永平寺授戒会随喜

永平寺2015年4月1

4月25日(土)~29日(水)まで、福井県永平寺町にある曹洞宗大本山永平寺に行ってきました。以前も書いたと思いますが、毎年4月23日~29日の期間、永平寺では大授戒会が厳修されます。今年は天候にも恵まれ、汗ばむくらいの陽気となりました(^O^)



永平寺2015年4月2

こちらは永平寺の仏殿です。七堂伽藍の中心部に位置しており、須弥壇には釈迦牟尼仏(お釈迦様)・弥勒仏・阿弥陀仏が祀られています。特殊行持がない限り、此処で日中諷経・晩課諷経等が行われています。ただ、授戒期間中は基本的に使用されません。




毎晩3~4時間程度の睡眠だったので、昼間は非常に眠かったですが、体調を崩さずに乗り切れたので良かったです(・∀・)
スポンサーサイト

えもんとたけのこ

えもん147

先日、えもんの行動可能範囲内において筍が生えているのを発見しました。結構成長しており、高さは30cm程(推定)ありました。



えもん148

当初、えもんは気づいていなかったようですが、私と母が筍を見ながら話したいたので匂いを嗅ぎ始めました。



えもん149

匂いを嗅いでたと思いきや、いきなり齧り出しましたΣ(゚д゚lll)



えもん150

一生懸命、皮から身までを穿り返していました。



えもん151

最終的に根元まで掘り出していました(゜ロ゜)



今度生えてきたら、えもんが餌を食べている隙に掘り出そうと考えています…

新世界に行きました。

先日、鳥取県から来た友人等と、大阪市浪速区の繁華街「新世界」に行ってきました。




通天閣1

ジャンジャン横丁にある串カツ屋で夕食を摂った後、新世界の中心部に建っている展望塔「通天閣」に登りました。通天閣の展望料金は、大人700円です。



通天閣2

展望台へのエレベーターの天井には、綺麗な星空と共にビリケンさんが映しだされていました(^O^) 通天閣5階の展望台にはビリケン神社があり、ビリケンさんの像が設置されています。



通天閣3

天気が良かったので、綺麗な夜景が見れました(*゚▽゚*) 写真は難波方面を望んだものです。



通天閣からの夜景を堪能した後、近くにある温浴施設「スパワールド」に行って身体を浄化し、解散しました。

岡山県旅行その3

前回の続きです。


昼食を摂った後、宇野線の普通列車を乗り継いで岡山駅へ戻りました。





岡山駅4

岡山駅から吉備線普通総社(そうじゃ)行きに乗り、総社駅へ向かいました。吉備線は電化されていないため、全ての列車が気動車で運行されています。





吉備線

吉備線の長閑な田園風景を楽しんでいると、車窓に大きな赤い鳥居が見えてきました。調べてみたところ、日本三大稲荷の一つ「最上稲荷(高松稲荷)」の大鳥居でした。



備中高松駅1

岡山県岡山市の備中高松駅で上り列車と行き違いをするため、5分程停車しました。簡易式自動改札機が導入されているので、ICOCA等のICカードでも利用できます。先述の最上稲荷の最寄駅ですが、2km程離れているため徒歩で向かうには時間がかかりそうです。



備中高松駅2

程なくして対向列車が入線してきたので、再び普通総社行きに乗って総社駅へ向かいました。





総社駅1

岡山駅から約45分、岡山県総社市の総社駅に到着しました。自動改札機が導入されているので、ICOCA等のICカードでも利用できます。当駅は、西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線吉備線井原鉄道井原線が接続しています。また、伯備線を走る一部の特急やくもも停車します。



総社駅2

総社駅は、単式ホーム1面1線と切り欠きホーム1線、島式ホーム2面4線の計3面6線構造となっています。基本的に、吉備線の列車が切り欠きホームの1番のりば、伯備線の列車が2~4番のりば、井原線の列車が5・6番のりばを使用しています。



総社駅3

総社駅を散策した後、岡山経由の普通長船(おさふね)行きに乗って倉敷(くらしき)へ向かいました。





倉敷駅1

総社駅から約10分、岡山県倉敷市の倉敷駅に到着しました。自動改札機が導入されているので、ICOCA等のICカードでも利用できます。当駅は、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線伯備線が接続しています。また、隣接している倉敷市駅から水島臨海鉄道水島本線も発着しており、乗り換えることができます。



倉敷駅2

倉敷駅は、単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線の計3面5線構造となっています。山陽本線の列車が1~3番のりば(右側と中央のホーム)、伯備線の列車が4・5番のりば(左側のホーム)を使用しています。



倉敷市駅1

倉敷駅南口と隣接している、水島臨海鉄道倉敷市駅です。駅前駐輪場と一体となっており、1階に改札口や待合室、ホーム等の駅設備があります。有人駅で窓口はありますが、自動改札機は導入されていないため、ICカードでの利用はできません。また、水島本線はJRの路線ではないので、青春18きっぷも使えません。



倉敷市駅2

倉敷市駅は、単式ホーム1面1線構造となっています。先述の通り、このホームは駐輪場の1階部分にあります。

停車中の三菱自工前(みつびしじこうまえ)行きに乗り、三菱自工前駅へ向かいました。水島本線は電化されていないため、全ての列車が気動車で運行されています。





三菱自工前駅1

倉敷市駅から約30分、岡山県倉敷市の三菱自工前駅に到着しました。当駅は水島本線の終点ですが、改札口や待合室等の設備はなく、単式ホーム1面1線のみの簡素な造りとなっています。倉敷市水島地区の工場地帯にあるため、駅周辺に民家や商業施設はありませんでした。



水島臨海鉄道車庫

乗車した列車は、三菱自工前駅の先にある倉敷貨物ターミナル駅と隣接した車両基地へ引き上げていきました。



三菱自工前駅2

三菱自工前駅周辺を散策した後、車両基地から来た倉敷市行きに乗りました。



倉敷市駅へ戻った後、倉敷駅の北口側へ行ってみました。





倉敷駅3

倉敷駅北口です。2008年末まであったテーマパーク「倉敷チボリ公園」を倣って北欧風に造られています。倉敷チボリ公園の跡地は、イトーヨーカ堂の「アリオ」や三井不動産の「三井アウトレットパーク」等の大規模な商業施設になっていました。



倉敷駅周辺を散策した後、普通姫路行きに乗って岡山駅へ向かいました。






相生駅1

岡山駅で山陽新幹線ひかり号に乗り変えて、兵庫県相生市の相生駅へ向かいました。山陽本線の普通列車だと岡山駅から相生駅まで1時間以上かかりますが、山陽新幹線ひかり号こだま号だと約16分で到着します。



春の行楽弁当

青春18きっぷが使えないため余分に2,110円(乗車券1,140円+特急券970円)かかりましたが、夕食の駅弁「春の行楽弁当(1,000円)」をゆっくり食べたかったので贅沢しました。岡山駅始発の列車だったので、自由席も空いていました。





相生駅2

姫路駅

相生駅から予定より1本早い普通姫路行きに乗り、姫路駅で新快速野洲行きに乗り換えて帰りました。





以前から乗りたかった宇野線吉備線水島臨海鉄道に効率良く乗れたので良かったです。



以上で終わります。

岡山県旅行その2

前回の続きです。


赤穂線の終点である東岡山駅に途中下車した後、後続の普通岡山行きに乗って岡山駅へ向かいました。





岡山駅1

東岡山駅から約10分、岡山県岡山市の岡山駅に到着しました。当駅は、山陽新幹線山陽本線宇野線津山線吉備線が接続している交通の要衝です。また、山陽本線東岡山駅で接続している赤穂線山陽本線倉敷駅で接続している伯備線宇野線茶屋町駅で接続している本四備讃線も当駅まで乗り入れています。さらに、駅前(東口)からは岡山電気軌道東山本線清輝橋線も発着しています。



岡山駅2

岡山駅東口広場には、家来のイヌ・サル・キジを従えた桃太郎の銅像が設置されています。



岡山駅3

岡山駅から宇野線(瀬戸大橋線)の快速マリンライナー高松行きに乗り、茶屋町駅へ向かいました。

快速マリンライナーは、岡山駅と香川県高松市の高松駅とを結んでいる快速列車で、概ね30分間隔で運転されています。基本的に5両編成で運行されており、高松寄り3両が四国旅客鉄道(JR四国)所属の5000系、岡山寄り2両が西日本旅客鉄道(JR西日本)所属の223系5000番台となっています。1号車(高松寄り)は2階建て車両で、1階が指定席、2階がグリーン席となっています。2号車から5号車は普通車自由席で、青春18きっぷでも利用できます。





茶屋町駅1

岡山駅から約15分、岡山県倉敷市の茶屋町駅に到着しました。先述の通り、当駅は宇野線本四備讃線の接続駅となっています。正式な宇野線の区間は岡山~茶屋町~宇野間ですが、宇野線岡山~茶屋町間と本四備讃線茶屋町~宇多津間、予讃線宇多津~坂出~高松間を合わせて「瀬戸大橋線」という愛称で案内されているため、茶屋町~宇野間が支線のように扱われています。



茶屋町駅2

茶屋町駅は島式ホーム2面3線の高架構造となっています。中線に発着する宇野方面の列車は、岡山方面と高松方面の両方の列車と、同じホームで乗り換えることが出来るようになっています。



茶屋町駅3

茶屋町駅前広場には、鬼の像が設置されています。



茶屋町駅4

茶屋町駅を通過するアンパンマン列車(特急南風)を撮影した後、普通宇野行きに乗って宇野駅へ向かいました。





宇野駅1

茶屋町駅から約25分、岡山県玉野市の宇野駅に到着しました。当駅に自動改札機や簡易式自動改札機等が導入されていないため、ICOCA等のICカードが利用できません。現在は宇野線の終着駅という位置付けですが、1988年に本四備讃線(瀬戸大橋線)が開業するまで、当駅と高松駅を結ぶ宇高連絡船(鉄道連絡線)が運行されており、四国方面への玄関口として機能していました。



宇野駅2

宇野駅は島式(頭端式)ホーム1面2線構造となっており、ホーム終点側に駅舎が建っています。



宇野駅3

駅前広場には、船のマストを模ったと思われるモニュメントが設置されています。マストには、イルカやヒトデ等の様々な動物が乗っています。

折り返しの列車まで約1時間あったので、近くの店で昼食を摂りました。





大阪屋食堂1

大阪屋食堂2

宇野駅から徒歩数分の処にある大阪屋という食堂で、600円の魚定食をいただきました。数種類用意されている魚から好みの物を選ぶシステムとなっています。他にも、野菜炒め定食やトンカツ定食等もあり、何れも1000円以内で提供されています。





宇野駅4

昼食後、折り返しの普通茶屋町行きに乗って茶屋町駅へ向かい、普通岡山行きに乗り継いで岡山駅へ戻りました。





次回に続きます。

岡山県旅行その1

3月31日(火)、青春18きっぷを利用して岡山県に行ってきました。去年8月の山口県への往路で山陽本線を利用したので、今回は赤穂線経由で向かうことにしました。





大阪駅1

大阪駅2

大阪駅始発の新快速姫路(ひめじ)行きに乗り、兵庫県姫路市の姫路駅へ向かいました。予想以上に混雑していましたが、何とか座れたので良かったです。

終点の姫路駅で普通岡山行きに乗り換え、英賀保(あがほ)へ向かいました。





英賀保駅1

姫路駅から約5分、兵庫県姫路市の英賀保駅に到着しました。自動改札機が導入されているので、ICOCA等のICカードでも利用できます。



英賀保駅2

英賀保駅は単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっており、左側の単式ホームに駅舎が設置されています。



英賀保駅3

後続の普通播州赤穂(ばんしゅうあこう)行きに乗り、播州赤穂駅へ向かいました。





播州赤穂駅1

英賀保駅から約30分、兵庫県赤穂市の播州赤穂駅に到着しました。当駅は、第3回近畿の駅百選に選ばれています。近畿圏ICOCA利用エリアの最西端駅となっているため、ここから先は利用できなくなります。



播州赤穂駅4

播州赤穂駅は単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっています。当駅で赤穂線の運転系統が分かれているので、必ず乗り換えが生じます。

乗り換え時間が20分程あったので、駅前を散策しました。



播州赤穂駅2

播州赤穂駅のコンコース(自由通路)には、忠臣蔵と書かれた大きな額が飾られています。忠臣蔵とは、元禄赤穂事件を題材とした人形浄瑠璃および歌舞伎の題目の一つ、仮名手本忠臣蔵の通称です。



播州赤穂駅3

播州赤穂駅前広場には、赤穂藩の筆頭家老であった大石内蔵助像が設置されています。



播州赤穂駅5

接続する岡山経由の普通備中高梁(びっちゅうたかはし)行きに乗り、東岡山駅へ向かいました。





日生駅

岡山県備前市の日生(ひなせ)で上り列車と行き違いをするため、5分程停車しました。当駅は、赤穂線内で最も瀬戸内海に近い場所にあるので、ホームから瀬戸内海を望むことができます。

停車時間が少なかったので、残念ながらホームの写真は撮れませんでした。





長船駅1

岡山県瀬戸内市の長船(おさふね)でも上り列車と行き違いをするため、10分程停車しました。当駅から岡山・福山地区ICOCA利用エリアに入るため、ICOCA対応の簡易式自動改札機が導入されています。



長船駅2

長船駅は相対式ホーム2面2線構造となっており、右側の1番のりば(岡山方面)ホームに駅舎が設置されています。岡山方面から来る列車の約半数は、当駅で折り返します。





東岡山駅1

播州赤穂駅から約1時間15分、岡山県岡山市の東岡山駅に到着しました。当駅は赤穂線の終点ですが、全ての列車が接続する山陽本線に乗り入れて岡山方面へ直通しています。



東岡山駅2

東岡山駅は、中央の島式ホーム1面を両脇の相対式ホーム2面で挟んでいる特殊な構造となっています。左側の4番のりばホームの脇には、併走する山陽新幹線の高架があります。

後続の普通岡山行きに乗り、岡山駅へ向かいました。





次回に続きます。

岡山県旅行の路線図

3月31日(火)、JRの特別企画乗車券「青春18きっぷ」を利用し、岡山県へ行ってきました。ただ、列車に乗ることがメインだったので、観光地巡りや買い物等は一切していません(^_^;) 今まで乗ったことのない路線に乗れたので良かったです。


下の地図は、今回乗った路線を表したものです。尚、乗車していない路線は記載していません。




岡山県旅行の路線図

黄色線……山陽本線
青色線……山陽新幹線
赤色線……赤穂線
緑色線……宇野線・本四備讃線
茶色線……吉備線
白色線……伯備線
紫色線……水島本線(水島臨海鉄道)


※1今回、本四備讃線(茶屋町~宇多津間)には乗車していませんが、宇野線(岡山~茶屋町間)と本四備讃線を合わせて「瀬戸大橋線」と呼んでいることから、上の地図では同一路線として表記しています。

※2山陽新幹線水島臨海鉄道水島本線は、青春18きっぷが利用できないので、別途料金を支払って乗車しました。



黄色の番号……今旅行での下車・乗換駅。

1 姫路駅(兵庫県姫路市)
2 英賀保駅(兵庫県姫路市)
3 相生駅(兵庫県相生市)
4 播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)
5 日生駅(岡山県備前市)
6 長船駅(岡山県瀬戸内市)
7 東岡山駅(岡山県岡山市)
8 岡山駅(岡山県岡山市)
9 茶屋町駅(岡山県倉敷市)
10 宇野駅(岡山県玉野市)
11 備中高松駅(岡山県岡山市)
12 総社駅(岡山県総社市)
13 倉敷駅(岡山県倉敷市)
14 三菱自工前駅(岡山県倉敷市)



岡山県旅行の入場券

こちらは、この旅行で購入できた子供用の入場券です。時間の関係で購入できなかった駅もありました。




旅行の詳細は次回の記事で紹介します(^O^)

えもん(2015年4月)

暖かくなったり寒くなったりしているので、外出する際などの服装選びに難儀しています(^_^;) 体調管理にも注意しなければいけないので大変ですね…



えもん144

えもん145

ここ最近また冷え込んできたので、えもんの抜け毛が落ち着いてきました。また暑くなると抜け出すと思うので、本格的にブラッシングをするのは今月末になると思います。



えもん146

カメラを構えたら首を傾げていました(*゚▽゚*)

高野山に行きました。

4月4日(土)、和歌山県高野町の高野山に行きました。ここは、1000m前後の山々に囲まれた標高約800mの平坦地(盆地)に広がる大規模な宗教都市で、金剛峯寺をはじめ100以上の寺院が密集しています。


2015年4月2日(木)から5月21日(木)までの50日間、高野山開創1200年記念大法会が営まれています。また、この大法会期間中に限り、金剛峯寺の本尊「弘法大師像」と金堂の本尊「薬師如来像」が御開帳されています。




高野山01

高野山真言宗の総本山「金剛峯寺」です。元々、高野山にある塔頭(たっちゅう)寺院の総称として金剛峯寺という名が使われており、この寺院自体は「清巌寺」と呼ばれていたようです。その後、1869年に興山寺と合併して寺号を金剛峯寺とし、真言宗の総本山となったようです。



高野山02

山門を潜ると、正面に重要な法会が行われる大広間があります。その奥には「持仏の間」があり、弘法大師像が安置されています。



高野山03

金剛峯寺にある日本最大級の石庭「蟠龍庭」です。白砂は雲海、石は龍を表しています。蟠龍(ばんりゅう)とは、天に昇らずに地上でとぐろを巻いて潜んでいる龍のことを言います。



高野山06

金剛峯寺の正面から、金堂や根本大塔がある壇上伽藍に続く参道です。入口には「大伽藍」と書かれています。



高野山07

壇上伽藍の入口に建っている中門です。この門は1843年の火災で焼失しましたが、開創1200年記念大法会の一環で今年再建されたようです。門の両脇には、西塔に仮安置されていた持国天多聞天が再び安置された他、新たに広目天増長天も安置されることになったため、中門に四天王像が揃うようになりました。



高野山08

中門を潜った先に建っている金堂です。創建当時は「講堂」と呼ばれていたようで、壇上伽藍で最初に建立されたものです。金堂内には本尊である薬師如来像の他、金剛薩埵坐像、金剛王菩薩坐像、不動明王坐像、降三世明王立像、普賢延命菩薩坐像、虚空蔵菩薩坐像が安置されています。



高野山09

金堂の隣に建っている根本大塔です。塔の内部や荘厳が真言密教の根本理念を表していることから、「根本大塔」と呼ばれているようです。中門同様、この塔も1843年の火災で焼失しましたが、1937年に再建されたようです。塔内部の中央に胎蔵大日如来像、その四方に金剛界四仏が安置されています。




こうやくん

高野山のご当地キャラクター「こうやくん」です。金剛峯寺内に居たので、一緒に記念撮影しました。



この日は時間の関係上、金剛峯寺と壇上伽藍の一部しか見れませんでした。他にも見たい場所が沢山あるので、時間を割いて再度行こうかと思います。

桜の花と桜井線

桜の花が満開になり、見頃を迎えています。




巻向駅桜1

巻向駅桜2

西日本旅客鉄道(JR西日本)桜井線(万葉まほろば線)巻向駅(奈良県桜井市)ホーム脇に植えてある桜の花も満開となっていました。




桜井線柳本駅

こちらは、柳本駅(奈良県天理市)を発車した奈良行き列車と桜の2ショットです。天気が良かったので、花見の準備をしている人もおられました。

飲み会と某氏のお土産

3月30日(月)、某氏達と梅田で飲みました。平日だったにも関わらず、集合時間より早く集まっている人が結構居たので、一次会が二次会みたいになっていました(^_^;) 全員集合した後、場所を変えて飲み直しました。




飲み会の後は、カラオケに行ってラブライブ!の歌を熱唱しました。次の日喉が痛かったですけど、元気良く歌えたので良かったです。ただ、歌を把握しきれていなかった曲もあったので、次回までにマスターしておこうかと考えています。





花咲くいろはカレー

こちらは、某氏が北陸に行ってきた際に買ってきてくれた、人気アニメ「花咲くいろは」とコラボした金沢カレーです(*´∀`) 他にも、日本酒のゼリーも頂きました(・∀・) ありがとうございます!






看板娘とカレー

看板娘も喜んでいるようです。笑った顔が宮藤芳佳そっくりですね(^_^;)
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR