永平寺の四天王像

晴天の永平寺

9月25日(水)~27日(金)まで、福井県の永平寺に行ってきました。天気は良かったんですが、昼夜の気温差が大きくて体調を崩しそうになりました。



永平寺の山門には四天王像があります。以前、永平寺に行った時の記事でも写真を載せましたが、小さくて見辛かったとの意見があったので、今回は網越しではない割と大きめな写真を載せておきます。

因みに四天王とは、須弥山の中腹にある四天王天の四方に住む、仏法を守護する4体の護法神をいいます。東方に持国天(提頭頼吒)南方に増長天(毘楼勒叉)西方に広目天(毘楼博叉)北方に多聞天(毘沙門)という位置付けです。






東方持国天王


東方持国天王





南方増長天王


南方増長天王





西方広目天王


西方広目天王





北方多聞天王


北方多聞天王





永平寺の山門は常に開かれていて自由に出入りできますが、この四天王像が見守っているため、悪人は入れないとされているそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり仏像は色彩が入ると装飾品のデザインや色使いが格段に映えるね。こーゆー配色のセンスが欲しいと思いながらも模型を作り続けて早幾年。未だにこんな独創性が養われなかった仏像好きなアキラが通りますよっと。やっぱセンスってのは知識と経験よりも才能なんだろうかね・・・

ちなみに、色彩や装飾と言う意味でも中山寺の五百羅漢は個人的に中々に素晴らしいモノだと思ってます。仏像だけでなく、床や天井まで彩られている空間が実に雰囲気出てると思うんだボクゎ。

No title

>アキラ氏

修行中、仏像の色がはげていた姿を廻廊掃除で見てたから、塗装して戻ってきた時はすごい違和感があったねw 甲冑の細かい部分や肌の色など、個性的な色彩だと自分も感じます。

因みに、永平寺の山門の上には羅漢さんも祀られてるよ。普段は階段前の扉に鍵がかかっているから、撮影はおろか入ることも出来ないけど。永平寺の羅漢さんも趣があって良いので、是非見てもらいたいんやけど残念や…
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR