生駒鋼索線(生駒ケーブル)

生駒駅2

7月22日(金)、スルッとKANSAI3dayチケットを使って近畿日本鉄道生駒鋼索線(生駒ケーブル)に乗りました。写真の近畿日本鉄道けいはんな線に乗って生駒駅へ向かいました。




生駒駅1

奈良県生駒市の生駒駅です。当駅は、近畿日本鉄道奈良線生駒線けいはんな線が接続している交通の要衝で、特急を含む全ての列車が停車します。また、生駒鋼索線にも乗り換えることが出来ます。



鳥居前駅1

生駒駅と連絡通路で結ばれている鳥居前駅です。建物の2階が生駒鋼索線の改札口とホームで、1階は交番となっています。生駒鋼索線に自動改札機は導入されていませんが、改札口でスルッとKANSAI3dayチケットを提示すると乗ることが出来ます。



鳥居前駅2

鳥居前駅は、櫛形ホーム3面2線構造となっています。基本的に、左側の1番線に発着する宝山寺1号線が運行されていますが、多客期や宝山寺1号線の点検日には右側の2番線に発着する宝山寺2号線も運行されるようです。



生駒鋼索線1

生駒鋼索線宝山寺線(鳥居前駅~宝山寺駅間)は複線構造に見えますが、先述の通り、宝山寺1号線宝山寺2号線の線路が並んでいる単線並列形態となっています。



生駒鋼索線2

鋼索鉄道(ケーブルカー)の多くは、交走式(つるべ式)と呼ばれる方式で運行されています。その名の通り、井戸の釣る瓶のように1本の長いケーブルの両端に車両を繋ぎ、一方の車両を引き上げると、もう一方の車両が降りてくる仕組みとなっています。そのため、中間地点には上行する車両下行する車両がぶつからないための行き違い設備があります。




宝山寺駅1

奈良県生駒市の宝山寺駅です。当駅は、生駒鋼索線宝山寺線山上線が接続しています。駅名の由来となっている真言律宗の大本山「宝山寺」は、南西方向へ徒歩約10分の所にあります。



宝山寺駅2

宝山寺駅3

宝山寺駅の宝山寺線のりばは櫛形ホーム3面2線構造、山上線のりばは頭端式ホーム2面1線構造となっています。互いのホームは改札口を隔てて設置されています。




生駒鋼索線3

生駒鋼索線4

生駒鋼索線山上線(宝山寺駅~生駒山上駅間)は、単線構造となっています。先述の宝山寺線同様、この路線も交走式で運行されているので、中間地点に行き違い設備があります。写真は、宝山寺奥の院最寄りの梅屋敷駅です。




生駒山上駅1

生駒山上駅2

奈良県生駒市の生駒山上駅です。当駅も、宝山寺駅と同じ頭端式ホーム2面1線構造となっています。山上線は40分間隔で運行されているので、折り返し便の発車時刻まで駅周辺を散策してみました。



生駒山上遊園地1

生駒山上駅は生駒山上遊園地と直結しており、遊園地以外の場所へ行くにも必ず園内を通ることになります。以前はゲートがあって入園料が発生していたそうですが、今は撤去されて無料で入ることが出来ます。



生駒山上遊園地2

生駒山上遊園地の敷地内からは、大阪市街地が一望できます。ただ、晴天だったものの霞んでいたため、綺麗な景色は見れませんでした(^_^;)



生駒鋼索線を乗り通した後、近畿日本鉄道生駒線に乗りました。
スポンサーサイト

えもん(2016年8月)

例年の如く、8月の激務に連日の猛暑で疲労困憊です(+_+) 今年は夏バテで苦しみましたが、何とか乗り切れたので良かったです(^_^;) これからは無理をせず、ストレスを溜めないように努めていきたいと思います。




えもん191

久し振りに実家へ戻れたので、柴犬えもんの様子を見て来ました。ようやく生え変わりが終わり、スッキリとした佇まいとなっています。この猛暑で大変だったようですが、食欲もあって元気そうだったので何よりです(^O^) 今回はあまり触れ合えませんでしたが、散歩はキチンと出来たので良かったです(^^)

淡輪駅と泉北高速鉄道線

和歌山市駅5

7月19日(火)、南海電気鉄道和歌山港線に乗った後、和歌山市駅で遅めの昼食を摂りました。日没まで時間があったので、南海本線普通(各駅停車)に乗って淡輪駅へ行きました。




淡輪駅1

大阪府岬町の淡輪(たんのわ)駅です。大正時代に造られた洋風の木造駅舎が現役で使われています。せんなん里海公園の最寄り駅で、夏季限定の臨時バスが発着しています。往路で通り過ぎた際、独特な形の駅舎が印象に残っていたので、帰りに寄ってみようと考えていました。



淡輪駅2

淡輪駅は相対式ホーム2面2線の構造で、互いのホームは地下通路で結ばれています。南海本線では下り(和歌山市方面)ホームから順に1番線、2番線と付けられているため、駅舎側のホームが2番線(なんば方面のりば)、反対側のホームが1番線(和歌山市方面のりば)となっています。




天下茶屋駅1

天下茶屋駅2

淡輪駅を訪問した後、泉北高速鉄道泉北高速鉄道線に乗りました。南海本線普通特急サザンを乗り継いで大阪市西成区の天下茶屋駅へ行き、高野線(泉北高速鉄道線直通)の列車に乗り換えました。写真は、天下茶屋駅に入線する泉北高速鉄道7000系電車の準急行和泉中央行きです。




泉北高速鉄道線1

天下茶屋駅から暫く南海電気鉄道高野線を走り、堺市北区の中百舌鳥(なかもず)駅の先から泉北高速鉄道線に入ります。写真の地下トンネル(中百舌鳥トンネル)に入って高野線の上り線を潜り、この先の白鷺公園内で再び地上に出ます。



泉北高速鉄道線2

泉北高速鉄道線は先述の中百舌鳥トンネルを出た後、一気に勾配を駆け上がって高架線になります。堺市中区の深井駅を出ると、泉北1号線(大阪府道34号堺狭山線・大阪府道38号富田林泉大津線)が線路を挟む形で現れ、終点の和泉中央駅まで並走します。写真は、堺市南区の栂・美木多駅光明池駅の間です。




和泉中央駅1

和泉中央駅2

大阪府和泉市の和泉中央駅です。島式ホーム1面2線の構造で、さらに外側には引き上げ線も敷かれています。当駅は地上駅ですが、ホーム全体が橋上駅舎に覆われているため、地下駅のような印象を受けます。



和泉中央駅3

2016年現在、和泉中央駅が泉北高速鉄道線の終点ですが、将来岸和田市方面へ延伸できるように用地が確保されています。ただ、今のところ目立った動きはありません。



今回の旅で、今まで乗ったことのない様々な路線に乗れたので、とても充実した1日となりました。

世界には愛しかないんだ!

世界には愛しかない1

8月10日(水)、人気アイドルグループ「欅坂46」のセカンドシングル「世界には愛しかない」が発売されたので、同日ヨドバシカメラで購入しました。前回発売された「サイレントマジョリティー」同様、こちらも通常盤の他、Music Video等が収録されているDVD付きの初回仕様限定盤も用意されています。

初回仕様限定盤は、センターの平手友梨奈さんが表紙のType-A(左上)、フロントメンバー(センターを除く)の今泉佑唯さん、志田愛佳さん、渡辺梨加さん、渡邉理佐さんが表紙のType-B(右上)、小林由依さん、菅井友香さん、鈴本美愉さん、長濱ねるさん、土生瑞穂さん、守屋茜さんが表紙のType-C(左下)の計3種類あります。また、それぞれ欅坂46メンバー21名の生写真のいずれか1枚が同封されています。以下、それぞれ入っていた写真を紹介します。





世界には愛しかない2

「世界には愛しかない」初回仕様限定盤Type-Aには、小林由依さんの写真が入っていました。歌唱力が高く、ギターやアルトサックスなどの楽器演奏も得意ということで、イベントでは弾き語りなども披露されています。メンバー内では一番美脚ということでも知られています。



世界には愛しかない3

「世界には愛しかない」初回仕様限定盤Type-Bには、今泉佑唯さんの生写真が入っていました。歌唱力が高いため、先述の小林由依さんとのユニット「ゆいちゃんず」としても活動されています。仕事で家を出ても、すぐに恋しくなって帰りたくなるほど家族が大好きだと番組で明かしています。



世界には愛しかない4

「世界には愛しかない」初回仕様限定盤Type-Cには、渡辺梨加さんの生写真が入っていました。ピアノ演奏が出来ることから、合唱コンクールではピアノ伴奏を任されていたそうです。欅坂46の最年長ですが色々と抜けていることが多く、番組内の企画で初代ポンコツ女王に選ばれていました。

南海の支線巡り④(和歌山港線)

加太駅4

加太駅から加太線の列車に乗り、和歌山市駅へ向かいました。




和歌山市駅1

和歌山市駅2

和歌山県和歌山市の和歌山市駅です。当駅は、南海電気鉄道南海本線和歌山港線西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線が接続しています。また、先程乗った加太線も当駅まで乗り入れています。JR西日本和歌山駅と区別するため、地元では当駅を「市駅」と呼んでいるようです。



和歌山市駅3

和歌山市駅4

和歌山市駅の7番線から発車する和歌山港線の列車に乗りました。和歌山港線は、南海フェリーが運航している「南海四国ライン」(和歌山港~徳島港)との接続を考慮したダイヤとなっています。発着本数が少ないので、予め時刻を確認しておかないと大変なことになります(-_-;)




和歌山港線1

和歌山港線2

和歌山港線は、電化された単線構造となっています。全長2.8kmで途中駅も無いため、所要時間は5分も有りません。他の路線と比べて線路内の雑草が目立ちました(^_^;) 車窓に和歌山港が見えてきたら、終点の和歌山港駅に到着です。




和歌山港駅1

和歌山県和歌山市の和歌山港駅です。先述の通り、「南海四国ライン」との接続駅となっており、南海フェリーのりばとは連絡通路で結ばれています。当駅は無人駅ですが、列車発着時には南海フェリーの係員が改札口で待機して、乗り換え案内等を行っていました。



和歌山港駅2

和歌山港駅は、島式ホーム1面2線構造となっています。一部の特急サザンも乗り入れているため、ホームは8両編成分あります。



和歌山港駅3

和歌山港駅のコンコースには、南海フェリーのオリジナルキャラクター「阿波野まい」(左)と「高野きらら」(右)が描かれたポスターが貼られていました。



折り返しの和歌山市行に乗り、和歌山市駅で遅めの昼食を摂りました。日没まで時間があったので、泉北高速鉄道線にも乗ってみました。

南海の支線巡り③(加太線)

みさき公園駅4

南海電気鉄道多奈川線を乗車した後、みさき公園駅から南海本線普通(各駅停車)に乗って紀ノ川駅へ向かいました。写真は、みさき公園駅を発車した特急サザンです。




紀ノ川駅1

和歌山県和歌山市の紀ノ川駅です。当駅は、南海電気鉄道南海本線加太(かだ)線が接続しています。ただ、優等列車の特急サザン急行は当駅を通過するため、難波方面から加太線へ乗り継ぐ人(逆も然り)は、隣の和歌山市駅で乗り換えることが多いようです。



紀ノ川駅2

紀ノ川駅3

紀ノ川駅は、相対式ホーム2面2線構造となっています。ホームの難波寄りには、南海本線加太線の分岐があります。直進方向へ伸びている線路が南海本線、左側へ曲がっている線路が加太線です。



紀ノ川駅4

紀ノ川駅の2番線に入線する加太行に乗りました。加太線の起点は紀ノ川駅ですが、加太線を走る全列車が南海本線へ乗り入れて和歌山市駅まで運行されているため、紀ノ川駅始発・終着の列車は1本も設定されていません。




加太線1

加太線2

加太線は電化された単線構造で、路線の大半が住宅地の間を縫うように走っています。下の写真は磯ノ浦駅加太駅の間で、太平洋磯の浦公園(磯の浦海水浴場)を望んだものです。




加太駅1

加太駅2

和歌山県和歌山市の加太駅です。当駅舎は多少修復されているものの、開業時からの姿を残しているので、大変貴重な建物と言えます。ホーム屋根の支柱には、古いレールが使用されています。



加太駅3

加太駅は、櫛形ホーム2面2線構造となっています。基本的に、当駅に発着する列車は駅舎と接している左側の1番線に入線するため、右側の2番線は殆ど使用されていません。



折り返し列車に乗って和歌山市駅へ行き、最終目的地の和歌山港駅へ向かいました。

南海の支線巡り②(多奈川線)

羽衣駅6

高師浜線を乗車した後、羽衣駅から再び南海本線の列車に乗って貝塚駅へ向かいました。貝塚駅で接続している水間鉄道水間線を往復した後(スルッとKANSAI非対応)、みさき公園駅へ向かいました。




南海線車窓

大阪府阪南市の尾崎駅を出ると、車窓には大阪湾が見えてきます。写真は、箱作駅淡輪駅の間にある「せんなん里海公園」です。




みさき公園駅1

大阪府岬町のみさき公園駅です。当駅は、南海電気鉄道南海本線多奈川線が接続しており、特急サザンを含む全ての列車が停車します。また、近畿の駅百選に選定されています。



みさき公園駅2

みさき公園駅3

みさき公園駅は、島式ホーム2面5線構造となっています。1番線が当駅始発の南海本線上り(なんば方面)のりばと南海本線下り(和歌山市方面)のりば、2番線が南海本線下りのりば、左側の3番線が南海本線上りのりば、3番線の切り欠き部にある4番線と5番線が多奈川線のりばとなっています。5番線から発車する多奈川行に乗りました。




多奈川線

多奈川線は、電化された単線構造となっています。ただ、複線分の用地があるので、以前は複線構造だったと思います。多奈川線の全長は2.6kmと短く、終点の多奈川駅までの所要時間は5分程度です。




多奈川駅1

多奈川駅2

大阪府岬町の多奈川駅です。頭端式ホーム2面1線の構造ですが、海側のホームには柵が設置されているため入れません。駅舎はホーム終点側に建てられています。



多奈川駅3

隣の深日港駅までの距離は500mしかなく、多奈川駅のホームから深日港駅のホームがよく見えます。深日港駅にも古風な駅舎が残っているので、立ち寄ればよかったと後悔しています(^_^;)



多奈川駅4

折り返し電車に乗ってみさき公園駅へ戻り、再び南海線の旅を続けました。

南海の支線巡り①(高師浜線)

難波駅

7月19日(火)、スルッとKANSAI3dayチケットを使って、南海線の支線巡り旅をしました。大阪市中央区の難波駅から南海線急行に乗り、羽衣駅へ向かいました。




羽衣駅1

大阪府高石市の羽衣駅です。当駅は、南海電気鉄道南海本線高師浜線西日本旅客鉄道阪和支線(羽衣線)が接続しています。急行・空港急行区間急行準急は停車しますが、特急サザン特急ラピートは通過します。



羽衣駅2

羽衣駅3

羽衣駅は高架化工事の真っ最中で、南海本線下り(和歌山市駅方面)のりばの1番線が高架ホーム、南海本線上り(難波駅方面)のりばの2番線と高師浜線のりばの3番線が地平ホームとなっています。



羽衣駅4

羽衣駅5

高師浜線のりばの3番線は、2番線ホームの和歌山市寄りの切り欠き部にあります。2番線のホーム幅が狭いため、難波行の急行到着前の混雑時は、3番線へ行くまで時間がかかります(-_-;)




高師浜線1

高師浜線2

高師浜線は、羽衣駅を出て直ぐに右へ曲がり高架線となります。全区間が電化された単線構造となっています。高師浜線の全長は1.5kmしかないので、羽衣駅を出て直ぐに終点の高師浜駅へ到着します。




高師浜駅1

高師浜駅2

大阪府高石市の高師浜駅です。単式ホーム1面1線の高架構造で、ホーム終点側の地上部に駅舎があります。ホームの高架化と同時に当駅舎は解体される予定でしたが、地元住民の意向により現存しています。



折り返し電車に乗って羽衣駅へ戻り、南海線の旅を続けました。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR