カンセンジャー500

新大阪駅を利用した際、20番線に停車していた500系を何気なしに見たら、「カンセンジャー」のイラストが描かれていたので、記念に撮影しました。



500系カンセンジャー1

500系カンセンジャー2

「カンセンジャー」とは、JR西日本が製作した、山陽新幹線の公式キャラクターです。500系電車がモチーフで、車内マナー向上を呼び掛けています。博多総合車両所のイベントなどで活動しています。

正式名称は「カンセンジャー500」で、設定はAKANKO星(アカンコせい)の宇宙ギャング「ダークマインダー」から地球を守るために、EEKO星(エエコせい)から来たヒーローです。武器は「パンタグラフソード」で、「サンダーショット」という技があるらしいです。普段は車掌さんをしているそうですw
スポンサーサイト

一個人を買いました。

一個人2013,8

6月26日(水)、一個人「大人の鉄道大図鑑」を買いました。近鉄のプレミアム特急「しまかぜ」やJR東日本のE6系「スーパーこまち」、JR九州の豪華寝台特急「ななつ星」等、人気列車の解説がされており、見ていて楽しいです。

青春18切符を使って…

夏季長期休暇に旅行に出かける人は多いと思いますが、その中で「旅費はなるべく抑えたい」と考えている人は少なくないでしょう。そんな人におススメなのが、JR各社で発売される「青春18切符」です。毎年、春・夏・冬の長期休暇の時期に発売されます。



青春18切符

こちらが青春18切符です。鉄道ファンだけでなく、一般の方にも知られている有名な切符の一つですね。「青春18」と言っていますが年齢制限はなく、誰でも使うことが出来ます。発売期間にJRの「みどりの窓口」に行けば購入することが出来ます。

2013年夏の発売期間は7月1日~8月31日利用期間は7月20日~9月10日です。

値段は5枚(5回分)1セットで11500円1枚あたり2300円となります。1人で5日間使っても良いですし、同じ日に数人で使うことも出来ます。ただし、数人で使う場合は必ず改札を一緒に通らなくてはいけません

この切符が使えるのは、快速・普通列車の何れも普通席のみです。そのため、新幹線や特急列車(※1)、また普通列車のグリーン車にも乗ることはできません。旅行計画を立てる際、そのことも考慮する必要があります。

※1 特急列車しか走っていない区間(津軽海峡線の蟹田~木古内間など)に限り、特急列車の普通車自由席に乗ることが出来ます。ただし、当該区間を跨って乗車区間を超過してしまった場合は、乗車した全区間の乗車券・特急券が必要になります。



下記は、大阪から東京・東北方面に向かうルートの一例です。何処まで行けるか、また、昼間夜間の2パターンを考えてみました。因みに、土曜・休日ダイヤで組んでいます。平日ダイヤは多少時刻が変わるので注意してください。



【大阪を朝に出発した場合】

使用枚数1枚(2300円)で、快速・普通列車を乗り継いでいくパターンです。


大阪 8:00 (8番のりば)
 新快速 米原行き
米原 9:26
   9:54

 普通 大垣行き
大垣 10:33
   10:41

 新快速 豊橋行き
豊橋 12:08
   12:23

 普通 浜松行き
浜松 12:57
   13:10

 普通 静岡行き
静岡 14:21
   14:33

 普通 熱海行き
熱海 15:51
   16:03

 普通 東京行き
東京 17:52 (8番線)
   18:02 (4番線)

 山手線内回り 上野・池袋方面行き
上野 18:09 (2番線)
   18:25 (13番線)

 快速ラビット 宇都宮行き
宇都宮 19:58
    20:10

 普通 黒磯行き
黒磯 21:02
   22:02

 普通 福島行き
福島 23:59



【大阪を夜に出発した場合】

使用枚数2枚(4600円)で、夜行快速「ムーンライトながら」(※2)を利用するパターンです。途中で日付が変わってしまうため、切符は2枚必要になります。また、「ムーンライトながら」の指定席料金510円も別途必要になります。

※2 夜行快速「ムーンライトながら」は、東京(東京都)~大垣(岐阜県)間を結ぶ、全席指定の臨時列車です。そのため、座席指定券を持っていないと乗ることは出来ません。また、運転日にも注意する必要があります。因みに、2013年夏の運転日は、大垣発7月27日(土)~8月25日(日)の30日間です。


大阪 20:00 (8番のりば)
 新快速 長浜行き
米原 21:27
   21:58

 快速 豊橋行き
大垣 22:31
   22:49

 ムーンライトながら 東京行き
東京 5:05 (8番線)
   5:25 (4番線)

 山手線内回り 上野・池袋方面行き
上野 5:32 (2番線)
   5:46 (7番線)

 普通 宇都宮行き
宇都宮 7:29
    7:37

 普通 黒磯行き
黒磯 8:28
   8:37

 普通 郡山行き
郡山 9:52
   10:09

 普通 福島行き
福島 10:55
   11:00

 快速仙台シティラビット3号 仙台行き
仙台 12:16 (6番線)
   12:45 (2番線)

 普通 小牛田行き
小牛田 13:30
    13:46

 普通 一ノ関行き
一ノ関 14:32
    14:37

 普通 盛岡行き
盛岡 16:14

※ここから先は、第3セクターの「IGRいわて銀河鉄道」になるため、青春18切符が使用できなくなります。そのため、田沢湖線と奥羽本線を乗り継いで、先に向かうことにします。

盛岡 18:06
 普通 大曲行き
大曲 19:52
   20:12

 普通 秋田行き
秋田 21:01
   21:07

 普通 東能代行き
東能代 22:15   




前者は安くいける分、時間が掛かるため遠くまでいけません。後者は2枚必要になりますが、東京を早朝に出発できるので、そこから更に北上することが出来ます。


上記のプランは、何れも平常通り運行された場合に乗り継げるダイヤを組んでいます。当日の天候や事故などでダイヤが乱れることも有りえますので、十分に余裕を持って組むことをおススメします。参考程度に見ていただければ幸いです。

1/12の自動改札機を買いました。

6月21日(金)、梅田で某氏達と飲みました。その時立ち寄ったヨドバシカメラで、1/12サイズの自動改札機(黒色)を買いました。値段は3190円と割高に感じますが、細部までリアルに再現されており納得の出来る商品だと思います。


自動改札機1/12

付属のシールを貼っていくだけなので、初心者の私でも簡単に完成させることが出来ます。


自動改札機と平沢憂1

自動改札機と平沢憂2

平沢憂(figma)と並べてみました。このように、制服姿のキャラクターとの相性は抜群です。実際の駅のように自動改札機を数台並べたら、通学風景を再現することも出来ますね。

「律」と「和」を書道で表現する。

先月、外で書道をしました。大きな紙と筆を用いて、「けいおん!」の登場人物の名前を書きました。



「律」

大文字律

田井中律の「律」です。普段は明るく接し、ライブの時は心を律して演奏に専念する、軽音部の部長らしい彼女をイメージしながら書きました。行書体を用いることにより、弟想いの優しさも表現できたと思います。



「和」

大文字和

真鍋和の「和」です。責任ある生徒会長を務めながらも、場の雰囲気を和ませる、そんな彼女をイメージしながら書きました。才色兼備と思いきや、どこか抜けている所を「口」の部分で表現できたと思います。

近江鉄道記念乗車券

近江鉄道記念乗車券

近江鉄道の新型車両「900形」デビュー記念乗車券が発売されていたので買いました。台紙付きの硬券乗車券で、区間は八日市(滋賀県東近江市)~彦根(滋賀県彦根市)で、運賃は690円(記念切符の発売額と同じ)となっています。写真の上が表側、写真の下が裏側になっています。

900形は、西武鉄道から譲渡された車両を近江鉄道の工場で改造されて出来たものです。2013年6月14日に運行が開始されたことを記念し、乗車券の日付も6月14日となっています。

近江鉄道は滋賀県の湖東地区を走る私鉄で、米原~彦根~高宮~八日市~日野~水口~貴生川を結ぶ「本線」、高宮~多賀大社前を結ぶ「多賀線」、八日市~近江八幡を結ぶ「八日市線」の三路線があります。

2013年3月16日のダイヤ改正の時に、これらの路線に愛称が付けられました。米原~彦根~高宮~多賀大社前は「彦根・多賀大社線」(ラインカラー赤)、高宮~八日市は「湖東・近江路線」(ラインカラー青)、八日市~近江八幡は「万葉あかね線」(ラインカラー緑)、八日市~日野~水口~貴生川は「水口・蒲生野線」(ラインカラー黄)です。

友人に祝福を…

6月15日(土)、高校からの友人の結婚式に行きました。受付を任されていることもあって、前泊することにしました。



結婚式場

式当日、予定時間より早く着いたため、式場内を散策しました。洋風の屋敷のような洒落た造りになっていました。

受付を終え、式場に入りました。ドラクエに出てくるような教会で驚きました。式自体は、キリスト教式も仏教式と同じ感じで、進行にも共通点が多く見られました。賛美歌を初めて歌いましたが、メロディーが頭に入りやすかったので、割とすんなり馴染めましたねw

披露宴、二次会共に友人たちと盛り上がり、とても楽しかったです。二次会の後は、私事で切符を買いに行っていたため、皆と解散することになって申し訳なかったですが…


新郎、新婦さんに祝福の言葉を…

結婚おめでとうございます!これからも末永くお幸せに!

また、ゆっくり飲みましょうw

北越急行と大糸線に乗りました。

6月9日(日)、群馬県で友人の結婚式がありました。

6月10日(月)、群馬県まで来ているので、ちょっと足を伸ばして新潟県と長野県を経由して帰ることにしました。まだ乗ったことのない北越急行ほくほく線東日本旅客鉄道大糸線経由で帰りました。

ホテルを9時頃出発し、友人に最寄りの松井田駅まで送ってもらいました。折角なので、信越本線横川駅に行ってみました。



横川駅

群馬県安中市の横川駅です。現在は信越本線の群馬県側の終着駅となっていますが、以前は急勾配で有名な碓氷峠(うすいとおげ)を越えて軽井沢駅を通り、長野駅へと繋がっていました。1997年の長野新幹線開通後、横川駅~軽井沢駅間は廃止され、軽井沢駅~篠ノ井駅間は第3セクターのしなの鉄道となりました。

横川駅から徒歩2分位のところに「碓氷鉄道文化むら」があります。そこには、碓氷峠を乗り越えてきた電気機関車などが保存されています。また、運転シュミレーションゲーム(1回1000円)もあります。本当は行きたかったんですが、時間が無かったので諦めました。



峠の釜めし弁当とお茶

因みに、横川駅にはおぎのやの「峠の釜めし弁当」(1000円)という有名な駅弁が売られています。高崎駅などでも買えるのですが、やはり碓氷峠のお膝元である横川駅で買うことが重要ではないかと思い、記念にここで買いました。買った時は10時過ぎだったので、この後に乗った特急はくたか号の車内でゆっくり食べることにしました。



越後湯沢駅

横川駅から再び信越本線に乗って高崎駅へ行き、上越新幹線に乗り換えて越後湯沢駅へ向かいました。越後湯沢は、関東圏から近い温泉地として有名です。また、冬季にはスキー客も多数来るので知名度は高いと思います。新幹線ホームに「健康の天使」の像がありました。



はくたかホワイト

越後湯沢駅から特急はくたか号(9両編成)に乗りました。今回乗ったのは、西日本旅客鉄道所属の681系0番台「ホワイトウイング」です。この他に、北越急行所属の681系2000番台と683系8000番台「スノーラビットエクスプレス」が使用されています。

これらの特急列車は、越後湯沢駅から北越急行ほくほく線北陸本線を経て金沢駅(一部は福井駅)まで結んでいます。北越急行ほくほく線区間は踏切も無く、ほぼトンネルであるため、在来線特急としては最速の160km/hで走り抜けます。



はくたかグリーン車

特急はくたか号グリーン車です。1&2の3列配置なので広々としています。越後湯沢駅から糸魚川駅までの1時間15分、移り行く景色を眺めながら、先程買った駅弁を食べました。



峠の釜めし弁当

峠の釜めし弁当には、お漬物も付いてきます。ご飯の上に鶏肉や銀杏、うずら卵など沢山の食材が乗せられていました。「釜めし」と言うだけあって、本物の釜が使用されているので、食べた後は記念に取って置くことも出来ます。勿論、食べた後に車内の洗面所で軽く洗って持って帰りましたw



アイスとコーヒー

食後にりんごのアイスクリームとホットコーヒーをいただきました。毎度思うのですが、どうして車内販売のアイスはスプーンが折れるぐらい硬いのでしょうかw



大糸線普通

快適なグリーン車を堪能しているうちに、新潟県糸魚川市の糸魚川(いといがわ)駅に着きました。当駅は、西日本旅客鉄道北陸本線大糸線が接続しています。糸魚川駅から南小谷駅の間は非電化となっているので、写真のキハ120形300番台で運行されています。

大糸線は、長野県松本市の松本駅と新潟県糸魚川市の糸魚川駅を結ぶ全長105,4kmの地方交通線です。松本駅と南小谷駅の間は東日本旅客鉄道管轄、南小谷駅と糸魚川駅の間は西日本旅客鉄道管轄となっています。



大糸線車窓1

糸魚川駅から暫く姫川沿いを走ります。トンネルやスノーシェッド(写真奥)が連続し、カーブも多いため徐行しながら進んでいきます。



南小谷駅

糸魚川駅から1時間以上かけて、長野県小谷村の南小谷(みなみおたり)駅に着きました。当駅は東日本旅客鉄道管轄で、中土駅方の場内信号機が東日本旅客鉄道西日本旅客鉄道の境界線になっています。



あずさ南小谷駅

南小谷駅からE257系の特急あずさ号(9両編成)に乗り、塩尻駅へ向かいました。特急あずさ号は、基本的に東京都新宿区の新宿駅と長野県松本市の松本駅を結んでいますが、1日1往復(定期便)だけ大糸線へ直通し、南小谷駅まで乗り入れています。



あずさ車内

特急あずさ号の普通車自由席です。ご覧の通り貸切状態だったので、指定席を取らなくても余裕で座れましたw



大糸線車窓2

大糸線車窓3

車窓はガラッと変わり、眼前には仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)立山連峰(写真奥)が広がります。晴れていたこともあり、とても綺麗でした。空いていた車内も、白馬駅・信濃大町駅・穂高駅・豊科駅と停車していくうちに、少しずつ埋まっていきました。



梓川

梓橋駅を通過して程なく、特急あずさ号の由来となった梓川を渡りました。松本市と安曇野(あずみの)市との境を流れています。篠ノ井線と接続している松本駅で付属2両を繋いで11両編成となり、東京都の新宿駅へ向かいます。



115系塩尻

塩尻駅に停車中の115系長野色の普通電車です。引退が囁かれている電車の1つなので、撮れる時に撮っておいて損はないでしょう。塩尻駅から特急しなの号(8両編成)に乗り換えて帰りました。


結局、ホテルを出てから家に着くまで12時間近く掛かり疲れましたが、様々な列車と絶景を堪能できたので良かったです。

N700Aに乗りました。

6月9日(日)、友人の結婚式のため群馬県に行ってきました。


N700A東京駅

N700Aロゴ

今回利用した「のぞみ102号」は、なんと東海道新幹線の最新型車両N700Aでした!


N700Aグリーン車内

N700Aグリーン座席

N700Aのグリーン車です。N700と同じように見えますが、N700と比べて頭周りが広く取られており座り心地が良かったです。


信越本線普通

東京駅で上越新幹線に乗り換えて群馬県の「高崎駅」まで行き、信越本線に乗り換えて「松井田駅」に向かいました。


松井田駅

松井田駅です。何人かの友人が同一列車に乗り合わせていました。このあと、みんなと一緒に予約していたシャトルバスに乗ってホテルに向かいました。


ホテルからの風景

自然豊かな場所にあるホテルで気持ち良かったです。久し振りに会う友人が何人も居り、とても楽しかったです。

二次会、そして部屋に集まって三次会をして寝ました。


次の日は、最近恒例となりつつある「乗りつぶし」をしながら帰りました。


つづく。

旅の醍醐味とは…

6月7日(金)の晩、友人と梅田で飲みました。久し振りに会ったということもあって、いろんな話題で盛り上がりました。

今回、特に「旅の醍醐味は何か?」ということを話してましたねw 目的地の過ごし方も大事なんだが、やはり其処に行くまでの道中を楽しまなきゃ損だろうということで、お互いの意見が一致しました。私は趣味の延長ということで、目的地までのルート(概ね鉄道)にすごく拘りますからね。まぁ、最近のブログ記事をご覧になられたら、お解かりいただけると思いますが…w

旅はケチったら損するというのが持論です!「ケチって窮屈な思いをして行くくらいなら、料金をプラスして伸び伸びと過ごしながら目的地に行きたい!」と、最近特にそう思います。

その典型的な例が、以前結婚式で行った北海道ですね。格安航空会社のプランを使えば、短時間で安く目的地に着くことができ、ほとんどの人がこの方法を使うでしょうが、私にしてみればすごく勿体ない行き方だと思います。折角北の大地に向かうというのに、雲を見ながら短時間で着いてしまっては、北海道に着いたと実感できないじゃないかと思いますね。関西から中部、関東、東北の移り行く景色を堪能しつつ、優雅に過ごして向かう方が楽しめると思いますw

あと、その場の雰囲気に酔うことで満喫していることもありますねw 


グランクラス車内

スーツ姿で東北新幹線のグランクラスを利用し…


日本酒と新聞

好きでもない日本酒を飲みながら、読みもしない新聞紙を広げ…

通りかかったアテンダントさんに…


白ワイン

「すみません、白ワイン。」

「かしこまりました。すぐにお持ちいたします。」

…というやり取りをして「エリート会社員」っぽいと勝手に思い込みながら満喫してましたw


まぁ、酒を一気に飲んでしまったので、雰囲気に酔うどころか泥酔して寝てしまうという結果になってしまったんですけどw エリートどころか全く出来ていないダメ人間とアテンダントさんは思っていたことでしょう…


【結論】

旅は楽しんだ者勝ちってことですね!

えもん(2013年6月)

えもん27

えもん28

先日、えもんは予防接種を受けるため、車の後部座席に乗せられて病院へ行ってきました。私は同行できなかったのですが、聞くところによると怖がることなく、黙って受けていたようです。

メガポテト食べました。

メガポテト

マクドナルドのメガポテトを食べてみました。値段は490円と特別安いわけではありませんが、ボリュームは十分です。味に飽きてくると思い、のりしおパウダーとしょうゆバターパウダーも一緒に買いました。

北海道旅行記 ~グランクラス堪能編~

先月17日と19日、北海道への往復で東北新幹線E5系「グランクラス」を利用しました。列車のファーストクラスと呼ばれているだけあって、シートやサービスが半端無かったです。

本日は北海道旅行記の3記事目、「グランクラス堪能編」を記述します。



E5系盛岡駅

E5系10号車

E5系は10両編成で、東京方から1号車、2号車…となります。1号車~8号車が普通車指定席9号車がグリーン車、新青森方の10号車がグランクラスとなります。往路は「はやて号」のグランクラス、復路は「はやぶさ号」のグランクラスを利用しました。

グランクラスの料金は、グリーン車の料金と同様に距離に比例して高くなります。また、シートのみの営業でアテンダントによるサービスがない列車があります(各駅停車の「なすの号」と、一部の「やまびこ号」、「はやて号」)。

詳細は以下のようになります。

100㌔まで………… 6000円 (サービスのない列車…4000円
101~200㌔まで……7000円 (サービスのない列車…5000円
201~300㌔まで……8000円 (サービスのない列車…6000円
301~700㌔まで……9000円 (サービスのない列車…7000円
701㌔以上…………10000円 (サービスのない列車…8000円

乗車券・特急券に以上の料金をプラスすると、グランクラスを利用できます。



グランクラス車内

グランクラスの車内はご覧の通りです。新幹線車両の2&1配置なので広々としています。定員が18人なので、割と早く売切れてしまいます。因みに、グリーン車は2&2配置です。



グランクラスシート脇

シート脇にボタンが付いており、リクライニングを自分好みに調節することができます。また、中央部にあるポットを持った人の絵のボタンを押すと、アテンダントさんが席まで来てくれます。



グランクラスシート

シートを最大限寝かせた状態です。アテンダントさんに申し出れば、ブランケット(毛布)やアイマスクも配ってもらえるので、熟睡できること間違いなしですね!また、各シートにスリッパも用意されているので、快適に過ごすことができます。



グランクラスメニュー

グランクラスで受けられるサービスの一覧表です。軽食(和か洋の何れか一つ)、お菓子おつまみ(各一つずつ)、ソフトドリンクアルコール飲料(お変わり自由)が利用できます。

軽食(どちらかしか食べれない)やドリンク類(時間の都合上)など、片道だけでは全メニューを攻略できなかったので、往路と復路に分けて頼みました。

下り列車(東京駅発)で上野駅停車列車の場合だと、一番最初に注文を受け始めるのが上野駅発車後なので、どうしてもロスタイムが生まれます。今後利用される方は、このことも念頭に置いておくと良いでしょう。

また、軽食一つだけだと満腹にならないので、あらかじめ軽く食べてから乗車されることをお勧めします。



それでは、サービスメニューの紹介をします。



冷たい緑茶とメニュー表

メニュー表と冷たい緑茶です。


和軽食と黒烏龍

和軽食と黒烏龍茶です。旬の食材が多く使われており、美味しかったです。


ジャスミンティー時刻表

ジャスミンティーと備え付けの時刻表です。ジャスミンティーは注文してから煎れてくれるので、出来立てを飲めます。時刻表は10号車のデッキに置いてあり、自由に読むことが出来ます。


ホットコーヒーと新聞

ホットコーヒーと備え付けの新聞です。新聞紙は9号車のデッキ(但し、グリーン車の人は読めない)にあり、写真の他にも大手各社の新聞が揃えられています。


アイスコーヒー

アイスコーヒーです。



これより下は帰りの列車(東京行き)で頼んだものです。



洋軽食と赤ワイン

洋軽食と赤ワインです。サンドイッチの他に、お肉やフルーツも付いています。こちらも美味しかったです。


白ワイン

白ワインです。


日本酒と新聞

日本酒と新聞です。「於茂多加(おもたか)」という日本酒が出てきました。


ミネラルウォーター

ミネラルウォーターです。日本酒と割って飲みました。


ビールとおつまみ

ビールとおつまみ(おかき)です。ビールはプレミアムモルツが出てきました。


シードルとお菓子

りんごのパンケーキとシードル(りんごのお酒)です。初めてシードルを飲んでみました。こちらも美味しかったです。


熱い緑茶

ダイエットコーラ

りんごジュース

上から順に、熱いお茶、ダイエットコーラ、りんごジュースです。ほぼ一気飲みした感じですね…



行きの列車でアルコール飲料を一杯も飲んでいなかったので、帰りの列車に集中してしまいました… お陰で、東京に着くころには、ヘロヘロになってしまいました… 




以上がグランクラスで受けられるサービスです。東北新幹線を利用される機会があったら、一度乗ってみると良いでしょう! 普通車やグリーン車では味わえない様々なサービスが貴方を待っています!
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR