太陽の「黒点」と巨大地震の関連性について。

前回の記事の中で、太陽にある「黒点」について書きましたが、説明ができていなかったので、今回書くことにします。


金星と太陽の黒点

6月6日に撮影した、「金星の太陽面通過」の写真です。青色の矢印(→)は「金星」で、桃色の矢印(→)は「太陽の黒点」です。

この黒点は、太陽の磁場によって出来るものと考えられています。太陽の表面の温度が約6000度あるのに対し、黒点の温度は約4000度程と、周りに比べて温度が低いので暗く見えます。黒点の数が増えると、太陽表面の磁場が活発になっていることになり、太陽から放たれる「太陽風」も強くなります。この太陽風が地球に到達し、大気に触れるとオーロラが発生します。また、この太陽風が地球に届いていることで、銀河宇宙線(宇宙から飛んでくる高エネルギーの電粒子のこと)から守ってくれていることが判ったようです。

今回、調べていて驚いたのは、「黒点」の数が少なくなると、巨大地震が起こる可能性が高いという研究結果があったということです。2011年3月11日の「東日本大震災」があったときも、黒点の数が普段より少なかったという結果が出ているようです。

今日NHKで放送されていた番組にも、東日本大震災が起こる数日前から、岩手県太平洋沖の上空の電磁波が非常に高いということが言われていました。もしかしたら、太陽からの磁場に関係があるのかもしれません。

この現象が証明されれば、巨大地震を予測することが出来るかもしれないので、今後の研究に期待したいですね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【太陽の「黒点」と巨大地震の関連性について。】

前回の記事の中で、太陽にある「黒点」について書きましたが、説明ができていなかったので、今回書くことにします。6月6日に撮影した、「金星の太陽面通過」の写真です。青色の矢印

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR