2014年6月に買ったアニメグッズ

私が今月購入したアニメ関連グッズを、下記にて紹介いたします。


6月19日(木)に某氏と乗車した赤いラピート、並びに関西国際空港散策の記事は、次回公開予定です。






如月千早figma

6月12日(木)にヨドバシカメラで購入した、マックスファクトリーのfigma「如月千早です。人気アニメアイドルマスターシリーズの1人目となります。マイクやベースユニット等も付いてます。因みに、このシリーズの2人目は我那覇響であると、すでに発表されています。楽しみですね。





ラムネ色青春

6月18日(水)にとらのあなで購入した、劇場版アイドルマスター輝きの向こう側へ!」の挿入歌ラムネ色 青春」の初回限定盤CDです。7月16日(水)発売予定のエンディングテーマ虹色ミラクル」の初回限定盤CD同店舗で買うと、先着でオリジナル収納BOXが貰えます。楽しみですね。





Newtype(2014年7月)

初回限定盤CDを買った時に、目に留まった本ニュータイプ(2014年7月号)」です。この本を買うと下のカードが付いてくるということなので、一緒に買いました。



付録ストライクウィッチーズカード

人気アニメストライクウィッチーズのカードです。本作品の主人公を務める宮藤芳佳少尉(CV:福圓美里さん)を始め、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐(CV:田中理恵さん)、ゲルトルート・バルクホルン大尉(CV:園崎未恵さん)、エーリカ・ハルトマン中尉(CV:野川さくらさん)の計4名のキャラクターが描かれています。




コンプティーク(2014.7)

ストライクウィッチーズ宮藤芳佳少尉リネット・ビショップ曹長(CV:名塚佳織さん)が表紙に描かれているコンプティーク(2014年7月号)」です。ストライクウィッチーズの特集が組まれているとのことなので、こちらも一緒に買いました。また、この本を買うと下のクリアファイル(3枚)が付いてきます。



宮藤芳佳クリアファイル

アンチョビ・天津風クリアファイル

1枚目の写真は、ストライクウィッチーズ宮藤芳佳少尉が大きく描かれているクリアファイルです。

2枚目の写真は、左側がガールズ&パンツァーアンチョビ(CV:吉岡麻耶さん)、右側が艦隊これくしょん天津風(CV:小倉唯さん)のクリアファイルです。

3枚ともA4サイズで、白紙を挟んでいる状態です。





こうして見ると、アイドルマスターストライクウィッチーズに偏っているのが分かります。これからは、他の分野にも目を向けなければいけないと思いました。
スポンサーサイト

昨日の夢と飲み会の話

リレーで萩原雪歩に負ける夢を見ました…



とうも、乃梨です。珍しく、昨日見た夢を覚えていたので日記のネタにしてみました。


いやぁ~、印象的と言うかショックと言うか、何とも奇妙な夢でしたね。

何でリレーしていたのかはっきりしませんが、私がアンカーだったことは覚えてます。場所は、何故かグラウンドではなく母校の小学校の廊下w 6チーム中5位でバトンを受け取る所からでしたね。元陸上部というプライドもあったので、ここは逆転勝ちしてチームに貢献しようと考えていたのに、何故か身体がずごく重くて上手く走れない状態に… 挙句の果てに、職員室の前で足が攣ってもがいている時に、後ろを走っていた萩原雪歩に抜かれ最下位に転落という、散々な内容でした。



起きた時、あまりのショックで暫く放心状態でしたね。これは、精神的に追い込まれているという事なのか、ただ私が豆腐メンタルという事なのか…


よく分かりませんが、深く考えず普段通りに頑張っていこうと思った次第です!






話しは変わって、飲み会の話。



6月24日(火)の晩、某氏たちと梅田で飲みました。

近況報告をするほど間隔が空いてなかったので、いつも通り下衆な話題で盛り上がっていましたw




カラオケゆずれない願い

居酒屋の後は、近くのカラオケで懐かしいアニソンを熱唱しました!写真は、魔法騎士(マジックナイト)レイアース海ちゃんこと龍咲海好きな某氏が入れた名曲「ゆずれない願い」のサビ。画像付なのでテンションが上がりますw 海ちゃんと某氏のツーショットも綺麗に撮れてたので、今度会うとき現像して渡すとしようw

私がドラえもんのエンディングテーマ「あしたも♡ともだち」(1992年~1995年放送分)を入れたら、ドラえもん好きな某氏が天までとどけを入れたきたので、テンション急上昇!引き続き、時の旅人まで入れたので、思わず某氏と「ドラえもん のび太の日本誕生」(1989年公開)、並びに「ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)」(1990年公開)の話題で盛り上がりました。大分前に観たはずなのに、お互いに台詞を覚えていたので面白かったですw この日、副業で来れなかった某氏もドラえもん好きらしいので、今度会った時ゆっくりと語り合おうw

他にも、宮崎駿監督の風の谷のナウシカ」(1984年公開)天空の城ラピュタ」(1986年公開)「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年公開)等の懐かしい名曲を歌ったり語ったりの、1時間とは思えない充実したカラオケが繰り広げられました!


飲んで騒いでストレス発散になったので良かったです。やっぱ、定期的にやらなあかんね☆ また誘ってくださいな!(^^)!




以上、いつも以上に纏りの無い日記でしたw

えもんもえ(2014年6月)

6月12日(木)、時間ができたので実家の柴犬「えもん」を見に行きました。



えもん59

リラックスしながらも、自分の縄張りを見張っているようです。


えもん60

カメラを向けていたことに気付き、振り向きました。


えもん61

のっそり起き上がり、伸びをしています。


えもん62

そして、いつも通りの状態になりました。


抜け毛も大分落ち着いてきたようです。すっきりとした夏バージョンですね。

「あみたん娘」で有名な高岡駅

前回の続きです。




特急北越高岡

筒石駅を散策した後、直江津駅へ戻って写真の特急北越号に乗り換え、高岡駅へ向かいました。



春日山幕の内弁当

特急北越号の車中で昼食を摂りました。写真は、車内販売で購入した「春日山幕の内弁当」です。




高岡駅看板

高岡駅瑞龍寺口

直江津駅から約1時間30分、富山県高岡市の代表駅「高岡駅」に到着しました。下の写真は、近年建て替えられた高岡駅の瑞龍寺口(旧南口)です。市街地側の古城公園口(旧北口)とは、南北自由通路「万葉ロードで結ばれています。

当駅の利用客数は比較的多く、寝台特急トワイライトエクスプレス号を含む全ての列車が停車します。JR西日本北陸本線、城端線(じょうはなせん)、氷見線(ひみせん)の3路線が接続している他、万葉線(高岡軌道線)にも乗り換えることができます。



因みに、高岡市には「あみたん娘(むすめ)」という観光大使がいます。高岡市商業観光課のTR@P(Takaoka Real Attraction Project)実行委員会が、高岡市に所縁のあるアニメーターの松原秀典さんに依頼して誕生したそうです。先述の南北自由通路「万葉ロード」には、あみたん娘のキャラクターが描かれた懸垂幕が掲げられていました。




あみたん
高岡駅あみたん

カノン
高岡駅カノン

セシル
高岡駅セシル

こちらが、南北自由通路「万葉ロード」に掲げられている、あみたんカノンセシルの懸垂幕です。これらのキャラクターには、以下のような設定があります。


あみたん
力を失ったとされる高岡大仏の化身で、高岡に活気が戻ることによって本来の姿阿弥貴(あみたか)に戻れると言われている。力が発揮できない自分の代わりに高岡の街を明るく元気にしてもらうため、2人の小学生かのんせしるに力を与えた。変身前(あみたん)の身長は40cm、変身後(阿弥貴)の身長は180cm

カノン
明るく活発で好奇心旺盛、思い立ったら即行動するタイプの女の子。あみたんの力によって、華麗な大人の姿に変身した。変身前(かのん)の身長は138cm、変身後(カノン)の身長は162cm

セシル
面倒見がよく、落ち着いて考えてから行動するタイプの女の子。カノン同様、あみたんの力によって、華麗な大人の姿に変身した。変身前(せしる)の身長は136cm、変身後(セシル)の身長は158cm






帰りの列車が来るまでの間、ホームで列車の撮影をしました。




高岡あみたん列車

高岡駅の城端線ホーム脇には、あみたん娘がラッピングされたキハ47形「あみたん列車が停まっていました。



高岡城端線

城端線ホーム(2番のりば)に停車中のキハ47形(朱色)です。



特急はくたか高岡

高岡駅5番のりばに入る特急はくたか号(9両編成)です。前3両が北越急行所属の681系2000番台「スノーラビットエクスプレス、後6両がJR西日本所属の681系「ホワイトウイングです。



高岡特急北越(上沼垂色)1

高岡特急北越(上沼垂色)2

485系上沼垂色特急北越号(6両編成)です。上が5番のりばに入るところの写真、下が5番のりばに停車中の写真です。



高岡氷見線1

高岡氷見線2

高岡駅氷見線ホーム(7番のりば)には、忍者ハットリくんがラッピングされたキハ40形「ハットリくん列車が停まっていました。1両目と2両目のラッピングが異なっており、数種類あるものと思われます。




指定していた列車に乗った瞬間、睡魔に襲われたので惰眠を貪りながら帰ることになりましたw



この日に訪れた駅はどれも印象的でしたが、乗り継ぐ列車の関係でじっくり巡れなかったように思います。機会があれば時間をかけて訪問したいですね。



以上でおわりです。

北陸本線の地底駅「筒石駅」

前回の続きです。




直江津駅413系

直江津駅で列車を撮影した後、写真の413系普通列車富山行に乗り、JR北陸本線の地底駅「筒石駅」に行きました。




筒石駅413系

直江津駅から約20分、新潟県糸魚川市の筒石駅に到着しました。この駅は、全長11,353mの頸城(くびき)トンネル内にあります。地上にある駅舎との高低差は40mありますが、エスカレーター・エレベーター等はなく、階段で登らなくてはいけません。



筒石駅ホーム

筒石駅は、相対式ホーム2面2線の構造です。トンネルの断面積を最小限にするため、上下線のホームが互い違いに設置されています。それぞれ6両編成分の長さがあります。



筒石駅待合室

ホームから駅舎へ向かう通路は、待合室も兼ねています。特急列車等が通過する際、駅舎への通路が風穴のようになるので、非常に強い風が吹き抜けます。そのため、ホームと待合室との間に頑丈な引き戸が設置されており、遮断できるようになっています。



筒石駅1

筒石駅2

上り線ホームから駅舎へ続く階段(上の写真)と通路(下の写真)です。上り線(富山・米原方面)ホームから改札口までは212m(280段)、下り線(直江津・新潟方面)ホームから改札口までは176m(290段)あります。



筒石駅3

筒石駅7

通路の途中で、下り線ホームへ続く通路が合流します。下の写真は、下り線ホームへの階段です。



筒石駅4

それぞれのホームへ続く通路から改札口のある駅舎へ向かう長い階段です。この階段は、トンネル工事の際に使われた斜坑跡を流用しているようです。



筒石駅8

先程撮影したポイントを、逆から撮影した写真です。斜坑跡の途中でホームへ向かう通路が左へ分岐しています。この先の斜坑跡は、作業用通路として頸城トンネルまで続いているようです。



筒石駅6

階段を登り終え、ようやく駅舎に到着しました。毎日この駅を利用すれば、いい運動になりますねw



筒石駅5

駅舎付近から階段を見下ろした写真です。時間の関係上、280段を速足で登ったので、汗だくになりました…



筒石駅舎

こちらが、地上にある筒石駅舎です。駅の利用客数は比較的少ないですが、トンネル内にホームがあるという特殊な構造をしていることから、危険防止のため駅員が常駐しているようです。普通列車到着の際、駅員がホームまで降りて来て、安全確認を行っていました。



筒石駅案内板

筒石駅前には、駅構造の説明や周辺施設の案内が書かれた看板が設置されていました。



筒石駅入坑・入場券

筒石駅舎内の窓口で入場券を購入すると、「入坑・入場証明書」と書かれた絵はがきも一緒に貰えます。



筒石駅413系北陸色

筒石駅を散策した後、写真の413系(北陸色)普通列車直江津行に乗って直江津駅に戻り、特急北越号に乗り換えて高岡駅(富山県高岡市)に向かいました。



次回へ続きます。

直江津駅で列車を撮影

前回の続きです。


脇野田駅から快速くびき野号に乗って、直江津駅(新潟県上越市)に行きました。




直江津駅1

直江津駅2

直江津駅はJR信越本線と北陸本線の接続駅で、JR東日本JR西日本の境界駅でもあります。駅設備はJR東日本の管理下にあり、駅放送や駅名標等はJR東日本仕様となっています。



直江津駅3

直江津駅自由通路

直江津駅北口(写真上)と南北自由通路(写真下)です。客船「飛鳥」をモチーフにしているデザインだそうです。

当駅には様々な列車が乗り入れてくるので、見ていて面白いです。一部ではありますが、紹介していこうと思います。




直江津駅くびき野

脇野田駅から利用した481系快速くびき野号です。新潟駅~新井駅(新潟県妙高市)間特急列車並みの停車駅数で駆け抜ける快速列車です。使用されている車両が特急列車と同じであるにも関わらず、普通乗車券・青春18切符のみで乗れるので、この列車を利用する方がお得であると言えるでしょう。



直江津駅妙高

189系普通列車妙高号です。直江津駅~長野駅間を結ぶ普通列車ですが、使用されている車両が特急列車と同じものです。先述の快速くびき野号同様、普通乗車券・青春18切符のみで乗れるので、同じ区間を乗るなら、この列車を利用する方がお得であると言えるでしょう。



直江津駅はくたか1

直江津駅はくたか2

越後湯沢駅~金沢駅・福井駅・和倉温泉駅間を結ぶ特急列車はくたか号です。上の写真がJR西日本所属の681系0番台「ホワイトウイング、下の写真が北越急行所属の683系8000番台「スノーラビットエクスプレスです。踏切の無い北越急行ほくほく線内では、最高160km/hで駆け抜けます。



直江津駅115系1

直江津駅115系2

上の写真が115系新潟3次色、下の写真が115系新潟2次色です。どちらも、新潟県内の普通列車として活躍しています。



直江津駅で列車を撮影した後、JR北陸本線筒石駅(新潟県糸魚川市)に向かいました。



次回へ続きます。

「上越妙高駅」となる脇野田駅

前回の続きです。




211系長野

姨捨駅の絶景を堪能した後、211系普通列車(写真)に乗って長野駅に向かいました。




妙高号長野

長野駅からはJR信越本線を走る189系妙高号(写真)に乗り換え、次の目的地の脇野田駅(新潟県上越市)に向かいました。

妙高号は、長野駅~直江津駅間を1日3往復している普通列車(但し、2号のみ快速列車として運転)です。上り列車・下り列車とも最後尾の1両が普通車指定席、その他の車両は普通車自由席となっています。普通車自由席には普通乗車券、青春18切符のみで乗れるので、人気のある列車と言えるでしょう。




妙高号座席

妙高号の座席は、国鉄型特急列車標準のリクライニングシートです。乗車券のみで利用できるのは嬉しいですねw




信越本線車窓

JR信越本線の妙高高原駅周辺の車窓には、のどかな田園風景が広がります。





妙高号脇野田駅1

妙高号脇野田駅2

長野駅から1時間ちょっとで脇野田駅に到着しました。乗ってきた妙高号を見送ってから、脇野田駅舎を見に行きました。




脇野田駅舎

脇野田駅舎線路側

上の写真が街側から、下の写真がホーム側から撮った脇野田駅舎です。北陸新幹線が開業すると同時にこの駅は廃止され、「上越妙高駅」となります。



脇野田駅舎内

駅舎内は待合室になっています。出札窓口がありますが、みどりの窓口が設置されていません。「ありがとう脇野田駅」と書かれた大きな横断幕が貼られていました。



脇野田駅ホーム

脇野田駅は、島式ホーム1面2線の地上駅です。ホーム上にある待合室以外、屋根が設置されていない構造です。



上越妙高駅(建設中)

脇野田駅のホームから見た北陸新幹線上越妙高駅です。駅舎自体はほぼ完成しているようです。後は駅前ロータリー等の整備をするだけだと思います。



脇野田駅看板

脇野田駅の駅名標と上越妙高駅です。脇野田駅とその周辺の線路は、上越妙高駅に隣接するルートに切り替わる予定で、その工事も進んでいました。



脇野田駅と北陸新幹線

脇野田駅から長野方面を望んだ写真です。傍には北陸新幹線の高架が跨っています。北陸新幹線が開業すれば、駅周辺も様変わりするでしょう。



快速くびき野号脇野田

脇野田駅を見た後は、481系快速列車くびき野号に乗って直江津駅に向かいました。因みに、この列車の普通車自由席普通乗車券、青春18切符のみで乗ることが出来ます



次回へ続きます。

日本三大車窓の一つ「姨捨駅」

前回の続きです。



6月8日(日)、5時過ぎに起床してJR篠ノ井線初発の普通列車に乗り、「姨捨駅(おばすてえき)」に向かいました。




姨捨駅ホームからの景色
姨捨駅景色

長野県千曲市(ちくまし)の姨捨駅は、山の中腹に位置しているためホームから善光寺平(長野盆地)が望めます。この景色は日本三大車窓として有名です。天気が良ければ、遠くの山々まで見渡せます。



姨捨駅スイッチバック

姨捨駅のもう一つの見所は、全国でも珍しいスイッチバックです。姨捨駅周辺の線路は急勾配になっているため、平坦な折り返し線(写真手前2線)が引き出されて停車場が設置されている構造となっています。姨捨駅に停車しない特急列車等は、この折り返し線には入らずに本線(写真左端の線)を通過していきます。



姨捨駅舎1

姨捨駅舎2

姨捨駅舎3

姨捨駅舎は近年建て替えられたようで、とても綺麗でした。記念入場券も発売されているようですが、訪れた時間が駅業務の時間外だったので買えませんでした。



姨捨駅ホーム

姨捨駅は相対式ホーム2面2線の構造です。左側のホームが松本方面のりば、右側のホームが長野方面のりばとなっています。



姨捨撮影ポイントへの道

姨捨駅近くにある有名な撮影ポイントに行ってみました。写真の踏切(警報機・遮断機無し)を渡り、坂道を登ったところにある展望台が撮影ポイントのようです。



姨捨撮影ポイント

稲荷山駅から続く急勾配を上ってくるE257系快速列車松本行です。この撮り方だと、8両編成までしか入りませんね… 貨物列車のような長い列車を撮るには、もう少し引いて撮った方が良いかもしれません。



姨捨駅を通過する貨物列車

こちらは、松本方面ホームから撮ったものです。善光寺平をバックに通過線を駆け下りる貨物列車が撮れました。



出来れば天気が良い時にもう一度訪れてみたいですねw



この後、普通列車に乗って長野駅に行き、普通列車妙高号に乗って脇野田駅(新潟県上越市)へ向かいました。


次回へ続きます。

松本駅で列車撮影

前回の続きです。



6月7日(土)、友人の結婚披露宴が始まるまでの時間、松本駅で様々な列車を撮影しました。




松本駅しなの1

松本駅しなの2

今回、松本駅までの往路で利用した383系特急(ワイドビュー)しなの号です。客室の窓が比較的大きいため、列車名に「ワイドビュー」が付けられています。また、長野駅方の先頭車(写真上)はパノラマ型グリーン車となっており、先頭座席から前面展望が楽しめます。




松本駅211系

松本駅はまかいじ

0番線脇の留置線には長野色の211系(上の写真)や、横浜駅と松本駅を結ぶ185系特急はまかいじ号(下の写真)が停まっていました。




松本駅団体列車1

1番線に停車中の189系(あさま色)団体列車です。この車両は、長野新幹線(北陸新幹線)が開業する1997年まで、碓氷峠を越える特急あさま号として活躍していました。2014年現在、長野駅と直江津駅を結ぶ妙高号や、臨時列車等で活躍しています。




松本駅団体列車2

4番線に停車中のE655系団体列車です。なごみ(和)という愛称があります。写真のように団体列車で運転される場合は5両編成ですが、お召し列車(天皇・皇后・皇太后が使われる特別列車)として運転される場合は、3号車と4号車の間に「特別車両」が連結されて6両編成となります。




松本駅普通

松本駅1番線を発車したE127系普通列車です。大糸線篠ノ井線等で活躍しています。




松本駅115系1

松本駅115系2

松本駅4番線に到着する115系(長野色)普通列車です。中央本線篠ノ井線等で活躍しています。




松本駅あずさ1

松本駅あずさ2

松本駅と新宿駅・東京駅を結ぶE257系特急あずさ号です。1日1往復のみ大糸線南小谷駅まで延長運転されています。上の写真が貫通車、下の写真が非貫通車です。列車名の「あずさ」は、松本市周辺を流れている梓川から取られています。




松本駅スーパーあずさ1

松本駅スーパーあずさ2

新宿駅と松本駅を結ぶE351系特急スーパーあずさ号です。先述の特急あずさ号は小まめに停車するタイプの列車で、特急スーパーあずさ号は停車駅の少ない速達タイプの列車です。




松本駅では、関西圏で見られない様々な列車が走っているので、暫く駅に居ても飽きませんねw



6月8日(日)は、長野駅・直江津駅経由で帰ることにしました。



次回へ続きます。

松本駅と上高地線と新島々駅

松本駅

前回の記事で述べましたが、6月7日(土)・8日(日)に友人の結婚式のため、長野県松本市に行ってきました。天気予報では「雨時々曇」となっていましたが、両日とも傘が必要なほど降らなかったので助かりました。

結婚披露宴の開始時刻は遅めでしたが、昼頃に到着する列車で向かうことにしました。長野県の松本市まで移動して何もしないのは勿体無い話なので、列車の撮影アルピコ交通(旧松本電鉄)上高地線の全区間乗車などをしました。

まずは、松本駅舎周辺の散策をしました。



松本駅お城口

松本駅アルプス口

長野県松本市の代表駅である松本駅です。上の写真がお城口(東口)、下の写真がアルプス口(西口)です。駅付近には市役所や多くの商業施設が建ち並んでおり、終日利用客で混雑しています。また、松本城などの観光名所もあるので、土・休日を中心に観光客も多いようです。



松本駅自由通路

松本駅の東西自由通路です。近年建てられたようで、とても綺麗でした。



上高地線一日フリー乗車券

松本駅舎周辺を散策した後、松本駅前(お城口側)の松本バスターミナルアルピコ交通上高地線一日フリー乗車券を購入し、上高地線の終点新島々駅に向かいました。



松本駅連絡通路

アルピコ交通上高地線松本駅7番線から発着しているので、JRの改札口から入って連絡通路(写真)を通り、ホームに向かう形になります。ただし、一日フリー乗車券はJRの自動改札機に入らないので、係員通路を通る必要があります。



上高地線松本駅

連絡通路の階段を降りた所が、7番線の上高地線のりばになります。JR大糸線普通列車の大半が発着する6番線が同じホームの奥側にあるので、上高地線の列車をJR大糸線の列車と間違って乗ってしまう人が結構いるようです。確かに、ややこしい構造ではありますね…

上高地線は概ね40分間隔で運転されています。また、松本駅から終点の新島々駅への所要時間は約30分です。



渕東なぎさ松本駅

上高地線ドア

今回乗った上高地線の列車は、3000形のなぎさTRAINでした。アルピコ交通上高地線のイメージキャラクターである渕東なぎさが、車体側面やドア部分にラッピングされています。因みに、氏名の「渕東なぎさ」は沿線の駅名である渕東(えんどう)駅渚駅から取られています。また、「渕東なぎさ」には下記の公式設定があります。


渕東なぎさ(CV:新田恵海さん)
年齢……19歳
身長……152cm
血液型…B型
職業……上高地線新村駅員
家族……父・母・姉・妹



上高地線車内

上高地線吊革広告

なぎさTRAINの車内は普通でしたが、吊革広告の一部に渕東なぎさの描かれている物がありました。



上高地線新島々駅

渕東なぎさ新島々駅

終点の新島々駅(長野県松本市)に停車中のなぎさTRAINです。発車まで少し時間があったので、駅周辺を散策しました。



新島々駅1

新島々駅2

新島々駅舎です。バスターミナルが併設されており、駅前からは上高地・白骨温泉・乗鞍高原へ向かうバスが発着しています。新島々駅を利用する乗客の殆どが、各方面へのバスに乗り換えていました。

駅前を横切っている道路は、国道158号線です。



旧新島々駅舎

国道158号線を渡った向こう側には、旧新島々駅舎を復元した松本市波田観光案内所がありました。



渕東なぎさグッズ

新島々駅の窓口で、新島々駅入場券(硬券タイプ)や渕東なぎさグッズなどを買いました。



折り返しのなぎさTRAINに乗って松本駅に戻り、結婚披露宴の時間まで列車の撮影をしました。


次回へ続きます。

Happy Saturday!

松本駅

6月7日(土)、友人の結婚式のため長野県松本市に行ってきました。披露宴の開始時間が遅かったので、ゆっくり行くことが出来ました。



結婚式(松本)

披露宴には久し振りに会う友人が沢山居たので、同窓会のようで楽しかったです。

披露宴後の二次会は設定されていなかったので、友人ら数人で焼肉を食べに行きました。暫くしてから新郎新婦も来てくれたので、一緒に飲みました。

焼肉食べてから新郎新婦を見送った後、近くのキャバクラに行きました。何の生産性もない会話を2:00くらいまでして、ホテルに帰りました。



友人へ一言。

ご結婚おめでとうございます!これからも末永くお幸せに!




あと、焼肉行く前に会長氏から電話が掛かってきたので出てみたら、なんと…

おめでとう&お疲れさん!

…という旨の内容でした。



土曜日はダブルでめでたい日でしたねwww

大阪環状線の撮影

例年より早く梅雨入りし、全国各地で記録的な大雨が降っています。


6月6日(金)、大阪市内は天気が良かったので、JR西日本大阪環状線を撮影しました。

先ず向かったのは、大阪市都島区の桜ノ宮駅です。その名の通り、この駅周辺(大川沿い)はの名所で、満開を迎えるころは大勢の人で賑わいます。



①223系0番台
桜ノ宮駅1

②201系
桜ノ宮駅2

③221系
桜ノ宮駅3

桜ノ宮駅の天満駅寄りで撮影した写真です。駅のすぐ西側に大川(旧淀川)が流れているため、淀川橋梁を渡る姿を撮影できます。8両編成が綺麗に入りますが、内回り・外回り電車がほぼ同時に発車するダイヤが組まれているので、外回り電車が少しでも遅れてくると被ってしまいます。

関空・紀州路快速()環状線普通()大和路快速()を1本ずつ撮影し、大阪市福島区の福島駅に向かいました。



④221系リニューアル車
福島駅1

⑤223系2500番台
福島駅2

⑥201系
福島駅3

福島駅の野田駅寄りで撮影した写真です。野田駅側は直線になっているので、8両編成が綺麗に入ります。また、この駅は島式ホームなので、内回り・外回り電車が被っても大丈夫そうです。
※仮に被った時は、遠望だと後ろの方が隠れてしまうので、引いて撮ると良いと思います。

大和路快速()関空・紀州路快速()環状線普通()を撮影して帰りました。


因みに、大阪環状線改造プロジェクトの一環で、ラッピング列車「OSAKA POWER LOOP」を運行しているようです。機会があればそちらも撮りたいですね。

近鉄特急アーバンライナーplus

先日、愛知県名古屋市へ行く際に利用した、近鉄特急アーバンライナーのデラックスシートを簡単に紹介します。



アーバンライナーplus大和八木駅

大和八木駅に停車中の21000系「アーバンライナーplusです。

アーバンライナーは、大阪難波と近鉄名古屋を2時間ちょっとで結ぶ特急列車で、6両または8両編成で運転されています。レギュラーカーデラックスカーの2種類ありますが、両者の料金差はそれ程大きくないので、デラックスシートを利用する人も結構多いです。停車駅の少ない速達タイプ(甲特急)と、主要駅に停まるタイプ(乙特急)の2種類あり、それぞれの需要に対応しています。

因みに、各停車駅毎に使用される車内メロディーが異なるので、停車駅が多い乙特急の方が楽しめると思いますw



アーバンライナーplusデラックスシート1

アーバンライナーplusデラックスシート2

1号車のデラックスシートです。1列+2列配置になっており、レギュラーシートに比べ座席幅が広くなっています。アーバンライナーには、新開発のゆりかご型シートが導入されています。これは、電動リクライニングで背もたれを倒すと同時に腰部が沈む状態になる座席で、デラックスシート・レギュラーシートのどちらにも採用されています。また、足掛けや読書灯などの設備もあって充実しています。



アーバンライナーplus液晶画面1

アーバンライナーplus液晶画面2

客室仕切り部には液晶モニターが設置されており、次駅案内(写真上)や、ニュース、割引切符の案内、運転台カメラからの前面展望(写真下)などが映されていました。



前面展望伊勢中川付近

1号車の運転席後ろのデッキはガラス張りになっているので、このように前面展望が楽しめます。ただし、21000系(アーバンライナーplus)の場合、十分なスペースが無いので落ち着いて楽しむことが出来ないと思います…

写真は、伊勢中川駅付近の分岐です。アーバンライナーは、左側の短絡線を経由して近鉄名古屋駅へ向かいます。直進する線路は志摩線で、伊勢駅・賢島駅へ向かっています。



アーバンライナーには、21020系「アーバンライナーnext」もあるので、機会があればそちらにも乗りたいですねw

飲み会三昧

5月31日(土)、昼は名古屋の某氏宅のホームパーティーに参加し、晩は私の家で飲み会をしました。




俊徳道駅5

名古屋への往復は、近鉄特急アーバンライナーのデラックスシートを利用しました。値段の割に居住性が優れているので、おススメですね。詳細は後日公開しようと思います。


名古屋に到着後、某氏に迎えに来てもらい買い出しに行きました。




ホームパーティー2014

買い出しから帰ってくると、某氏の奥さんが頑張って作ってくれたお料理が並んでおりました。去年同様、あまりの嬉しさと美味しさにテンションが上がってしまいました。会長作のもつ煮も美味しかったです。全員集合した後、楽しいホームパーティーを始めました。

昼食後、リビングで寛ぎながら皆で「弱虫ペダル」のアニメを観ました。結構面白かったので、見入ってしまいました。また、同人誌等も熟読しました。新たなジャンルを開拓出来て、とても有意義な時間を過ごせました(^^)

アニメや漫画のことで談笑していたら、いつの間にか予定していた出発時刻が過ぎていたので、急いで帰り支度をしました。楽しい時間は早く感じますね。後片付けも出来ずに帰っていまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m



当初予定していたアーバンライナーに乗れなかった影響で、大阪に着くのが大分遅れました。



私の家で飲み会を開催することになっていたのに、私が遅れてしまったため某氏たちが待ちぼうけすることになってしまいました。申し訳ございません(´・ω・`)

後輩夫婦も参加したので、いつも以上に盛り上がった飲み会になりました(^◇^) 某氏たちが持ってきてくれた日本酒が美味しかったので、お酒弱いくせに結構飲んでしまいました(;´・ω・) 色々と談笑したり、絡まれたりして楽しい時間が過ごせました。

2:00くらいにお開きして寝ようとしたら、めっちゃ気持ち悪くなってきたので、お手洗いで数回嘔吐してしまいました。その後も結局寝付けず、5:00くらいに起きてきた友人に胃薬を買ってきてもらいました。潰れてたので、殆どお見送りが出来ない状態でした。

もう、今日は仕事無理だと思っていたんですけど、盛大に嘔吐した後、薬飲んで仮眠したら大分スッキリしていたので良かったです(*^^)v 予定していた仕事もこなせて、無事一日が終了しました(^^)v




最後に、名古屋の某氏たち、並びに自宅に来てくれた友人たち、非常に楽しい時間をありがとうございました(^^♪ また、飲みましょう!
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR