馬籠宿と天空の楽園

馬籠宿0

明知鉄道明知線に乗って恵那駅へ戻った後、岐阜県中津川市の馬籠宿(まごめじゅく)へ行きました。元々は長野県山口村にあったようですが、2005年の越境合併によって中津川市へ編入されたようです。




馬籠宿1

中山道(なかせんどう)の宿場町の一つである馬籠宿は、石畳の坂道に沿って造られた宿場で、比較的古い建物が残されています。この宿場町には、島崎藤村(しまざきとうそん)の生家跡にある文学館「藤村記念館」があります。景観が良く、多くの観光客で賑わっていました。



馬籠宿2

馬籠宿3

馬籠宿の坂道を登っていくと、見晴らしの良い展望台に着きます。ここから標高2,191mの恵那山が良く見えるそうですが、生憎雲がかかっていたので良く見えませんでした。





天空の楽園1

馬籠宿を散策した後、長野県阿智村にあるヘブンスそのはらへ行きました。ヘブンスそのはらへは、中央自動車道の園原インターチェンジ付近にある山麓駅「ステイションベガ」から富士見台高原ロープウェイに乗って向かいます。




天空の楽園2

天空の楽園3

富士見台高原ロープウェイは、標高約800mの山麓駅「ステイションベガ」と、標高約1,400mの山頂駅「ステイションデネブ」を約15分で結んでいます。道中、見晴らしの良い区間があるので、乗っていて気持ち良いです。



天空の楽園4

山頂駅「ステイションデネブ」に到着した頃は、良い感じに暗くなっていました。ここは、季節限定で日本一の星空ナイトツアーが行われており、この日のように天候に恵まれれば、思い出に残る満天の星空が堪能できます(^^♪

ヘブンスそのはらには天体望遠鏡も設置してあったので、土星を観察することが出来ました(^◇^) 土星の環は、約15周期で見え方が変化するそうです。今年は、土星の環が非常に見えやすい年らしいので、天体望遠鏡で観察することが出来ました( ^ω^ )



大阪では中々見れない綺麗な夜空を堪能できて良かったです(^^)/
スポンサーサイト

明知鉄道の寒天列車

先月、岐阜県恵那市と中津川市を走る明知鉄道明知線に乗りました。初めての利用だったので、車内で寒天料理が楽しめる寒天列車を予約してみました( ^ω^ )

当初、大阪駅から青春18きっぷを使って普通列車を乗り継いで行こうと考えていましたが、遅延によって予約している寒天列車に間に合わないという不安要素が多少あったので、難波駅から近鉄特急「アーバンライナー」に乗って名古屋駅へ向かうことにしました(^^;)




中央線

名古屋駅から東海旅客鉄道(以下、JR東海と表記)の中央本線で、目的地の恵那駅へ向かいました。乗車した列車は、313系8000番台電車の快速中津川行きです。以前は、座席指定制の快速「セントラルライナー」(乗車整理券310円が別途必要)として運用されていた車両なので、他の電車と比べて室内空間が豪華になっています。現在は、セントラルライナーが廃止されたので、乗車整理券なしで乗車できます(^^♪




恵那駅1

名古屋駅から快速列車に乗ること約1時間、岐阜県恵那市の恵那駅に到着しました。当駅は、JR東海の中央本線明知鉄道の明知線が接続しています。また、みどりの窓口や自動改札機などの設備があり、TOICA等のICカードも利用できます。



恵那駅2

先述のJR東海の恵那駅の隣に、明知鉄道の恵那駅があります。こちらにも窓口や有人改札がありますが、自動改札機等の設備はありません。また、明知線ではTOICA等のICカードが利用出来ません。

窓口で通行手形の一日乗車券を受け取り、ホームで寒天列車を待つことにしました。



明知鉄道1

12時10分頃、目的の急行大正ロマン号「寒天列車」が到着しました。寒天と書かれたヘッドマークが掲出されており、日本大正村のマスコット「ロマンちゃん」も描かれています(^◇^) この列車は2両編成で、明智寄りの1両は普通車(一般車両)、恵那よりの1両は食堂車(予約が必須)となっています。急行列車ですが、普通車(一般車両)は乗車券のみで利用できます。



明知鉄道3

食堂車に乗って指定された席に座ると、目の前には三段重ねの寒天弁当が用意されていました!(^^)! この車両にはアテンダントさんが乗務しており、料理の説明や車窓のガイドをしてくれます(^^) 予約者全員が揃うと、一口サイズのカップに入っているジュースで乾杯しました。



明知鉄道2

品数はありますが、殆どが寒天を使った料理なので、重くなくて食べやすかったです( ^ω^ ) 飲み物の持ち込みが許されているので、ビールを飲んでいる人も見受けられました。

起点の恵那駅から終点の明智駅まで、各駅に停車する普通列車の所要時間は約50分ですが、乗車した急行大正ロマン号の所要時間は53分と長くなっています。これは、車内で寒天料理をゆっくりと楽しんでもらうための時間設定だそうです。




明知鉄道4

寒天料理を食べながら、明知線の車窓を楽しみました。写真の飯羽間(いいばま)駅付近は、農村景観日本一に指定されているとアテンダントさんが言っていました(^◇^) 因みに、展望台は飯羽間駅から徒歩40分程と看板に書かれていました(^^;)



明智駅1

明知線の車窓を楽しんでいると、岐阜県恵那市の明智駅に到着しました。木造の駅舎内には窓口があり、切符の他に明知鉄道のグッズ等も販売されています。当駅は、中部の駅百選に選定されています。



大正村浪漫亭

折り返しの列車まで時間があったので、駅から徒歩数分の所にある大正村浪漫亭へ行きました。中では地元特産品などが売られており、観光客で混雑していました。駅周辺は日本大正村として整備されているようなので、機会があればゆっくりと巡ってみたいですね( ^ω^ )



明智駅2

明智駅で使用済み硬券乗車券セット(500円)を購入し、普通列車に乗って恵那駅へ戻りました。




今回初めて明知鉄道の寒天列車に乗りましたが、料理も美味しくて楽しめたので良かったです(^◇^) 季節によって料理の内容が変わるようなので、また乗ってみたいと思います(^^♪

高茶屋駅と一身田駅

先日、用事で三重県津市へ行ってきました。通過したことは何度かありますが、立ち寄ったのは初めてです。空いた時間を利用して、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢線高茶屋駅と一身田駅を見に行きました。





高茶屋駅

高茶屋駅1

高茶屋駅2

高茶屋駅は、古い木造駅舎が使われています。駅舎入口の頭上には、木製の駅名標が掲げられています。立派な駅舎にもかかわらず、自動券売機や窓口などがない無人駅となっています。



高茶屋駅3

高茶屋駅4

高茶屋駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造で、単式ホーム側に駅舎が建てられています。島式ホームの外側には、昔使われていた貨物用ホームの一部が残っています。





一身田駅

一身田駅1

一身田駅2

一身田駅も、古い木造駅舎が使われています。高茶屋駅同様、ここも駅舎入口の頭上に木製の駅名標が掲げられています。駅周辺の学校へ通う学生で通勤時間帯は混雑しますが、自動券売機や窓口などがない無人駅となっています。



一身田駅3

一身田駅は、相対式ホーム2面2線構造で、互いのホームは地下道で結ばれています。





上記の2駅は、以前から気になっていた駅だったので、今回タイミングよく巡れて良かったです( ^ω^ )

表紙が乃木坂46だったから…

ダ・ヴィンチ10月号×乃木坂46

月刊誌「ダ・ヴィンチ」の10月号は、人気アイドル「乃木坂46」特集だったので、初めて買いました。乃木坂46が結成されてから7年経ち、そのことを記念したインタビュー記事が載っています。

9月22日(金)には、乃木坂46出演の映画「あさひなぐ」が公開されるので、観に行きたいですね( ^ω^ ) 因みに、主題歌は乃木坂46の19thシングル「いつかできるから今日できる」です。

小浜線を乗り通す

青春18きっぷを使い、福知山駅から西日本旅客鉄道(以下、JR西日本と表記)山陰本線舞鶴線小浜線を乗り継ぎました。小浜線を乗り通す際、加斗駅(前回の記事で紹介)や若狭本郷駅に立ち寄りました。





若狭本郷駅1

若狭本郷駅2

加斗駅から上り列車に乗ること約5分、福井県おおい町の若狭本郷駅に到着しました。立派な駅舎が建てられており、駅舎内には待合室やみどりの窓口も設置されています。当駅は、相対式ホーム2面2線構造となっています。



若狭本郷駅3

若狭本郷駅前から地下道を使って駅の反対側へ行くと、観光施設「情報交差点ぽーたる」があります。その建物の脇には、アメリカ合衆国から輸入された蒸気機関車7100形「義経号」のレプリカが展示されています。



青戸の大橋

若狭本郷駅から徒歩数分の所に架かっている、青戸の大橋です。先程乗った列車から見え、駅から近そうだったので行ってみました。この橋は小浜湾上に架かっており、国道27号線大島半島東部を結んでいます。



若狭本郷駅4

青戸の大橋を撮影してから速足で若狭本郷駅へ戻り、小浜線普通敦賀行き(下り列車)に乗りました。





小浜線4

前回の記事で紹介した加斗駅を過ぎ、進行方向左側の遠くに広がる小浜湾の景色を見ながら向かいました。小浜湾にポツンと浮かんでいる島は、国の天然記念物である蒼島です。





小浜駅1

若狭本郷駅を出てから約15分、福井県小浜市の小浜駅に到着しました。乗車した列車が当駅で10分程停車したので、その時間を利用して駅を撮影できました(^^)/ 当駅は、小浜線の主要駅の一つで、駅舎内にはみどりの窓口も設置されています。将来、北陸新幹線の新駅が当駅付近に建設されるようです。



小浜駅2

小浜駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっています。駅舎は単式ホーム側に建てられおり、島式ホームとは跨線橋で結ばれています。島式ホームの勢浜・東舞鶴寄りには、昔使われていた蒸気機関車用の給水塔が残されています。

小浜駅を撮影した後、再び普通敦賀行き(下り列車)に乗りました。今まで空いていた車内も、小浜駅からは帰宅する学生で混雑していました(;´∀`)





小浜線5

小浜線は、小浜駅を出ると日本海から離れて内陸を走ります。左右には、長閑な田園地帯が広がります。



小浜線6

峠を越えて福井県敦賀市の粟野駅を出ると、進行方向左側の奥に敦賀市街地が見え始めます。



小浜線7

西敦賀駅を出ると、進行方向右側に舞鶴若狭自動車道の高い橋が見え始めます。程なく、北陸本線の線路と合流し、終着の敦賀駅に到着します。





敦賀駅1

小浜駅を出てから約1時間、福井県敦賀市の敦賀駅に到着しました。当駅は、JR西日本北陸本線小浜線が接続している他、滋賀県長浜市の近江塩津駅で接続する湖西線の列車も乗り入れています。綺麗になった駅舎内には、大きな待合室やみどりの窓口等も設置されています。計画では、2022年度に北陸新幹線が当駅まで延伸されるようです。



敦賀駅2

敦賀駅前には、車輪のモニュメントが設置されていました。



敦賀駅3

敦賀駅のホームには、恐竜博物館の恐竜博士が座っているベンチ「ダイノベンチ」が設置されています。福井県勝山市にある恐竜博物館には去年行きましたが、規模が大きくて結構楽しめる施設なので、もう一度行ってみたいですね( ^ω^ )



敦賀駅4

敦賀駅を撮影した後、湖西線普通近江今津行きに乗りました。特急サンダーバード号を利用すると、当駅から約1時間半で大阪駅に到着しますが、無論青春18きっぷでは乗れないので、大人しく普通列車を乗り継いで帰りました(^^;)



この日の行程は、10年以上前に乗った路線ばかりでしたが、以前と違って記事に反映することが出来たので良かったです( ^ω^ )

舞鶴線と小浜線の旅

青春18きっぷを使って西日本旅客鉄道(以下、JR西日本と表記)加古川線を乗り通し、福知山線の駅巡りをしてから福知山駅へ向かいました。





福知山駅1

途中下車した市島駅を出てから約10分、京都府福知山市の福知山駅に到着しました。当駅は、JR西日本山陰本線福知山線京都丹後鉄道(以下、KTRと表記)宮福線が接続している交通の要衝で、全ての列車が停車します。京都府北部を代表する主要駅ですが、自動改札機等の設備はなく、ICOCA等のICカードも利用できません。



福知山駅2

福知山駅3

駅の南側には福知山駅南口公園が整備されており、転車台とC11型蒸気機関車が展示されています。



福知山駅4

福知山駅のホームへ行くと、KTR8000形気動車を改良した「丹後の海」編成が停車していました。



福知山駅5

福知山駅を撮影した後、山陰本線普通園部行きに乗りました。車両は、京都色(抹茶色)に塗装された113系電車(ワンマン運転対応)です。





綾部駅1

福知山駅を出てから約10分、京都府綾部市の綾部駅に到着しました。当駅は、JR西日本山陰本線舞鶴線が接続しており、全ての列車が停車します。舞鶴線の列車への乗り継ぎ時間が約3分しかありませんでしたが、同じホームに停車していたので、ゆっくり乗り換えることが出来ました(^^♪



綾部駅2

綾部駅まで乗車した普通園部行きを見送った後、舞鶴線快速東舞鶴行きに乗りました。車両は、223系5500番台電車(ワンマン運転対応)です。





舞鶴線

舞鶴線は、電化された単線構造となっています。この日の午前中に乗り通した加古川線と同様、当路線も10年以上前に上り列車で乗り通したことがあるので、今回は下り列車で乗り通しました(^^)/





東舞鶴駅

綾部駅を出てから約25分、京都府舞鶴市の東舞鶴駅に到着しました。当駅は、JR西日本舞鶴線小浜線が接続しています。両者の線路は繋がっていますが、直通している列車は少なく、殆ど当駅で乗り換えることになります。とは言え、先述の綾部駅と同様、ここも同じホームでの乗り換えなので、乗り継ぎ時間が少なくても楽に出来ます( ^ω^ )

東舞鶴駅は撮影せず、すぐに小浜線普通敦賀行き(下り列車)に乗りました。車両は、加古川線でも使われている125系電車(ワンマン運転対応)です。





小浜線1

小浜線は先述の舞鶴線と同様、電化された単線構造となっています。比較的本数が少ない路線なので、交換設備のある駅が少ないです。当路線も10年以上前に上り列車で乗り通したことがあるので、今回は下り列車で乗り通しました!(^^)!



小浜線2

福井県おおい町の若狭本郷駅を出ると、進行方向左手に日本海の小浜湾が広がります。並走している道路は、国道27号線です。小浜線は、日本海沿いに走っている割に海があまり見えないので、この区間は当路線のハイライトと言えますね( ^ω^ )





加斗駅1

東舞鶴駅を出てから約35分、福井県小浜市の加斗(かと)駅に到着しました。古い木造駅舎が使われており、窓口(みどりの窓口ではない)も設置されています。駅舎内には理髪店があり、窓口業務も行われています。



加斗駅2

加斗駅は、単式ホーム1面1線構造です。以前は島式ホーム1面2線構造だったようで、構内にその用地が残っています。



加斗駅3

加斗駅を撮影した後、小浜線普通東舞鶴行き(上り列車)に乗りました。





小浜線3

再び綺麗な日本海(小浜湾)を見ながら、次の目的地である若狭本郷駅へ向かいました。



中途半端になりますが、続きは次回にしようと思います(^^;)

福知山線北側の駅巡り

青春18きっぷを使い、西日本旅客鉄道(以下、JR西日本と表記)加古川線下り列車で乗り通しました。





谷川駅1

加古川線の起点である加古川駅を出てから約1時間半、兵庫県丹波市の谷川(たにかわ)駅に到着しました。当駅は、JR西日本福知山線加古川線が接続しており、一部の特急こうのとり号が停車します。駅舎内にはみどりの窓口が設置されていますが、自動改札機等の設備はなく、ICOCA等のICカードも利用できません。



谷川駅2

谷川駅は、相対式ホーム2面2線と切欠き式ホーム1面1線の計2面3線構造で、相対式ホームが福知山線のりば、切欠き式ホームが加古川線のりばとなっています。駅舎側の1番のりば(福知山方面のりば)の福知山寄りに加古川線専用の切欠き式ホームがあります。



福知山線1

谷川駅を撮影した後、1番のりばに到着する普通福知山行き(下り列車)に乗りました。この後、降りたことの無い福知山線の駅をいくつか巡りました(^^♪





黒井駅1

谷川駅を出てから約20分、兵庫県丹波市の黒井駅に到着しました。当駅は旧春日町の中心駅で、一部の特急こうのとり号が停車します。駅舎内には窓口(みどりの窓口ではない)が設置されていますが、自動改札機等の設備はなく、ICOCA等のICカードの利用も出来ません。



黒井駅2

黒井駅前広場にはお福(春日局)の像や、ペットボトルで作られた黒井城等がありました。



黒井駅3

黒井駅は相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側のホームが1番のりば、反対側のホームが2番のりばとなっています。基本的に、特急列車は2番のりば、普通列車は1番のりばを使用しています。



福知山線2

黒井駅を撮影した後、1番のりばに到着する普通篠山口行き(上り列車)に乗りました。





石生駅1

石生駅2

黒井駅を出てから約5分、兵庫県丹波市の石生(いそう)駅に到着しました。当駅は、東西両方に駅舎が建てられており、東口駅舎が古い木造建物、西口駅舎が比較的新しい建物となっています。窓口(みどりの窓口ではない)は西口駅舎の2階にありますが、自動改札機等の設備はなく、ICOCA等のICカードの利用も出来ません。



石生駅3

石生駅は単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造で、東口駅舎側が1番のりば、島式ホームが2番・3番のりばとなっています。基本的に、篠山口・大阪方面の上り普通列車は1番のりば、福知山方面の下り普通列車は2番のりばを使用しますが、特急列車の待避を行う下り列車は3番のりばに入ります。特急列車は、上り下り共に2番のりばを通過します。



福知山線3

石生駅を撮影した後、2番のりばに到着する普通福知山行き(下り列車)に乗りました。





福知山線4

石生駅を出てから約10分、兵庫県丹波市の市島駅に到着しました。乗車した普通列車が当駅で10分程停車したので、途中下車することが出来ました(^^♪



市島駅1

市島駅2

市島駅には窓口(みどりの窓口ではない)がありますが、自動改札機等の設備はなく、ICOCA等のICカードの利用も出来ません。当駅は相対式ホーム2面2線の構造で、駅舎側のホームが1番のりば、反対側のホームが2番のりばとなっています。

市島駅を撮影した後、2番のりばに停車中の普通福知山行き(下り列車)に再び乗りました。





福知山線5

兵庫県丹波市の丹波竹田駅を出て暫くすると高架線となり、車窓に福知山城が見えてくると終点の福知山駅に到着します。



次回は、舞鶴線小浜線の旅日記を書いていこうと思います。

加古川線の旅

先日、青春18きっぷを使って西日本旅客鉄道(JR西日本)加古川線に乗ってきました。この路線は、10年以上前に上り列車で乗り通したことがあるので、今回は下り列車で乗り通すことにしました(^^♪



加古川駅1

大阪駅からJR神戸線新快速に乗ること約50分、兵庫県加古川市の加古川駅に到着しました。当駅は、JR神戸線(山陽本線)加古川線が接続している主要駅で、乗降客数が比較的多いです。



加古川駅2

加古川駅の改札内コンコースには、加古川線乗り換え用の中間改札が設置されています。加古川線の殆どの駅は無人駅となっているため、当駅で精算する仕組みとなっています。青春18きっぷ利用者は、右端の有人改札を通ることになります。



加古川駅3

加古川駅を撮影した後、5番のりばに停車中の普通厄神行きに乗りました。車両は103系3550番台電車(ワンマン運転対応)で、加古川線のラインカラーと同じ様な青緑色に塗装されています。



加古川線1

加古川線2

高架構造の加古川駅を出ると、左へカーブしてJR神戸線と分かれます。すぐに地上区間となって国道2号線のバイパスをくぐり、程なく下車予定の日岡駅に到着します。



日岡駅1

兵庫県加古川市の日岡駅は、古い木造駅舎が使われています。みどりの窓口や自動改札機は設置されていませんが、ICOCA等のICカードは利用できます。



日岡駅2

日岡駅3

日岡駅は相対式ホーム2面2線構造で、駅舎は加古川方面(上り)のりば側に建てられています。駅舎と西脇市方面(下り)のりばは構内踏切で結ばれています。日岡駅を撮影した後、普通西脇市行きに乗りました。



加古川線3

加古川線は一級河川の加古川と並走しており、何度か渡りながら進んでいきます。



加古川線4

加古川線は、途中の西脇市駅まで比較的本数が多いですが、単線構造であるため頻繁に列車交換(行き違い)を行います。



西脇市駅1

日岡駅を出てから約45分、兵庫県西脇市の西脇市駅に到着しました。当駅を境に運転系統が分かれているため、下り列車1本を除いて必ず乗り換えが生じます。また、ICOCA等のICカードが使える区間も、当駅までとなっています。



西脇市駅2

西脇市駅を撮影した後、1番のりばに停車中の普通谷川行きに乗りました。車両は125系電車(ワンマン運転対応)で、1両編成だけでも走行することができます。



加古川線5

西脇市駅から先は加古川線の閑散区間となり、列車本数が激減します。車窓もガラリと変わり、落石防止のための25km/h制限区間が数ヵ所あります。閑散区間では、今も古い木造駅舎を使用している駅が多いので、駅巡りもしてみたいですね( ^ω^ )



加古川線6

兵庫県丹波市の久下村駅付近では、日本新宗教の一つである円応教の本部が望めます。



加古川線7

加古川を渡って福知山線の線路が左側に現れると、終点の谷川駅に到着します。乗換駅ですが、ホームは閑散としていました(^-^;



次回は、谷川駅と次に乗った福知山線について書いていこうと思います(^◇^)
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR