「律」と「和」を書道で表現する。

先月、外で書道をしました。大きな紙と筆を用いて、「けいおん!」の登場人物の名前を書きました。



「律」

大文字律

田井中律の「律」です。普段は明るく接し、ライブの時は心を律して演奏に専念する、軽音部の部長らしい彼女をイメージしながら書きました。行書体を用いることにより、弟想いの優しさも表現できたと思います。



「和」

大文字和

真鍋和の「和」です。責任ある生徒会長を務めながらも、場の雰囲気を和ませる、そんな彼女をイメージしながら書きました。才色兼備と思いきや、どこか抜けている所を「口」の部分で表現できたと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クソッ! うめェ・・・・・・

こーゆーのを「才能の無駄遣い」って言うんだねわかります。

No title

>アキラ氏

これ以上の褒め言葉はありませんねw 

楷書と違い、行書や草書だとそれなりに形になるので書きやすいです。

絵が描けないなら、せめて字で表現しようと考えた次第ですw
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR