ユニバーサルシティ

ユニバーサルシティ駅2

先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJと表記)へ行った時に利用した、大阪市此花区のユニバーサルシティ駅について書いていこうと思います。



ユニバーサルシティ駅1

ユニバーサルシティ駅3

ユニバーサルシティ駅は、西日本旅客鉄道(JR西日本)桜島線(JRゆめ咲線)の駅です。大きな膜構造の駅舎が特徴で、近畿の駅百選に選定されています。時間帯によって利用客が集中するので、自動券売機や自動改札機が多く設置されています。



ユニバーサルシティ駅4

ユニバーサルシティ駅5

利用客が多い駅なので、改札内コンコースも広く造られています。人の流れが悪くなる自動改札機ホームへの階段との間隔を長くすることで、階段の混雑緩和が図られています(間隔が短いと、階段上で立ち止まることになって危険)。自動精算機は、階段を登ったところに設置されています。



ユニバーサルシティ駅6

ユニバーサルシティ駅は、相対式ホーム2面2線の構造です。左側の1番のりばが西九条・大阪方面(上り)、右側の2番のりばが桜島方面(下り)となっています。夕方以降に発車する上り列車は、当駅で数分間停車します。






ユニバーサルシティ1

ユニバーサルシティ2

ユニバーサルシティ駅からUSJの入場ゲートまでの間には、複合施設「ユニバーサル・シティウォーク大阪」があります。ただ、USJの開園時に開いている店は少ないので、帰り際に立ち寄る人が多いと思います。



ユニバーサルシティ3

ユニバーサルシティ4

シティウォークの床には、ミニオンズの3Dトリックアートがあります。アートの上に立って撮影すると、立体写真のようになるので人気があります。



ユニバーサルシティ駅は、大阪駅から直通電車を利用して約10分で行けるので便利です。西九条駅で乗り換えが生じても、15分くらいで行けます。
スポンサーサイト

獣友達と花輪線の写真



某氏がハマっているという、人気アニメを視聴しました。最近huluで配信されるようになったので、全話見ることが出来ました(^O^) 一気に見た影響で、オープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」のサビ部分が永遠に脳内再生されるようになりました(^^;)

この作品は、迷子のかばんちゃん(CV:内田彩さん)がサーバルキャットのサーバルちゃん(CV:尾崎由香さん)と共に、様々なフレンズと出会いながら自分探しの旅をする内容となっています。変に頭を使わなくてもいいアニメなので、空いた時間を使って気軽に見ることが出来ます(*'▽')

これを見てると動物園に行きたくなりますね(笑)





JR東日本花輪線

先月、秋田県鹿角市へ行った際に利用した東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線ですが、現地で撮影した写真をお蔵入りにするのは勿体無いので、未公開の写真を載せておこうと思います!(^^)!




花輪線1

秋田県鹿角市の陸中大里駅鹿角花輪駅の間にある、道の駅「かづの」の駐車場から撮影した花輪線です。田園地帯や山々と一緒に撮れます。



花輪線2

秋田県鹿角市の湯瀬温泉駅八幡平駅の間にある、湯瀬温泉街の橋から撮影した花輪線です。名所の湯瀬渓谷と一緒に撮れます。



二枚とも、持参したコンパクトデジタルカメラで撮影した写真です。一眼レフカメラだと、もっと綺麗に撮影できたかもしれませんね(;´∀`)

播但線の駅巡り(後編)

兵庫県豊岡市からの帰りに、西日本旅客鉄道(JR西日本)播但線の駅巡りをしました。今回は、播但線の電化区間の駅を紹介していきます。尚、時間の都合で訪問できなかった駅があるので、ご了承くださいm(_ _)m




寺前(てらまえ)駅

寺前駅1

兵庫県神河町の寺前駅です。近年建て替えられた駅舎が使われており、みどりの窓口も設置されています。当駅を境に電化区間非電化区間に分かれているので、特急列車を除いて乗り換えが生じます。



寺前駅2

寺前駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造です。駅舎側の単式ホームが3番のりば、反対側の島式ホームが2番・1番のりばとなっています。特急列車は両方向とも3番のりばに停車します。




新野(にいの)駅

新野駅1

新野駅2

兵庫県神河町の新野駅です。駅舎は建てられておらず、窓口もありません。相対式ホーム2面2線の構造で、互いのホームは跨線橋で結ばれています。基本的に、停車列車は左側の1番のりば通過列車は右側の2番のりばを使います。



新野駅3

新野駅の東口前には、新野駅開業25周年記念のモニュメントが設置されています。




鶴居(つるい)駅

鶴居駅1

鶴居駅2

兵庫県市川町の鶴居駅です。古い木造駅舎が建てられていますが、無人駅で窓口は閉鎖されています。相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側が1番のりば、反対側が2番のりばです。行き違いの時を除き、両方向とも1番のりばを使用します。




甘地(あまじ)駅

甘地駅1

甘地駅2

兵庫県市川町の甘地駅です。古い木造駅舎が建てられており、窓口(みどりの窓口ではない)も設置されています。相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側の1番のりば上り列車が、反対側の2番のりば下り列車が使用します。




福崎(ふくざき)駅

福崎駅1

福崎駅2

兵庫県福崎町の福崎駅です。木造駅舎が建てられており、みどりの窓口も設置されています。播但線の主要駅の一つで、特急はまかぜ号を含む全ての列車が停車します。当駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造です。




溝口(みぞぐち)駅

溝口駅1

溝口駅2

兵庫県姫路市の溝口駅です。改修された木造駅舎が使われており、みどりの窓口も設置されています。相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側の2番のりば下り列車が、反対側の1番のりば上り列車が使用します。




香呂(こうろ)駅

香呂駅1

香呂駅2

兵庫県姫路市の香呂駅です。古い木造駅舎が建てられており、みどりの窓口も設置されています。相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側が1番のりば、反対側が2番のりばです。行き違いの時を除き、両方向とも1番のりばを使用します。




仁豊野(にぶの)駅

仁豊野駅1

仁豊野駅2

兵庫県姫路市の仁豊野駅です。古い木造駅舎が建てられており、窓口(みどりの窓口ではない)も設置されています。相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側の1番のりば上り列車が、反対側の2番のりば下り列車が使用します。



仁豊野駅3

仁豊野駅を撮影していると、寺前行きの普通列車が入線してきました。車両は、ワンマン運転対応の103系3500番台電車です。




結構遅い時間になってしまったので、この辺で切り上げて帰りました。残りの砥堀(とほり)駅、野里(のざと)駅、京口(きょうぐち)駅の3駅(所在地は全て兵庫県姫路市)は、またの機会に訪問しようと思います!(^^)! 播但線には、趣のある木造駅舎を使用した駅が沢山あったので、巡っていて楽しかったです(^^)/

播但線の駅巡り(前編)

7月4日(火)・5日(水)、用事で兵庫県豊岡市へ行きました。その帰りに、西日本旅客鉄道播但線駅巡りをしました。今回は、播但線非電化区間の駅を紹介します。終点の和田山駅は一度行ったので、次の竹田駅から開始しました(^O^)




竹田(たけだ)駅

竹田駅1

兵庫県朝来市の竹田駅です。立派な木造駅舎が使われており、窓口(みどりの窓口ではない)も設置されています。観光名所である竹田城跡の最寄り駅で、特急はまかぜ号の一部が停車します。



竹田駅2

竹田駅は単式ホーム2面2線構造で、駅舎側のホームが寺前・姫路方面のりば、反対側のホームが和田山方面のりばです。以前は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造だったようです。




青倉(あおくら)駅

青倉駅1

青倉駅2

兵庫県朝来市の青倉駅です。待合所だけの簡易駅舎で、窓口は設置されていません。交換設備のない単式ホーム1面1線構造で、上り・下り列車共用となっています。




新井(にい)駅

新井駅1

新井駅2

兵庫県朝来市の新井駅です。古い木造駅舎が使われており、窓口(みどりの窓口ではない)も設置されています。相対式ホーム2面2線構造で、駅舎側のホームが和田山方面のりば、反対側のホームが寺前・姫路方面のりばです。




生野(いくの)駅

生野駅1

生野駅2

兵庫県朝来市の生野駅です。東西両方に駅舎が建てられており、近年供用開始された西口駅舎に窓口(みどりの窓口ではない)が設置されています。西口駅舎の開業後、反対側の東口駅舎は使用されていないようです。



生野駅3

生野駅は相対式ホーム2面2線構造で、左の東口駅舎側ホームが和田山方面のりば、右の西口駅舎側ホームが寺前・姫路方面のりばです。互いのホームは跨線橋で結ばれています。




長谷(はせ)駅

長谷駅1

長谷駅2

兵庫県神河町の長谷駅です。駅舎は建てられておらず、ホームへ通じる地下道のみ設置されています。島式ホーム1面2線構造で、左の集落側が和田山方面のりば、右の山側が寺前・姫路方面のりばです。



長谷駅3

長谷駅を撮影していると、寺前行きの気動車が入線してきました。この車両は、キハ47形1000番台を両運転台化したものです。




次の寺前駅から先は電化区間となります。続きの駅紹介は次回しようと思います(^^)/

県境のループ線を経て

新潟駅4

新潟駅を撮影した後、上越新幹線とき322号東京行きに乗って長岡駅へ向かいました。長岡駅までの時間短縮にもなりますが、何より新幹線を乗り継ぐことによって、前回の記事で触れた特急いなほ8号の特急料金が半額になる(乗継割引)ので、非常に助かります(^^)/ 乗車時間が少ないので、普通車自由席を利用しました。



上越新幹線

トンネルが比較的多い上越新幹線ですが、乗車した新潟駅と長岡駅の間にはトンネルが一切無いので、車窓を楽しむことが出来ます(*'▽') 新潟県三条市と燕市に跨る燕三条駅付近では、弥彦山を望むことも出来ます。



長岡駅1

長岡駅2

新潟駅を出てから約20分、新潟県長岡市の長岡駅に到着しました。当駅は、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越新幹線信越本線が接続しています。また、同市の宮内駅で接続している上越線の列車も乗り入れています。ここから上越線普通水上行きに乗りました。乗り換え時間が数分しか無かったので、長岡駅舎の撮影は出来ませんでした(^^;)





上越線1

上越線2

長岡駅から先、並走する上越新幹線が長いトンネルで直線的に進むのに対し、在来線の上越線は山に沿ってカーブしながら進んでいきます。この日のように晴天なら、ゆっくりと綺麗な景色を見ながら移動する方が良いです(^^♪ 青春18きっぷシーズンでなかったこともあり、終着駅まで車内は空いていました(^O^)



越後湯沢駅1

越後湯沢駅2

長岡駅を出てから1時間以上かけて、ようやく新潟県湯沢町の越後湯沢駅に到着しました。因みに、並走する上越新幹線だと、長岡駅から最速20分で到達します(^^;) 当駅から水上駅までの区間は、上越線の中で最も列車本数が少ないです(但し、越後中里駅までの区間運転列車は数本あり)。そのため、この列車を逃すと、次の水上行き普通列車まで約3時間待たなくてはいけません( ゚Д゚)



上越線3

こちらは、上越線の閑散区間である越後湯沢駅と水上駅の間の略地図です。この区間は新潟県と群馬県の県境部で、谷川連峰が聳えています。下記の長大トンネル以外は表記していませんので、ご了承ください(^_^;)

清水トンネル……全長9,702m、1931年に開通。(上越線の上り線)
新清水トンネル……全長13,500m、1967年に開通。(上越線の下り線)
大清水トンネル……全長22,221m、1982年に開通。(上越新幹線)

今回利用した上越線の上り列車は、一番古い清水トンネルのルートを通ります。越後中里駅から上り勾配のループ線で高度を稼ぎ、清水トンネルをくぐって群馬県へ入ります。そして、土合駅から湯檜曽駅へかけて続くループ線で下っていきます。越後湯沢駅から水上駅へ行くのに40分程かかりますが、並走する上越新幹線は同町の上毛高原駅まで15分程で到達します。





水上駅1

水上駅2

長岡駅を出てから約2時間、群馬県みなかみ町の水上駅に到着しました。当駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造です。基本的に、駅舎側の1番線が渋川・高崎方面のりば、反対側の2番線が越後湯沢・長岡方面のりばとなっています。上越線は、当駅を境に運転系統が分断されているので、両方向とも当駅で折り返します。ご当地発車メロディー「ふる里みなかみ」が導入されています。

水上駅を撮影した後、1番線に停車中の普通高崎行きに乗りました。





上越線4

上越線は、群馬県へ入ってから同県前橋市の新前橋駅の辺りまで、一級河川の利根川に沿って走っていきます。吾妻線と接続している群馬県渋川市の渋川駅で、多くの学生が乗車したので、終点の高崎駅まで混雑していました(;´・ω・)





高崎駅1

水上駅を出てから約1時間、群馬県高崎市の高崎駅に到着しました。当駅は、東日本旅客鉄道上越新幹線北陸新幹線高崎線上越線信越本線、上信電鉄の上信線が接続している交通の要衝です。また、同市の倉賀野駅で接続する八高線、前橋市の新前橋駅で接続する両毛線の全列車も当駅まで乗り入れています。

今回、長岡駅から在来線の上越線を乗り継いで3時間以上かかりましたが、上越新幹線を利用すると最速約40分(長岡から高崎の間は無停車の列車)で到達します(*'▽')



高崎駅2

高崎駅を撮影した後、北陸新幹線はくたか571号金沢行きに乗りました。群馬県安中市の安中榛名駅以外の全駅に停車する列車だったので、乗車時間が2時間以上ありました(^^;) この列車もグリーン車を利用しましたが、結構混んでいたので驚きました。



北陸新幹線1

北陸新幹線2

綺麗な夕焼けを見ながら、高崎駅で買った駅弁「だるま弁当」(1,000円)を食べました。高崎駅の名物商品で、茶飯の上に様々な具材が乗った贅沢な弁当となっています。容器はプラスチック製で、食べた後も使うことが出来ます。現在、貯金箱として使用しています!(^^)!





金沢駅

北陸新幹線の終点である石川県金沢市の金沢駅で、北陸本線特急サンダーバード46号大阪行きに乗り換えました。北陸新幹線北陸本線の特急を乗り継ぐと、特急サンダーバード号特急料金が半額(乗継割引)になるので助かります(*'▽') この列車の車掌さんの案内放送が非常に丁寧だったので、乗っていて気持ち良かったです(^O^)



帰りも結構時間がかかりましたが、乗ったことのない路線に乗れたので良かったです(^O^)
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR