報恩感謝の気持ちで…

福井県の永平寺に行ってきました。永平寺では、毎年9月23日から29日にかけて「御征忌」という行事が営まれます。



法堂内

これが永平寺の法堂(はっとう:本堂)です。御征忌の行事は全てここで行われます。紫の幕が掛かっている柱の手前側を「八尺間」といい、参拝者や参籠者(宿泊者)がここに座ります。柱の奥側中央を「大間」、その両脇を「脇間」と言いい、ここに100人以上の僧侶が入って読経をします。初めて来られる方には、この薄暗さに目が慣れるまで若干時間が掛かると思います。

この広い空間に、大きな磬子(けいす:読経の時に鳴らす鐘)や重々しい木魚の音と、100人以上の読経の声が響き渡る様は、正に圧巻の一言に尽きます。ここでしか経験できないですね。



永平寺の記事ついでに、修行僧の一日の流れを書いてみます。


<永平寺の一日の流れ>

3:30 振鈴(しんれい:起床)
3:40 暁天坐禅(きょうてんざぜん:早朝の坐禅)
5:00 朝課(ちょうか:朝のお経)…長い時は2時間以上になる
朝課終って小食(しょうじき:朝御飯)
小食終って回廊掃除
8:50 全山作務(ぜんざんさむ:主に屋外の掃き掃除)
11:00 日中諷経(にっちゅうふぎん:昼のお経)
日中諷経終って中食(ちゅうじき:昼御飯)
13:50 全山作務
全山作務終って淋汗(りんかん:入浴)
16:30 晩課諷経(ばんかふぎん:夕方のお経)
晩課諷経終って薬石(やくせき:晩御飯)
19:10 夜坐(やざ:夜の坐禅)
21:00 開枕(かいちん:就寝)
22:30 点検(火の元確認並びに修行僧の監視)

これが、基本的な流れです。

三八日(さんぱちび:3と8が付く日)は、午前・午後の全山作務が無くなり、大掃除を意味する三八清掃というものが入ります。
四九日(しくにち:4と9の付く日)は、振鈴時間が4:30になり、午前・午後の全山作務と夜坐が無くなります。また、午前中に浄髪(じょうはつ:髪を剃る)をします。

因みに、御征忌の期間中は、全山作務が無い代わりに普段無い様々な行事が入ることになります。




永平寺の食事

こちらは、御征忌中の薬石(晩御飯)の写真です。
晩御飯の場合、原則的に香飯(きょうはん:ごはん)・香汁(きょうじゅ:味噌汁などの汁物)・香菜(きょうさい:沢庵などの香の者)の他に、別菜(べっさい:煮物や炒め物などのおかず)が二品付きます。ただ、御征忌中は別菜がさらに一品多くなる上、稀にデザート(この日はグレープフルーツ)も付きます。また、上のように味御飯や澄まし汁であることも多いです。

修行中、この期間は沢山食べれたので、とても嬉しかった記憶がありますw。



今回も、永平寺に来れて良かったです。ただ、3:30起床はやはり体に堪えます… また、27日は行事が詰まりすぎていたので、本当に倒れそうになりました(汗) 毎朝、栄養ドリンクを飲まないとこの期間乗り越えれなくなりましたねぇ(苦笑)

ここ永平寺は修行中お世話になった場所です。修行を終えられたことに感謝をしつつ、報恩の気持ちを持ってこれからも永平寺の行事が無事に成就するよう努めていきたいと思います。



おまけ。

四天王像1
山門西側

四天王像2
山門東側

こちらは、永平寺の山門脇に鎮座する四天王像です。私が修行をしている間に、修理・再塗装されました。仏像が好きな人なら、一度生で見てみては如何でしょうか?
スポンサーサイト

えもんもえ(2012年9月)

えもん9月25日1

朝日に当たりながら寝ている様子です。



えもん9月25日2

近くに来て欲しいと見つめている様子です。



では、今日から29日まで福井県の永平寺に行ってきます。



永平寺山門

永平寺の山門。修行僧が上山するのも下山するのもここからです。

日本橋・梅田

今日の夕方、某氏達と飲みました。日本橋で合流した時、すでに彼らの手には袋いっぱいの商品があり、満足気な表情を浮かべていました。そんな彼らを見ていると、一昔前の私を見ているような感じがして面白かったです(^^)

日本橋でいくつか店を廻りました。驚くぐらい安価な商品がいくつかあって買おうと思いましたが、すでに購入している物ばかりだったので止めておきました。その為、今回は何も買わずに手ぶらで帰ることになりました(..)

地下鉄を乗り継いで梅田に行き、地下街にあるレストランで夕食を摂りました。今度行われる上映会・講義の日程の調整などを話し合い、夕食後解散となり各々帰路につきました。

今回も色々と楽しい話が出来て良かったです。今度はゆっくりと酒を交わしながら話したいと思いました。また、模型の組み立てに難儀しているので、某氏には色々と御教授戴きたいですm(..)m。

山手線

山手線有楽町

上の写真は、有楽町駅から東京駅方面を望んで撮影したものです。この区間は山手線の他に、京浜東北線東海道線東海道新幹線横須賀線(地下を走行)が併走していますが、正式には全て東海道本線ということになります。

山手線は、世界で一番乗車人数が多い路線で有名です。通勤時間帯の混雑は凄まじく、乗車率200%を超える区間が幾つも存在します。東京都区内を一周している路線と思われがちですが、品川~東京間は東海道本線、東京~田端間は東北本線である為、正式には品川から渋谷・新宿・池袋を経由して田端に至るまでが「山手線」の区間になります。ただ、線路自体は別々になっているうえ、環状運転をしているので、山手線=東京の環状線という認識が強いのも頷けます。

山手線で使われている車両は「E231系500番台」の11両編成で統一されています。以前は、混雑緩和の処置で6ドア車が2両組み込まれていましたが、可動式ホーム柵(ホームドア)の設置が決まったことにより外され、現在は全て4ドア車に統一されています。2012年現在、ホームドアを設置しているのは恵比寿駅と目黒駅のみですが、将来的には、山手線の全駅にホームドアを設置するようです。

ついに模型化!

けいおん!鉄道模型

ヨドバシに寄ったら、2011年に京阪石山坂本線で走っていた「けいおん!ラッピング電車」の組み立てキットが売っていたので、衝動買いしてしまいました。ただ、プラモデルをやったことがほとんど無いので、きちんと組み立てるか分かりません… Nゲージと同じ150分の1サイズなので、完成させると購入済みの線路に乗せることが出来ます。これにはモーターが附属していないのでディスプレー専用になります。

MP回復と講義の予告

今月下旬はまた忙しくなるので、MPを回復させるためにアニメ「ストライク・ウィッチーズ」を見ておこうw 劇場版BDが発売されたら某氏宅で上映会&講義をする予定なので、資料の作成もしないといけないしね☆ 講義に参加するほとんど人がアニメを見ていないだろうから、ストーリーの要点も記述する必要があるな… ただ、文章力に自信が無いんで、解かりづらくても我慢して読んでください。

講義予定
①資料を配布しアニメ版の要点等を説明
②劇場版を上映(鑑賞中での説明は一切無し)
③劇場版の要点と補足等を説明

※上記の内容は、予告なく変更する場合があります。

ホームドアの写真

最近、転落事故防止に役立つのは「ホームドア(可動式ホーム柵)」であると述べてきましたが、写真を載せていなかったので貼っておきます。



ホームドア北新地駅

ホームドア恵比寿駅

上の写真はJR西日本東西線北新地駅のホームドア、下の写真はJR東日本山手線恵比寿駅のホームドアです。前者は車掌さんによってホームドアの開閉操作を行いますが、後者は自動的に連動して開閉します。

東西線は北新地駅の他に大阪天満宮駅に、山手線は恵比寿駅の他に目黒駅にも設置されております。東西線は、今後導入する予定はありませんが、山手線は今年度に大崎駅池袋駅に、来年度に駒込駅巣鴨駅等に導入し続けていくそうです。

鉄道の安全性について話し合う。

9月13日(木)、某氏と梅田で会いました。ヨドバシカメラで鉄道模型を見てから、居酒屋に向かいました。

最近、鉄道各社に対して様々な疑問があったので、酒を交わしながら語り合いました。前の記事で取り上げた「ホームドアの設置」について話し合いました。

JR西日本の場合、やはり車両の統一という課題をクリアしないといけないですね。国鉄時代から使われている古い車両と最近製造された新型車両が混合している現状ではほぼ不可能でしょう。また、JR東海へ直通する特急「ひだ」・「しなの」や、智頭急行直通の特急「スーパーはくと」の存在も大きいです。自社の車両と違い、他社の車両はドアの設置場所の変更が出来ないので、ホームドアを容易に設置できません。妥協策として、これらの特急が停車する駅のホームには設置せずに、駅員による安全確認を強化するという案が挙げられます。

他社線と相互直通している関西圏の大手私鉄の場合、ドア数の違いの他に、車両の長さやドア位置の違いでホームドアが設置できない状況にあります。統一を図るには、どちらかの会社が車両の規格を合わすしかないので、莫大な車両製造費がかかることになります。

その点、JR東日本東京メトロなどは、将来のことを考えた新型車両を順次投入して古い車両を置き換えているので、ホームドアの設置が着々と進んでいます。


余談ですが、東京都渋谷区にある渋谷駅は、東急東横線ホームを地下化して、東京メトロ副都心線と相互乗り入れさせると共に、空いたスペースにJR埼京線JR山手線のホームを新たに造り直して、ホームドアを設置(山手線ホームのみ)するという大規模な工事を計画しています。流石、工事の規模が関西と桁違いですね(汗)


まぁ、何だかんだと言いたかったことが話せて良かったです(笑) 是非またやりましょう!





おまけ。



日本海プレート

JR北海道オレンジカード

某氏のお土産です。寝台特急「日本海」ラストランプレート(写真上)と、JR北海道のオレンジカード(写真下)です。

ブログ開設一周年!

2011年9月12日「21エモンの小屋」を開設してから、今日で一年が経ちました。いやぁ~、あっという間の一年でしたね。記事数も150を超えているので、2・3日に一回、更新している計算になりますねw飽き性の私が、一つのことをこれだけ続けている事に驚いています。

そもそも始めたきっかけは、某氏にブログが楽しいと勧められたからでした。旅行や写真撮影が好きな私なら、絶対にやるべきだと何度か言われていたので、試しに開設した訳です。

結果、見事にハマリ、今では私生活の一部となっています。あと、某氏に「好きなことを好きなように書いてれたらいいねん。」と言われたので、自由に記事を書き続けました。えもんの日常や鉄道関連、アニメ関連、天文学関連などなど、全く統一性の無い記事の羅列で、観辛かったかもしれませんが、その辺りはご容赦くださいw

まぁ、これからも「やる気」がある限り続けていきますので、「21エモンの小屋」を宜しくお願いしますm(^^)m

とりあえず、記念に当ブログの看板犬「えもん(柴犬)」の写真を貼っておきます。


えもん一周年記念1

えもん一周年記念2

相変わらず、元気で頑張っています。来月10歳になるので、誕生日にまた記念記事を書こうと思います。


最後に、きっかけをくれた某アキラ氏へ。「本当にありがとう!」

大阪環状線のホームドア導入について

ホームからの転落事故防止に有力なのは、ホームドア(可動式ホーム柵)の設置ですが、莫大な建設費や車両の統一など様々な問題をクリアしなければいけません。

今回は、比較的利用客の多い西日本旅客鉄道(JR西日本)大阪環状線への導入について考えていこうと思います。


大阪環状線には様々な車両が乗り入れているため、ホームドアを設置するには車両の統一を図らなければいけません。



201系(ノーマル)福島

221系(大和路快速)福島

こちらは、大阪環状線で活躍している車両の一部です。上の写真は4ドアの201系車両、下の写真は3ドアの221系車両でドアの数が異なっています。

現在、この路線には201系や103系などの「通勤型車両」で運転している『環状線内各駅停車』、221系や223系などの「近郊型車両」で運転している『快速電車』、そして381系や281系などの「特急型車両」で運転している『特急列車』が走行しています。ただ、待避可能な駅がないので、結局『快速』や『特急』は各駅停車する大阪環状線の電車の後ろを付いて行くしかありません。


上記のように、ドア数の違いやダイヤ面でも大きな問題を抱えています。これらの問題を解決するには、JR難波駅と北梅田駅(仮称)を結ぶ「なにわ筋線」の開通が必要でしょう。



なにわ筋線計画地図

上の地図は、大阪市近辺のJR路線図です。ここには大手私鉄や大阪地下鉄の路線は書いていません。太線が「大阪環状線」と「大阪貨物線」赤線が「なにわ筋線(仮称)」です。

なにわ筋線(仮称)は、JR難波駅から「なにわ筋」の地下を北上し、北梅田貨物ターミナルの地下「北梅田駅(仮称)」に至る計画路線です。ほぼ全区間が大深度の地下トンネルになるため、莫大な建設費がかかるとされており、未だに着工されておりません。中間にも駅を建設する予定ですが、そうすると倍以上の費用がかかると試算されているため、途中駅の設置を断念する可能性もあります。また、JRのみではなく、南海汐見橋駅からの乗り入れも計画されていますが、そうした場合、汐見橋駅自体を地下化しなければいけないため、実現は難しいと考えられます。

計画では、この新線に「関空特急はるか」「特急くろしお」を走らせる計画ですが、私はさらに「関空快速・紀州路快速」「大和路快速」も走らせれるべきだと考えます。そうすれば、大阪環状線のダイヤにも余裕ができる上、必然的に4ドア車のみの運転になるので、ホームドアの設置が可能となります。

ただ、そうした場合、快速停車駅の大正駅・弁天町駅・西九条駅・野田駅(大和路快速のみ停車)・福島駅、さらに大阪駅より先の天満駅・桜ノ宮駅・京橋駅の「快速電車」利用客から苦情が殺到することは当然有りえます。『大阪環状線を利用して新今宮駅の同一ホーム乗り換えが可能』と宣伝しても、やはり今までより利便性が落ちるため納得してもらうには難しいと思われます。だからといって、関空快速など全ての快速電車を201系のような「通勤型車両」で運転するのも無理があります…



ホームドア設置の課題については、よくよく参究していかなければいけません。

鉄道事故の防止について考える。

近年、鉄道関連の事故が多発しています。特に、踏切での接触事故やホームからの転落事故が多いように思います。このような事故が起きると、安全の確認がとれるまで列車の運転を見合わせることになります。事故の規模にもよりますが、大概運転再開まで多くの時間がかかります。その間、鉄道各社では「振り替え輸送」を実施するため、時間が掛かるにしても目的地まで移動することは出来ます。しかし、この振り替え輸送は他の会社線が併走している場合に限り有効であるため、これがない区間はどうすることも出来ず、運転の再開を待つしかありません。

関西圏の場合、大手私鉄の路線の多くはJRや地下鉄と併走しているため、振り替え輸送は可能になります。しかし、JRの場合は私鉄と併走していない区間が多いので、運転見合わせになると必然的に立ち往生する人も多くなります。このような踏切事故や転落事故を未然に防ぐことはできないのでしょうか?解決策について考えていきたいと思います。


①踏切事故を防ぐには…

極論になりますが、全ての踏切を無くすことでしょう。鉄道が発展した当時と比べると、列車本数や道路の交通量が数倍から数十倍に増えているので、踏切は廃止すべきだと思います。現に、近年開業した路線の多くは踏切がないものが多いです。

どうすれば良いかというと、線路を高架化もしくは地下化して、全ての道路と立体交差させることが挙げられます。そうすれば、踏切事故が無くなる上に、線路へ人が立ち入る事件も無くなります。ただ、線路を高架化・地下化するとなると、駅の改良工事が不可欠となり、多額の資金が必要になります。逆に、交差する道路を高架化・地下化したら、線路はそのままでいいので、建設費を抑えることができます。近年では、この方法で踏切を無くしている自治体が多いです。


②ホームからの転落事故を防ぐには…

こちらは、ホームドア(可動式ホーム柵)の設置が最も有効でしょう。こちらも近年開業した路線の多くで採用されています。ホームドアがあると、列車との接触やホームからの転落がほぼなくなります。ただ、老朽化したホームの改良工事が不可欠となり、莫大な費用がかかるので建設が進んでいないのが現状です。

建設が進まない理由は、莫大な建設費の他にもう一つあります。それは、車両の統一が必須であるということです。下の写真をご覧ください。


225系浅香駅

205系浅香駅

上が225系車両、下が205系車両です。どちらも阪和線で活躍している車両ですが、ドアの数が違うこと(前者は3で後者は4)が解かります。ホームドアを設置すると、ドアの数をどちらかに統一する必要が出てくるので、多種類の車両が走っている鉄道会社は、設置が困難になります。

この問題について考えてみることにします。


JR西日本のアーバンネットワークの一つ、東海道・山陽線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)の場合、草津駅(滋賀県)~西明石駅(兵庫県)間は複々線のため、どちらかの線にホームドアを設置すれば良いと思います。例えば、内線に4ドア用のホームドアを設置し、その線路には4ドアの207系や321系の車両のみを走らせるという案が挙げられます。この場合、内線を走る「快速」も上記の車両で運用することになります(※1)。そうすれば、内線での事故はほぼゼロになります。仮に、ホームドアを設置していない外線で事故があっても、内線・外線を完全分離しておけば、運転再開までの時間が短くなります。

※1 東海道・山陽線(米原~網干間)の「快速」は、221系・223系・225系(何れも3ドア)で運転されています。


写真の阪和線の場合は、「普通」(※2)のみが停車する駅に4ドア用のホームドアを設置することが挙げられます。これだけでも、事故発生率が大分減ります。このホームドアを「快速」停車駅まで設置することになると、先ほどの説明のように車両の統一をせざるを得ない状況になるので、全駅設置はほぼ不可能と言えるでしょう。

※2 阪和線の「普通」は、103系・201系・205系(何れも4ドア)で運転されています。




いずれにしても、多額の資金が必要になるので、事故を未然に防ぐ一番良い方法は、やはり一人ひとり事故にならないよう気を付けていくことなのかもしれません。

宮藤芳佳と柴犬えもん

芳佳 えもん

宮藤芳佳(写真左)と柴犬えもん(写真右)です。このように並んでみると、そっくりであることがよく解かります。違うのは性別くらいですね…(芳佳ちゃんは女の子、えもんは)。

外見は勿論、性格もよく似ています。非常に可愛いとことや落ち着きの無いところ、人懐っこいところや何事にも一生懸命であるところなど、同じ要素が多いです。因みに、怒った表情が一番似ていると思いますw


えもんや芳佳ちゃんに対する応援メッセージ待ってます!

一番くじC賞のクッション

9月5日(水)、帰りにコンビニ寄ったら、人気アニメ「ストライクウィッチーズ2」の一番クジがまだ残っていたので、一回引いてみました。



芳佳 リーネ クッション

見事、C賞のクッションが当たりました!実は、このクジで一番欲しかった物だったりしますw

宮藤芳佳(CV:福圓美里さん)リネット・ビショップ(CV:名塚佳織さん)が描かれています。

GO MY WAY!!

9月1日(土)、某氏たちと梅田で飲みました。今回は直接「餃子の王将」に集合することにしたので、ロスタイム(混雑する道での移動)が無くて助かりました。先に到着していた彼らと店内で合流し、関西特有の生ごみ集会が始まりました。



手書きの唯絵

某氏が10秒ほどで描いた、うらおんヴァージョンの平沢唯です。さっと描いた割りに特徴が上手く表現できているのですごいですね。


王将で騒ぎながら満腹になった後、まんだらけに立ち寄って同人誌などをチェック、その後近くのカラオケに行きました。




履歴 けいおん!

履歴 アイマス

この3人がカラオケに行くとこんな感じになります。見事にけいおん!とアイマスで埋め尽くされましたw 

「Sunday Siesta」(平沢唯)と「フラワーガール」(四条貴音)を一度歌ってみたかったので入れました。



GO MY WAY!!

ラスト2曲目に入れた「GO MY WAY!!」も、一度歌ってみたい曲の一つでした。

今回のカラオケは「Unmei♪wa♪Endless!」で始まり「いちばんいっぱい」で終わりました。



久しぶりのカラオケだったので、とても楽しかったです。職場関係で行くカラオケとは色んな意味で別次元ですね☆
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR