「中二病でも恋がしたい!戀」記念乗車券セット

中二病記念乗車券1
中二病記念乗車券2

人気アニメ中二病でもがしたい!(REN)の放送開始を記念して発売された乗車券セット(1620円)です。内容は、近江鉄道の近江八幡駅⇒日野駅の片道乗車券(740円)八幡山ロープウェイの山麓駅⇒山頂駅の片道乗車券(460円)近江鉄道バスの近江八幡駅⇔大杉町の往復乗車券(420円)で、全てキャラクターイラスト入りの硬券になっています。発売箇所は近江鉄道主要駅(米原駅・彦根駅・八日市駅・日野駅・貴生川駅・近江八幡駅)と、八幡山ロープウェイチケット売り場です。発売期間は2014年3月31日(月)までです。


また、京阪電車の石山坂本線には、中二病でもがしたい!(REN)」のラッピング列車が走っているようなので、機会があれば撮りに行こうかと考えていますw
スポンサーサイト

えもんもえ(2014年3月)

3月28日(金)、実家に用事があったので帰りました。



えもん53

実家の柴犬「えもん」です。こう見えて11歳を超えたおっさんです。



えもん54

石ころ咥えたえもんです。何度か投げて遊びました。



えもん55

餌の前で「待て」をさせている所です。早く欲しいとワンワン鳴きますが、「良い子やね~」と言うとこの様に喜びますw



用事を済ませた後、すぐに帰りました。

引退した651系が期間限定で復活!

今更ですが、2013年3月15日(金)の運行を最後に常磐線から引退した特急車両「651系」が、2013年10月1日に復活したようです。引退した列車が再び同じ路線に戻るということは滅多にない出来事なので驚いていますw

2013年3月16日(土)のダイヤ改正で特急「スーパーひたち号」用の651系が引退しました。しかし、新型車両E657系の改造工事に伴う編成不足のため、同年10月から特急「フレッシュひたち号」の1往復に651系が使われるようになったそうです。E657系全編成の改造工事が終了するのは2015年春の予定で、それまで651系が使われるみたいです。

今まで走行中の651系を撮影していなかったので、この期間中に何とか撮りたいと考えています。



上野スーパーひたち1

上野スーパーひたち2

上野スーパーひたち3

上野駅17番線に停車中の特急スーパーひたち号です。引退する直前に撮りに行きましたが、私のように撮影している人はあまり居らず、ホームは閑散としていました。

上野駅16・17番線は特急列車専用ホームなので、中間改札が設置されています。そのため、乗車券・特急券、又は上野駅の入場料を持っていないと入ることが出来ません。

京浜東北線と山手線

日本の首都東京に行った時の写真を整理していたら、東京都千代田区の東京駅で撮った京浜東北線山手線の写真が出てきたので貼っておきます。



【京浜東北線】

埼玉県さいたま市の大宮駅から神奈川県横浜市の横浜駅とを結ぶJR東日本の路線で、ラインカラーはスカイブルーです。この路線では「上り」「下り」と表さず、大宮方面に向かう電車を「北行」、横浜方面に向かう電車を「南行」と呼んでいます。2014年現在、横浜線からの直通電車を除く全編成がE233系1000番台の10両で運転されています。

京浜東北線という路線名は運転系統の通称で、正式には大宮~東京間は東北本線、東京~横浜間は東海道本線になります。また、横浜駅に到着する全ての電車が、横浜駅から神奈川県鎌倉市の大船駅とを結ぶ根岸線に乗り入れているため、合わせて京浜東北・根岸線とも言われています。

東京都北区の田端駅から東京都港区の品川駅間は山手線と並走しています。その内、田端駅から東京都港区の田町駅間のホームが方向別の島式構造になっているので、相互の電車の乗り換えがスムーズにできます。また、この区間では日中時間帯(10:30~15:30頃)の全電車が快速運転になります。停車駅は、田端・上野・秋葉原・東京・浜松町・田町です。



【山手線】

東京都心を環状運転しているJR東日本の路線で、ラインカラーはウグイス色です。この路線では「上り」「下り」と表さず、時計回りに走る電車を「外回り」、反時計回りに走る電車を「内回り」と呼んでいます。2014年現在、全編成がE231系500番台の11両で運転されています。

東京都内を一周している路線ですが、正式には品川駅から渋谷・新宿・池袋を経由して田端駅に至るまでが山手線の区間になります。先述の京浜東北線と同様、田端~東京間は東北本線、東京~品川間は東海道本線になります。田端~品川間を並走する京浜東北線が日中時間帯に快速運転するのに対し、山手線終日各駅に停車します。

日本一の乗降客数を誇る路線で、ほぼ終日に亘って混み合っています。特に通勤時間帯の混雑は凄まじく、上野~御徒町等の乗車率200%を超える区間が存在します。また、ホームからの転落事故が多いため、可動式ホーム柵(ホームドア)の設置が進められています。JR東日本の計画によると、2017年度末までに大規模な改修工事が必要となる東京・新橋・渋谷・新宿の4駅を除く全駅に設置される模様です。





京浜東北線(東京駅)1

京浜東北線(東京駅)2

東京駅5・6番線ホームの神田駅寄りから京浜東北線を撮影した写真です。車体下部に線路の柵等が被りますが、10両編成全てが入ります。

車体の正面と側面に設置されているフルカラーLEDの行先表示器は、路線名(写真上)行先(写真下)が交互に表示されるようになっています。列車種別の色は、各駅停車がスカイブルー、快速がピンクで表示されます。また、横浜~大船間の根岸線内走行時の路線名は、「京浜東北・根岸線」と表示されます。





京浜東北線(東京駅)3

東京駅5・6番線ホームは比較的広いので問題なく撮影できますが、並走する山手線と同時に京浜東北線が入線してきた場合、この写真のように後ろの部分が山手線の車体で隠れてしまいます。





山手線(東京駅)

東京駅5・6番線ホームから山手線を撮影した写真です。線路の構造上、編成の後ろ部分が写らなくなります。東京駅で撮影するより、隣の有楽町駅(東京都千代田区)の方が綺麗に撮影できます(下の写真を参照)。





山手線(有楽町駅)

有楽町駅3・4番線ホームの東京駅寄りから山手線を撮影した写真です。後ろ部分が架線柱に被りますが、11両編成全てが写ります。山手線の有名な撮影地の一つです。

有楽町駅3・4番線ホームの東京駅寄りの幅が結構狭いので、撮影する際は入線する山手線京浜東北線の電車に注意する必要があります。

特急フレッシュひたち号(E653系)

前回の「寝台特急あけぼの号」記事を書いている時、一緒に撮った常磐線の特急「フレッシュひたち号」の写真が出てきたので貼っておきますw



フレッシュひたち1

フレッシュひたち2

上野駅17番線に停車中のE653系「特急フレッシュひたち号」です。この車両は、2013年3月のダイヤ改正で常磐線から引退しました。今は、塗装や車内をリニューアルして、羽越線を走る「特急いなほ号」として運転しています。

因みに、ダイヤ改正後の「特急フレッシュひたち号」及び「特急スーパーひたち号」は、新型車両のE657系で運転されています。

寝台特急あけぼの号

3月15日(土)にJRのダイヤ改正があります。この改正で、上野~青森間を上越線・羽越線経由で結んでいる寝台特急あけぼの号」が引退します。なので、上野駅及び青森駅を3月14日(金)に出る列車がラストランになります。



あけぼの1

あけぼの2

あけぼの3

上野駅13番線に停車中の「寝台特急あけぼの号」です。これは、昨年東京に行った時に撮影したものです。

今日は引退を惜しむ鉄道ファンが沢山詰めかけていると思うので、上野駅や青森駅のホームが豪いことになっていることでしょう… ラストランの撮影は心身ともに疲れるので、私は極力行かないようにしていますw

それより、南武線の205系・209系、及び横浜線の205系が近々新型車両に置き換わるので、個人的にそっちの方が気になりますね!

SHIKOKU ICOCA

昨日、友人等と焼肉を食べに行きました。鉄研の定例会ということで、久しぶりに鉄道やアニメの話が沢山できました。3時間以上その店で食べていましたが、楽しかったので短く感じられました。もっと色んな話がしたかったのですが、終電時刻の関係上、解散することにしました。

公私共に忙しい中、集まっていただき有り難うございました。また時間を合わして飲みましょう!



下の写真は、用事で四国に行った友人がお土産に買ってきてくれたJR四国のイコカ(ICカード)です。何と、通常版と限定版の2枚買っててくれました(≧▽≦) ありがとうございますm(_ _)m



【通常版】

JR四国イコカ通常



【導入記念版】

JR四国イコカ限定

※導入記念版のイコカには、専用の台紙が付いてきます。



2014年3月現在のJR四国のイコカ利用エリアは、以下の通りです。



JR四国利用エリア

水色のラインが、JR四国の利用可能区間です。紺色のラインは、JR四国エリアにまたがって利用できるJR西日本の路線を示しています。今のところ、香川県の一部の線区に止まっています。今後のエリア拡大に期待したいですね。

あべのハルカス

あべのハルカス

3月7日(金)、大阪市阿倍野区の「あべのハルカス」が全面開業しました。60階建てで高さは300mあり、超高層ビルとしては日本一を誇ります。

あべのハルカスの最寄り駅は、近鉄百貨店にホームがある近畿日本鉄道南大阪線の大阪阿部野橋駅です。また、あべのハルカスの北側を走っている「あびこ筋」の地下には大阪市営地下鉄御堂筋線の天王寺駅が、あびこ筋の向かい側にはJR西日本の天王寺駅が、あべのハルカスの西側を走っている「あべの筋」には阪堺電気軌道上町線の天王寺駅前駅が、その地下には大阪市営地下鉄谷町線の天王寺駅があり、いずれも徒歩圏内に位置しています。

58階から60階は「ハルカス300」という名の展望台になっています。3月中は完全予約制のため、日時指定券(大人2000円)が必要になります。4月1日(火)からは、当日券(大人1500円)が発売されます。

あべのハルカスには展望台の他に、近鉄百貨店や美術館、ホテル等があります。



時間に余裕があるときに、ゆっくり見に行きたいですね。

弁天町の交通科学博物館

交通博物館入口

3月6日(木)、大阪市港区のJR弁天町駅に隣接する「交通科学博物館」に行きました。入場料は大人400円と結構安いので、気軽に行くことが出来ます。ただ残念なことに、4月6日に閉館することが先日発表されました。ここで展示されている資料等は、京都の梅小路エリアにできる新しい鉄道博物館に移されるようです。展示車両の移転は、今後検討するとのことです。





交通博物館リニア

入口付近に展示されているリニアモーターカー「ML500」の実物大模型です。



交通博物館0系

初代新幹線「0系」も展示されています。運転席に入ることも出来ます。



交通博物館ヘッドマーク

以前走っていた寝台特急のヘッドマークが掲げられていました。



交通博物館信号機

信号機の展示エリアです。案内板のスイッチを押すと、信号機の表示が変化するので面白いです。



交通博物館鉄道模型

奥には、大きなジオラマが展示されていました。JR西日本の車両を中心に走っていました。



交通博物館飛行機

交通博物館バイク

交通博物館船

交通科学博物館には、船や飛行機等の鉄道以外の物も展示されています。





交通博物館屋外展示1

交通博物館屋外展示2

交通博物館屋外展示3

屋外にある「プラットホームプラザ」です。キハ81形ディーゼルカーD51蒸気機関車等が展示されています。機関車の奥にある客車は食堂車として解放されており、中で数種類の駅弁が売られています。





交通博物館第2展示1

交通博物館第2展示2

連絡通路で一方通行の道路を跨ぐと、第2展示場にも行けます。こちらには、DD13形DD50形のディーゼル機関車等が展示されています。




神戸あっちっち弁当

帰り際に、屋外展示場の客車(売店)で「神戸のあっちっちステーキ弁当」を買って、南休憩場で食べました。弁当箱下部から出ている紐を引っ張ると内臓の発熱パックが反応し、アツアツの弁当が食べられるユニークな仕組みになっています。美味しい駅弁の一つと言えるでしょう!




高校生の時に一度来たことがありましたが、どんな展示物があったのか全然覚えていなかったので、今回記録できて良かったです。

コスモスクエアとニュートラム

3月2日(日)、朝潮橋駅で大阪市営地下鉄中央線(以下「中央線」と記載)を撮影した後、終点のコスモスクエア駅(大阪市住之江区)に行きました。この駅では、南港ポートタウン線(以下「ニュートラム」と記載)に乗り換えることが出来ます。



コスモスクエア駅舎

コスモスクエア駅です。駅舎を挟む形で走っている有料道路(大阪港咲洲トンネル)を跨ぐ関係で、一旦エスカレーターで2階に上ってから、再びエスカレーターでコンコースに降りる構造になっています。コンコース・改札口は地下1階ニュートラムホームは地下2階中央線ホームは地下3階にあります。



コスモスクエア駅屋上

コスモスクエア駅は、大阪湾の人工島「咲洲」の端に位置しているので、2階から大阪湾や大阪港が良く見えます。奥に見えている島は、大阪湾の人工島「夢洲」です。



コスモスクエア駅改札

地下1階の中央線の改札です。反対側(後ろ)には、ニュートラムの改札があります。



コスモスクエア駅階段

地下1階の改札口から、地下2階のニュートラムホーム、並びに地下3階の中央線ホームに向かうエスカレーターと階段です。この他にも、中央線ホーム階とニュートラムホーム階を直接結んでいる、乗り換え専用階段とエスカレーターも設置されています。



コスモスクエア駅ニュートラムホーム

地下2階のニュートラムホームを中央線乗り換え階段から見たものです。向かって左側が4番線、右側が3番線です。ニュートラムの全駅が島式ホーム1面2線の構造になっており、開業時から可動式ホーム柵(ホームドア)も設置されています。



コスモスクエア駅中央線ホーム

地下3階の中央線ホームを大阪港駅側の端から見たものです。向かって左側が降車専用の2番線、右側が乗車専用の1番線です。2番線に到着した電車は乗客を降ろした後、一旦引き上げ線に入ってから1番線に入線し、乗客を乗せて発車するという流れになります。2014年3月現在、中央線は6両編成で運行されていますが、ホームの長さは8両編成分あるので、使われていない大阪港駅側2両分には柵が設置してあります。


この後、ニュートラムに乗って住之江公園駅(大阪市住之江区)に向かいました。



ニュートラム

ニュートラムは、コスモスクエア駅から住之江公園駅を結ぶ7.9kmの路線で、日本で2番目の新交通システム(1番目は神戸のポートアイランド線)です。南港の住宅団地やフェリーターミナルへの交通手段として活躍しています。地下構造のコスモスクエア駅付近以外は、全て高架区間になっています。2014年3月現在、4両編成で運行されていますが、ホームの長さは6両編成に対応しています。使用車両は100A系、全編成が無人運転をしています。

※写真は、途中下車した南港東駅(大阪市住之江区)で撮影したものです。



住之江公園駅舎

ニュートラムの終点住之江公園駅です。この駅では、大阪市営地下鉄四つ橋線(以下「四つ橋線」と記載)と接続しています。ニュートラムの改札が2階、ホームが3階にあります。この駅の近くには、住之江競艇場があるため、開催日は大変混雑します。また、四つ橋線の頭上を走っている新なにわ筋の東側には、住之江公園大阪護国神社等があります。



住之江公園駅ニュートラムホーム

3階のニュートラムホームを平林駅側から見たのもです。向かって左側が1番線、右側が2番線です。コスモスクエア駅同様、地下鉄四つ橋線のコンコース(地下1階)と直接結んでいる、乗り換え専用エスカレーターが設置されています。



住之江公園駅改札

地下1階の四つ橋線の改札です。普段は閑散としていますが、住之江競艇のレース開催日は利用客が激増するので、改札機や券売機が多めに設置されています。



住之江公園駅四つ橋線ホーム

地下2階の四つ橋線ホームを車止め側から見たものです。この写真だと分かり辛いですが、島式ホーム1面2線の構造になっています。コスモスクエア駅は降車用(2番線)と乗車用(1番線)とに分けられていましたが、この駅は1番線と2番線の両方から発着します。



四つ橋線

1番線に停車中の四つ橋線23系です。これに乗って帰りました。


数年前にもニュートラムに乗りましたが、あまり記憶に残っていなかったので、記録が出来て良かったです。

朝潮橋駅で中央線を撮りました。

3月2日(日)、大阪市交通局のエンジョイエコカード(平日800円、土・休日600円)を買い、大阪市営地下鉄中央線を撮りに行きました。中央線は、九条駅から大阪港駅が高架区間になっているので、撮影するのに適している路線と言えます。今回は、大阪市港区の朝潮橋駅で撮影しました。



朝潮橋駅

朝潮橋駅看板

朝潮橋駅ホーム

朝潮橋駅は、相対式ホーム2面2線の高架駅で、改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。中央線と並走していた阪神高速16号大阪港線は当駅の東側で分かれ、天保山JCTに向かいます。



大阪地下鉄中央線1

大阪地下鉄中央線2

大阪地下鉄中央線3

写真は、弁天町方面に向かって撮影したものです。上から順に、交通局車両20系、同24系、近鉄車両7000系です。ほぼ同時刻に両方向の電車が発車するので、被る可能性は低いです。

因みに、なぜ中央線に近鉄車両が走っているかというと、東側の終点長田駅(大阪府東大阪市)で近鉄けいはんな線に接続しており、相互直通運転を行っているからです。



大阪中央線4

こちらは、大阪港方面に向かって撮影したものです。アングルは良いですが、改札階へ向かう階段脇で撮影することになるので、あまりお勧めは出来ないですね。



この後、中央線西側の終点コスモスクエア駅(大阪市住之江区)に行き、ニュートラムに乗りました。続きは後日書こうと思います。



おまけ。


地下鉄減速信号

撮影していた場所の目の前に色灯式信号機があったので撮りました。黄色緑色が点灯している「減速信号」です。

2014年3月号の時刻表を買いました。

時刻表2014年3月号

先日、2014年3月号のJR時刻表(左)JTB時刻表(右)を買いました。どちらの表紙もE7系電車になっています。JTB時刻表は、新幹線の使用車両と編成両数が全て記載されているので、乗車時や撮影時には凄く助かります。JR時刻表は、臨時列車が斜字で表記されているのと、特急列車が赤色で表記されているので、とても判りやすいです。

表紙に書かれている通り、3月15日(土)にJR各社でダイヤ改正が実施されます。

JR東日本では、北陸新幹線用のE7系電車3編成長野新幹線(東京~長野間)に先行導入され、7往復の「あさま」に充てられます。また、秋田新幹線「こまち」をE6系電車に統一し、「はやぶさ」「こまち」の全列車が最高時速320km/h運転になります。

JR東海では、新大阪駅の線路増設工事の完了とN700系への置き換えが進むことによってのぞみ10本ダイヤ」(1時間に最大10本)が可能になり、繁忙期を中心に増発されるようになります。また、N700系で運転する「ひかり」「こだま」が増えることにより、一部の「のぞみ」「ひかり」の所要時間が短縮されます。

JR西日本JR九州では、「みずほ」が1往復増発し、「みずほ」2往復が姫路駅に新規停車します。


※在来線の情報は割愛します。



JTB時刻表2014年3月号

因みに、JTB時刻表には特別付録の「小型クリアファイル」が入っています。


クリアファイル裏

クリアファイルの裏側は、E7系の絵柄になっています。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR