかもず方面の列車が、2番線から梅田・新大阪・千里中央方面の列車が発着しています。各ホームに可動式ホーム柵(ホームドア)が整備されています。



難波駅3

難波駅の四つ橋線のりばは島式ホーム1面2線の構造で、ホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。ホームの西側(左)が1番線、ホームの側(右)が2番線です。1番線から住之江公園方面の列車が、2番線から西梅田方面の列車が発着しています。可動式ホーム柵(ホームドア)は整備されていません。



難波駅4

難波駅の千日前線のりばは島式ホーム1面2線の構造で、ホームとコンコースは階段とエスカレーター、エレベーターで結ばれています。ホームの側(左)が1番線、ホームの側(右)が2番線です。1番線から鶴橋・南巽方面の列車が、2番線から野田阪神方面の列車が発着しています。ホーム両側に可動式ホーム柵(ホームドア)が整備されています。





次の近鉄日本橋駅から先は、次回の記事で紹介しようと思います。

京阪大津線フリーチケット

京阪大津線

京阪電気鉄道大津線(京津線及び石山坂本線の総称)で利用できるフリーチケットが発売されたので、滋賀県大津市にあるびわ湖浜大津駅へ行きました。びわ湖浜大津駅と京都市山科区にある御陵駅を結ぶ京津線は、併用軌道(路面電車)区間と山岳鉄道さながらの急勾配区間、更に地下鉄東西線への乗り入れも行う複雑な路線であるため、それらに対応する機器を備えた800系電車(写真)は非常に高額な車両となっています。




大津線フリーチケット1

京阪大津線開業110周年記念フリーチケットです。チケットは2枚セットで、価格は1400円(1日券700円×2)です。京津線が1912(大正元)年、石山坂本線が1913(大正2)年に開業(一部区間)しているので、本年度が丁度開業110年となります。



響け!ユーフォニアムフリーチケット(4種)

大津線フリーチケット2

2022年8月1日から発売された人気アニメ「響け!ユーフォニアム」フリーチケットです。チケットは2枚セットで、価格は1400円(1日券700円×2)です。左側のチケットには高坂麗奈、黄前久美子、久石奏が、右側のチケットには鈴木美玲、鈴木さつき、中川夏紀、吉川優子、川島緑輝、加藤葉月が描かれています。



大津線フリーチケット3

2022年9月1日から発売された人気アニメ「響け!ユーフォニアム」フリーチケットです。チケットは2枚セットで、価格は1400円(1日券700円×2)です。左側のチケットには黄前久美子と高坂麗奈が、右側のチケットには川島緑輝と加藤葉月が描かれています。今年11月に京阪宇治線の列車に掲出されているヘッドマークと同じ絵柄となっています。



大津線フリーチケット4

2022年10月1日から発売された人気アニメ「響け!ユーフォニアム」フリーチケットです。チケットは2枚セットで、価格は1400円(1日券700円×2)です。左側のチケットには鈴木美玲、久石奏、鈴木さつきが、右側のチケットには中川夏紀と吉川優子が描かれています。



大津線フリーチケット5

2022年11月1日から発売された人気アニメ「響け!ユーフォニアム」フリーチケットです。チケットは2枚セットで、価格は1400円(1日券700円×2)です。左側のチケットには本作の主人公である黄前久美子が、右側のチケットにはユーフォニアムを持った黄前久美子の後ろ姿が描かれています。



響け!ユーフォニアムのフリーチケットが毎月1日に発売されるので、8月から計4回びわ湖浜大津駅へ足を運びました。大変でしたが、コンプリート出来たので良かったです。これらのチケットは使用する際に台紙から剥がさないといけないので、使わずに残しておこうと思います。

京阪電車と響け!ユーフォニアム(2022年)

京阪×響け!ユーフォニアム1

2022年8月1日(月)から同年11月30日(水)までの期間、京阪電気鉄道と人気アニメ「響け!ユーフォニアムのコラボ企画が展開されています。中書島駅宇治駅を結ぶ京阪宇治線では、響け!ユーフォニアムのヘッドマークを掲出した13000系電車が運行されています。また、京阪宇治線の4駅(後述)では、響け!ユーフォニアムに登場するキャラクターの等身大パネルが設置されています。




京阪×響け!ユーフォニアム2

京阪×響け!ユーフォニアム3

京阪宇治線で運行されている13000系電車のヘッドマークは月替わりとなっているようで、期間中の毎月1日に変更されているとのことです。訪れた11月は上の写真の絵柄となっており、宇治駅寄り(▲▲)の車両先頭に黄前久美子(おうまえ くみこ)高坂麗奈(こうさか れいな)のヘッドマークが、中書島駅寄り(▲)の車両先頭に川島緑輝(かわしま さふぁいあ)加藤葉月(かとう はづき)のヘッドマークが掲出されていました。



中書島(ちゅうしょじま)駅
京阪×響け!ユーフォニアム4

京都市伏見区にある中書島駅の地下通路に設置されている等身大パネルです。左から順に高坂麗奈(CV:安済知佳さん)、黄前久美子(CV:黒沢ともよさん)、久石奏(CV:雨宮天さん)が描かれています。



六地蔵(ろくじぞう)駅
京阪×響け!ユーフォニアム5

京都市伏見区にある六地蔵駅の改札口脇に設置されている等身大パネルです。左から順に鈴木美玲(CV:七瀬彩夏さん)、鈴木さつき(CV:久野美咲さん)が描かれています。



黄檗(おうばく)駅
京阪×響け!ユーフォニアム6

京都府宇治市にある黄檗駅の1番線ホーム改札口脇に設置されている等身大パネルです。左から順に川島緑輝(CV:豊田萌絵さん)、加藤葉月(CV:朝井彩加さん)が描かれています。



宇治(うじ)駅
京阪×響け!ユーフォニアム7

京都府宇治市にある宇治駅の改札外地下通路に設置されている等身大パネルです。左から順に中川夏紀(CV:藤村鼓乃美さん)、吉川優子(CV:山岡ゆりさん)が描かれています。



期間限定で設置されている等身大パネル付近が混雑していると思っていましたが、予想以上に閑散としていたので撮影し易かったです。聖地巡礼マップも入手したので、アニメ鑑賞した後、閑散期を狙ってゆっくりと巡りたいと思います。

白浜駅再訪問

紀勢本線車窓

秋の乗り放題パスを利用した最終の3日目は、紀勢本線(きのくに線)普通列車を乗り継いで白浜駅へ向かいました。1日目と2日目は終日曇っていましたが、この日は快晴だったので、綺麗な景色を堪能出来ました。何度か紀勢本線に乗りましたが、やはり岩代駅付近の区間の景色が一番印象に残ります。特急列車に乗車すると、この区間を徐行してくれるサービスがあります。





白浜(しらはま)駅

白浜駅1

白浜駅2

和歌山県白浜町にある白浜駅です。駅舎が建てられており、みどりの窓口や自動券売機、御手洗い(改札内)、待合所等が設置されています。自動改札機は導入されていませんが、改札口にICカードリーダーが設置されているので、SuicaICOCA等の交通系ICカードが利用できます。日本三古湯の1つである白浜温泉や、人気テーマパーク「アドベンチャーワールド」への利用客が多く、特急列車を含む全ての列車が停車します。また、特急列車の約半数が当駅で折り返しています。駅前ロータリーが整備されており、バス停等が設置されています。因みに、当駅の駅係員さんは夏季限定でアロハシャツを着用しています。



白浜駅3

白浜駅4

白浜駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、単式ホームの切欠き部1線の計2面4線の構造で、互いのホームはエスカレーターと屋根付きの跨線橋で結ばれています。駅舎と直結している単式ホーム(右)が1番のりば、単式ホームの紀伊田辺・和歌山寄りにある切欠き部が0番のりば、島式ホーム(左)が2番のりば3番のりばです。0番のりばから当駅折り返し紀伊田辺・和歌山方面の下り列車(特急列車)が、1番のりばから紀伊田辺・和歌山方面の下り列車が、2線のりばと3番のりばから串本・新宮方面の上り列車が発着しています。跨線橋にエレベーターが設置されていないため、ホームの串本・新宮寄りには構内踏切へのスロープが設置されています(▲)。



白浜駅6

白浜駅のホームには、JR東日本管内の駅でよく見かける春日電機製の動力用押釦開閉器が設置されています。見たところ、比較的新しいものに交換されており、スイッチの下には発車時刻表も設置されています。列車出発時に発車ベルが鳴動しているので、このスイッチが使用されているものと思われます。ただ、ホーム上の駅員さんが扱うのか、列車の車掌さんが扱うのかは不明です。



白浜駅7

白浜駅の跨線橋には、鉄道むすめ「黒潮しらら」の等身大パネルが設置されていました。前回訪問した時は改札口付近に設置されていましたが、この時は跨線橋にありました。アロハシャツを着用した白浜駅の駅員さんで、パンダのマスコットを所持しています。2種類の絵柄がありましたが、おそらく絵師さんの違いだと思います。





白浜駅を再訪問しましたが、普通列車のダイヤの関係で時間があったので、ゆっくり見て回れました。当駅は、大阪方面から来た特急列車到着時は混雑しますが、それ以外の時間は閑散としています。じっくり巡ることによって新たな発見があるので、一度巡った駅を再訪問するのも良いかもしれません。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
旅行(主に鉄道)好きの日記です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR