高崎・新潟・金沢に行ってきました。

高崎駅

4月20日(土)・21日(日)の両日、友人の結婚式のため、群馬県高崎市に行ってきました。高崎市の玄関口である「高崎駅」は交通の要衝で、上越新幹線・長野新幹線(将来の北陸新幹線)・高崎線・上越線・信越本線が発着しています。



結婚式式場イメージ
※写真はイメージです。実際は、この部屋を使用しておりません。

今回出席した結婚式は、私が経験した中で過去最高の人数(数百人)であったと思います。久し振りに会う友人も多く、同窓会のような感じがしました。

二次会は立食パーティーのような感じでした。ただ、披露宴の直後で満腹だったため、何も食べれませんでした…

三次会は駅前の居酒屋で友人数人と飲みました。結構盛り上がったので、3時頃まで居座っていました。





翌日の21日、朝風呂に入って朝食を摂り、チェックアウトして帰ることにしました。帰りは東京経由ではなく、新潟・金沢経由で帰ることにしました。このコースを選んだ理由は、乗車券が安くなる(※1)ことと、特急「北越」に乗れる(※2)からです。

(※1) 出発駅から到着駅まで同じ経路を通らない、所謂「一周切符」を購入すると運賃が割安になります。ある程度の乗車距離が必要ですが、長くなればなるほど運賃の増加率は減っていくので、遠出するときにはおススメですね!

(※2) 特急「北越」は、金沢駅~新潟駅間を走る在来線特急で、国鉄時代の485系を使用しています。



高崎駅看板

高崎駅から上越新幹線に乗り、終点の新潟駅に向かいます。一周切符のルールだと、長岡駅~新潟駅間は乗車できなくなるので、この区間は別に切符を購入しました。



車窓1

越後湯沢駅~浦佐駅の景色です。4月中旬にも関わらず、吹雪いており雪が積もっていました。



新潟駅看板

新潟駅

高崎駅から一時間強で新潟市の玄関口である「新潟駅」に到着しました。乗り換え時間が20分程度だったので、特に何も出来ませんでした。



特急北越

新潟駅1番線に停車中の485系特急「北越」です。リニューアル車両で運転していました。この北越号は、新潟駅から信越本線を走り、新津駅・長岡駅・柏崎駅を経て直江津駅に至り、北陸本線に乗り入れて糸魚川駅・富山駅・高岡駅を通って終点の金沢駅に向かいます。



車窓2

信越本線の柏崎から先は日本海沿岸を走行します。眼前には雄大な日本海が望めるのですが、今日は生憎の天気だったのでとても残念でした。



金沢駅看板

金沢駅

新潟駅から約4時間、金沢駅に到着しました。北陸新幹線開業が迫っており、駅舎の大規模な改修が行われています。大きな門とガラス張りの大きな駅舎は、正に圧巻です。

駅中のレストランで遅めの昼食を摂り、帰ることにしました。家に着いたのは夕方になってしまい疲れましたが、新潟駅や北越号に乗れたので、満足しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR