神戸の中華街

神戸中華街1

11月29日(日)、某氏と神戸の中華街に行きました。仕事で神戸へ行くことになったので、当初は有馬温泉に寄って帰ろうと思い、何度か赴いている某氏に勧誘も含めて相談してみました。すると、有馬温泉への道は渋滞するし日帰りより泊まり方が良いからオススメしないとのことだったので、行き先を中華街に変更しました。神戸市街地からだと大阪へ帰りやすいですし、中華街にも行きたかったので丁度良かったです(´∀`) ナイスアドバイス!



神戸中華街2

某氏と元町駅で集合し、嘉鴻(カホン)という店で昼食を摂りました。写真は、注文した日替わりランチです。鶏の唐揚げ(数種類のメニューから選択)に春巻き、ふかひれスープ、麻婆豆腐等が付いたメニューとなっており、値段も880円とお手軽です。どれも美味しかったのでオススメですね!



神戸中華街3

こちらは、屋台で売っている小龍包です。もっちりとした皮の中に肉汁たっぷりの具が入っているので、一度皮に穴を開けて肉汁を啜ってから食べると良いと某氏が言っていました。特製タレとの相性抜群で、何個でも食べれる美味しさです。こちらも中華街へ行ったら食べておきたい一品ですね!



神戸中華街4

神戸中華街5

最後に、デザートとして桃氷マンゴー氷を食べました。凍らしたフルーツを丸ごとスライスしてシロップと練乳をかけたもので、フルーツの好きな人なら満足できる贅沢な一品となっています。そのため、値段も500円と結構します(^_^;) 美味しかったですが、この季節にカキ氷2つは流石に身体が冷えるのでキツかったです… 因みに、上記の2品の他にもメロンや苺、パイナップルもあったので、次回はそちらを食べようかと思います。



急な誘いだったにも関わらず、付き合ってくれた某氏ありがとさんです!
スポンサーサイト

京浜運河の日の出

運河と日の出

暗闇の京浜工業地帯が薄らと明るくなり、ようやく太陽が昇ってきました。冬至が近いこの時期、日の出より早い時間に列車に乗って工場へ向かう通勤客の姿が印象的でした。

北陸新幹線のグランクラス

11月18日(水)・19日(木)、研修で神奈川県横浜市に行きました。今回は、復路で利用した北陸新幹線について書こうと思います。





東京駅丸の内口

東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線に乗り、東京都千代田区の東京駅へ向いました。



北陸新幹線はくたか1

東京駅20番線に停車している、北陸新幹線E7系はくたか号です。東北新幹線E5系同様、この車両にもグランクラス(12号車:金沢駅寄り1両目)が導入されています。折角なので、グランクラスに乗って帰ることにしました。



北陸新幹線グランクラス1

E7系のグランクラスのデッキには赤色を基調とした和風の飾り柱が設置されており、乗車した瞬間から特別な空間を味わえる造りとなっています。デッキにはトイレの他、グランクラス利用者専用に数社の新聞が設置されており、好きな時に座席で読むことが出来ます。



北陸新幹線グランクラス2

E7系のグランクラスの車内です。E5系と同じ1列+2列配置で、定員は18名となっています。高額な料金設定にも関わらず人気があるようで、当列車も大宮駅で満席となりました。因みに、今回のように始発の東京駅から終着の金沢駅までグランクラスを利用した場合、料金は26,970円(内訳:乗車料金7,340円特急料金6,260円グランクラス料金13,370円)かかります。



北陸新幹線グランクラス3

E7系のグランクラスの座席です。シートピッチ(座席間隔)は130cm、シート幅は52cmもあり、2015年現在走っている一般旅客向け車両の中で最大級のものとなっています。座席のリクライニングは勿論、レッグレストや上下可動式の枕、読書灯、コンセントなども備えられています。リクライニングやレッグレストは電動式となっており、肘掛に設置してある操作ボタンで好みの角度に設定出来るようになっています。



北陸新幹線グランクラス4

和軽食の北陸新幹線東京編とヱビスビールです。下り列車の場合、上野駅発車後にグランクラス専用アテンダントの挨拶があり、軽食とドリンクの提供が開始されます。軽食は和食と洋食の2種類あり、どちらか1つを選択して食べることが出来ます。軽食は季節によって異なるものが提供されており、さらに和軽食は上り列車と下り列車で異なったメニューとなっているようです。



北陸新幹線グランクラス5

北陸新幹線グランクラス6

グランクラスでは先述の軽食の他、おつまみ(上の写真)とお菓子(下の写真)も1つずつ提供されます。今回のお菓子は、信州産の林檎と胡桃を使用したパウンドケーキでした。ドリンクはおかわり自由なので、飲み終えたら気兼ねなく頼めます。また、ドリンクの種類も写真のビールや珈琲の他、ワイン、日本酒、アップルジュース、ダイエットコーラ、烏龍茶など豊富に揃えられています。



北陸新幹線はくたか2

快適な座席やサービスを堪能すること約3時間、石川県金沢市の金沢駅に到着しました。途中、うたた寝してしまったこともあり、結構早く感じました(^_^;)



北陸本線サンダーバード

金沢駅で特急サンダーバード号に乗り換え、大阪駅へ帰りました。





復路は料金のかかる遠回りの旅になりましたが、贅沢なグランクラスを堪能できたので良かったです(´∀`) 季節によって軽食のメニューが変わるとのことなので、機会があればまた乗りたいですね☆

横浜に行きました。

11月18日(水)・19日(木)、研修で神奈川県横浜市に行きました。同窓会みたいな感じだったので楽しかったです。





富士山2015.11.18

この日は雨の予報でしたが、昼過ぎくらいまで晴れてくれたので助かりました。霧で霞んだ富士山も見れました(^O^)


友人と横浜駅で合流した後、東日本旅客鉄道鶴見線海芝浦駅へ行きました。詳細は後日書こうと思います。





横浜中華街1

昼食は横浜市中区にある中華街で摂ることにしました。横浜の中華街は東アジア最大級の中華街と言われており、この日も多くの観光客で賑わっていました。



横浜中華街2

前泊していた他の友人達も中華街に来ていたので、一緒に昼食を摂りました。友人がLINEにこの店の写真を載せていたので、探し易かったです。便利な世の中になったものですね(´∀`)



横浜中華街3

肉厚のチャーシューがクセになるチャーシュー丼です。この一品で結構お腹が膨れました(^_^;)



横浜中華街4

具がたっぷり入った餃子です。予想以上に大きかったので驚きました。



横浜中華街5

デザートで食べた杏仁マンゴープリンです。


この他、友人が頼んでいた小龍包や麻婆豆腐、エビ春巻、チャーハンなども少しずつ食べました。いずれも美味しかったです。食べ歩きという印象が強い中華街ですが、店に入ってゆっくり食べてみるのも良いものですね(´▽`)


昼食後、中華街周辺を散歩しました。





港の見える丘1

中華街の近くに港の見える丘公園があったので行ってみました。ここに至るまでの坂道が結構急だったので、キツかったです(^_^;)



港の見える丘2

展望台から横浜港横浜ベイブリッジが見えます。ここで記念写真を撮った後、研修会場へ向かいました。





屋形船

研修会後の夕食兼懇親会は、横浜港を一周する屋形船で行いました。



横浜港夜景

夕方から雨が降っていましたが、横浜の綺麗な夜景を見れたので良かったです☆ 船に乗りながら飲むので悪酔いするかと心配でしたが、それほど揺れなかったので気になりませんでした。屋形船にはカラオケもあったので盛り上がりました。


屋形船の後は横浜の街に行き、日付が変わるくらいまで飲みました。



19日(木)は、北陸新幹線経由で帰りました。



次回へ続きます。

えもん(2015年11月)

えもん171

気候が10月並に戻っているため、日中を中心に気温の高い日が続いています。実家のえもんも抜け毛こそしていませんが、日向では暑そうにしています(^_^;)



えもん172

少し前まで声をかけても気づきませんでしたが、最近は呼んだら反応するようになりました(^O^) 食事の際の「待て」や「よし」が聞こえるようになっていたので良かったです(´∀`)

飲み会とμ'sねんどろいど

11月14日(土)、毎度お馴染みのメンバーで飲みました。今回は滋賀県在住の某P氏も来たので、盛大な宴会となりました。最後にカラオケに行きましたが、終電の都合上1時間しか出来なかったので、後半急からしくなってしまいました… 次回はたっぷりと歌いたいですね☆



先日、ヨドバシカメラで人気アニメ「ラブライブ!School idol project」のねんどろいどが売っていたので買いました。先日の買い物でμ'sのメンバー全員が揃いました。

μ's(ミューズ)は、架空の高校「国立音ノ木坂学院」に通う、後述の女子生徒9人によって結成されたアイドルグループの名称です。



μsねんどろいど

上段(3年生)
⑧ 東條希(CV:楠田亜衣奈さん)……lily white
⑨ 綾瀬絵里(CV:南條愛乃さん)……BiBi
⑦ 矢澤にこ(CV:徳井青空さん)……BiBi にこりんばな

中段(2年生)
③ 園田海未(CV:三森すずこさん)……lily white
① 高坂穂乃果(CV:新田恵海さん)……Printemps
② 南ことり(CV:内田彩さん)……Printemps

下段(1年生)
⑤ 星空凛(CV:飯田里穂さん)……lily white にこりんばな
⑥ 小泉花陽(CV:久保ユリカさん)……Printemps にこりんばな
④ 西木野真姫(CV:Pileさん)……BiBi

番号は点呼の順番を示します。また、名称の右側には所属ユニットを記載しています。


基本的にμ'sメンバー9人で活動していますが、3人ずつで構成された上記のユニット4組もあり、各ユニット単独で活動することもあります。

冬に向けて

紅葉

朝晩を中心に寒い日が多くなり、周辺の木の葉も紅くなってきました。今年こそは紅葉を背景に列車の写真を撮りたいですね!


今年から禁断のアイテム「炬燵」を導入することとなり、ぐうたら生活がより一層ひどくなりそうです(ノ≧ڡ≦) 炬燵で温もりながら食べる蜜柑は格別に美味しいので、箱買いしようか悩んでます(^_^;)

特急しまかぜに乗って伊勢志摩へ

特急しまかぜ1

11月4日(水)・5日(木)、研修旅行で三重県の伊勢・志摩に行きました。以前から乗りたかった近鉄特急しまかぜで向かうことが出来たので良かったです。



特急しまかぜ2

特急しまかぜはデラックスシートと同じ1列+2列構成で、座席は本革を使用したプレミアムシートとなっています。座席間隔は私鉄特急最大の125cmもあり、快適さをとことん追求した贅沢な造りとなっています。



特急しまかぜ3

特急しまかぜの3号車は2階建てのカフェ車両で、1階がソファー席、2階がカウンター席(写真)となっています。



特急しまかぜ4

カフェ車両にはモニターが設置されており、運転席からの景色とスピードが表示されます。



近鉄大阪線沿線

特急しまかぜ5

カフェ車両で販売されている松阪牛カレーを食べながら、しばらく2階席からの景色を楽しみました。



伊勢市駅

大阪難波駅を出発してから約1時間35分、目的地の伊勢市駅に到着しました。プレミアムシートの心地よさのお陰で一瞬に感じました。次回乗るなら終点の賢島駅まで行ったほうが断然良いですね!





伊勢神宮(内宮)1

伊勢市駅からタクシーに乗り、伊勢神宮へ行きました。写真は内宮入口に当たる宇治橋です。



伊勢神宮(内宮)2

伊勢神宮(内宮)3

皇大神宮と荒祭宮にお参りをしました。平日だったにも関わらず、多くの参拝客で賑わっていました。境内は広く、参拝するには結構時間がかかりました。



おかげ横丁2

おかげ横丁1

参拝後、伊勢神宮参道にあるおかげ横丁を散策しました。この通り沿いに伊勢名物の赤福餅を発売している赤福の本店がありました。



横丁そば

昼食は、あられをトッピングした横丁そばにしました。牛肉のチャーシューと牛骨スープの美味しい一品です。





鳥羽ビューホテル花真珠1

鳥羽ビューホテル花真珠2

三重県鳥羽市にある鳥羽ビューホテル花真珠で宿泊しました。名称にもあるように鳥羽湾を一望できるホテルとなっています。



鳥羽ビューホテル花真珠3

チェックインして部屋に入ると、仲居さんが到着のお茶を用意してくれます。お茶を飲んで、しばらく寛いでから露天風呂に入りました。



鳥羽ビューホテル花真珠4

豪華な夕食を堪能した後、再び露天風呂に入って部屋飲みをして寝ました。





松阪牛

翌日はチェックアウト時刻ギリギリまで部屋でゴロゴロし、昼食の松阪牛を食べました。写真は松阪牛ヒレ肉の炭火焼です。味付けはタレの他、塩コショウもありました。炭火焼きなので肉の臭みが消え、非常に美味しかったです。





特急ビスタカー1

特急ビスタカー2

昼食後、鳥羽駅からビスタカーの2階席に乗って帰りました。




この二日間、殆ど寝て食べての繰り返しでした(´▽`) 往路で利用した特急しまかぜは特に印象的だったので、もう一度乗ってみたいと思いました。

追憶の381系こうのとり

381系こうのとり1

先月末に運行を終了した381系特急こうのとり号です。写真は、天気が良かった日に兵庫県伊丹市の伊丹駅で撮影したものです。シャッターを切るのが若干遅れたため、架線柱の影が写ってしまいました(^_^;) 運行終了間際の晴天だったにも関わらず、この日の撮影者は少なかったです。



381系こうのとり2

東海道本線(JR神戸線)の有名撮影地、大阪市淀川区の塚本駅でも撮影しました。流石に当駅での撮影者は多かったですが、塚本駅のホーム幅は広いので、ある程度の人数なら難なく撮影できます。



今更ですが、景色の良い場所でも撮影したかったですね。

山梨県への往路

山梨県往路01

10月30日(金)、東海道本線湖西線北陸本線北陸新幹線小海線中央本線の各路線を乗り継いで山梨県へ行きました。大阪市北区の大阪駅から特急サンダーバード号に乗り、石川県金沢市の金沢駅へ向かいました。





山梨県往路02

山梨県往路03

金沢駅北陸新幹線のE7系はくたか号(上の写真)に乗り換えて長野県長野市の長野駅へ向かい、E2系あさま号(下の写真)に乗り換えて長野県佐久市の佐久平駅へ向かいました。





佐久平駅1

佐久平駅は、東日本旅客鉄道(JR東日本)北陸新幹線小海線の接続駅です。北陸新幹線のホームが地平にあり、その上を小海線の高架ホームが跨いでいる珍しい構造となっています。写真は南側にある蓼科(たてしな)口です。



佐久平駅2

佐久平駅の新幹線ホームは相対式2面2線の構造となっています。通過線が無いので、ホームドアが設置されています。1997年の開業時から発車メロディー(JR-SH1-3)が導入されています。



佐久平駅3

佐久平駅の小海線乗り場は、南北自由通路にある自動券売機脇の連絡通路の先にあります。新幹線の改札内と直接繋がっていないため、乗り換える際は必ず改札口を通ることになります。



佐久平駅4

小海線ホームは単式1面1線の高架構造で、先述の通り新幹線を跨ぐ形となっています。ホーム幅が狭いので、連絡通路に待合用のベンチが設置されています。



山梨県往路04

佐久平駅から小海線(八ヶ岳高原線)に乗り、長野県小諸市の小諸駅へ向かいました。写真は、小海線で活躍しているハイブリット車両「キハE200形」(後述)のイメージキャラクター「ぶりっと」です。





小諸駅1

佐久平駅を出てから15分程で小諸駅に到着しました。東日本旅客鉄道小海線しなの鉄道しなの鉄道線の接続駅で、しなの鉄道が駅の業務を管轄しています。



小諸駅2

小諸駅は単式ホーム1面と島式ホーム2面の複合型3面5線構造となっています。左側の単式ホーム(1番線)と中央の島式ホーム(2・3番線)がしなの鉄道線のりば、右側の島式ホーム(4・5番線)が小海線のりばとなっています。情報によると、しなの鉄道線のりばには発車メロディー(JR-SH2-3)が導入されている筈ですが、訪れた時は普通の発車ベルが流れていました。



あの夏で待ってる

小諸市は人気アニメ「あの夏で待ってる」の舞台になっているので、駅待合室や観光案内所等にパネルやポスターが設置されています。次の列車の発車時刻まで間があったので、小諸駅周辺を散策してみました。





山梨県往路06

小諸駅付近にある小諸城の大手門です。仙石秀久が築いた1612年の姿に再現されたもので、重要文化財に指定されています。



山梨県往路05

小諸城址「懐古園」の入口に当たる三の門も、重要文化財に指定されています。先述のアニメ「あの夏で待ってる」に懐古園も出てくるようで、駅待合室に置かれていたものと同じパネルがありました。





山梨県往路07

小諸駅から再び小海線(八ヶ岳高原線)に乗り、山梨県北杜(ほくと)市の小淵沢駅へ向かいました。




山梨県往路08

小海線は小諸駅を出てから暫く、浅間山を背に佐久盆地を走っていきます。



山梨県往路09

長野県佐久穂町の羽黒下駅で、小海線ハイブリット車両「キハE200形」と行き違いをしました。



山梨県往路10

長野県南牧村の佐久広瀬駅に停車中の写真です。紅葉が見頃を迎えており、とても綺麗でした。



山梨県往路11

長野駅南牧村の野辺山駅は標高1,345mにあり、日本の普通鉄道の駅で最も高い位置にあります。また、当駅と山梨県北杜市の清里駅との間には、JRグループの最高標高地点(1,375m)があります。





小淵沢駅

小諸駅を出てから2時間20分の行程を経て、小淵沢駅に到着しました。東日本旅客鉄道中央本線小海線との接続駅で、約半数の特急スーパーあずさ号と上り1本を除く全ての特急あずさ号が停車します。



山梨県往路12

小淵沢駅で中央本線の普通列車に乗り換え、最終目的地である山梨県甲府市の甲府駅へ向かいました。





宿泊するホテルにチェックインした後、友人達と合流して一緒に食事をしました。久しぶりに会う友人も居たので、とても楽しかったです。

山梨県に行きました。

山梨1

街中がハロウィンイベントで盛り上がっていた10月31日(土)、友人の結婚式で山梨県山梨市に行ってきました。午前中にスーパー銭湯で入浴とマッサージをし、午後から受付を担当しました。人数が多くて大変でしたが、友人の助けもあって滞りなく進行できたので良かったです(´∀`)



山梨2

山梨3

結婚式の会場が高台にあったので、とても景色が良かったです。ここからの夜景は、新日本三大夜景に選ばれているそうです。


新郎・新婦共に良い人柄なので、前夜祭から大盛り上がりでした(^O^) 今回は二次会まで参加できなかったので、後日ゆっくり訪問したいと思います。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR