湯布院の紅葉を堪能する。

前回の記事の続きです。


10月30日(火)の朝、旅館の自転車を借りて由布院駅に向かいました。




由布院駅舎

7時頃の由布院駅です。この時間、観光客がほとんど居ないので閑散としていました。



由布院駅足湯

由布院駅ホームには足湯があり、チケットを購入すると利用することが出来ます。


オレンジカードと入場券を購入した後、近くのローソンに寄りました。運良く鹿目まどかのミニフィギュア付きのが売っていたので買っときました。これでミニフィギュアはコンプリートです!


旅館に戻り、朝風呂を済ませて朝食を摂りました。朝食後、レンタカーで金鱗湖に向かいました。




金鱗湖

こちらが金鱗湖です。湖と言ってますが、小さく池のようです。ただ、昔は「金鱗湖」と言わず「岳ん下ん池」と呼んでいたそうです。下の写真に詳細が書いていますのでご覧ください。



金鱗湖の由来




金鱗湖周辺には多くの店が建ち並んでおり、活気がありました。


私たちは次に、九重の夢大吊橋に向かいました。




九重夢大吊橋

こちらが九重夢大吊橋です。近年架けられた橋で、頑丈に出来ています。予想以上に大きく驚きました。



九重夢大吊橋の通路

通路はコンクリートで出来ていましたが、人が渡ると揺れていました。また、横風が強く吹くこともあり、高所恐怖症の私は正直、こんな橋でも怖かったです…



夢大吊橋からの風景1

夢大吊橋からの風景2

高さ173メートルの橋からの眺めは素晴らしく、ついつい見とれてしまいます。この日は、平日だったので人も少なく写真も撮れましたが、休日は人が多くなり通行の邪魔になる恐れがあるので、撮影出来ないと言われています。本当かどうか解かりませんが… 吊橋の詳細は下の写真をご覧ください。



九重夢大吊橋の看板




九重夢大吊橋の遠望

少し離れた場所にある展望台から見た夢大吊橋です。大きな吊橋であることが解かりますね。


ここから、高速道路を利用して博多に向かうことにしました。途中、紅葉が綺麗に見れるポイントらしき場所があったので寄ってみました。




九酔渓の看板

九酔渓

紅葉百選に選ばれている九酔渓です。吊橋とは違った美しさがあります。



時間も無かったので、このまま大分自動車道を利用して博多に向かいました。帰りも「みずほ」に乗って帰りました。



流石に、1泊2日の強行スケジュールだったので疲れましたが、乗りたかった列車にも乗れて綺麗な景色も見れたので良かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR