近江鉄道の新型車両「900形」

近江鉄道900形デビュー記念切符

近江鉄道900形

上の写真は、近江鉄道(本社:滋賀県彦根市)の主要駅で発売中の「新型車両900形デビュー記念乗車券」です。
下の写真は、彦根駅(滋賀県彦根市)に停車中の新型車両「900形」電車です。


この900形電車は、近江鉄道の親会社である「西武鉄道」(本社:埼玉県所沢市)から譲渡された新101形電車を彦根工場(彦根駅に隣接)で改造し、2013年6月14日から運用を開始した新型車両です。青色を基調としていることから「淡海号」(おうみごう)という愛称を持っています。近江鉄道としては初の「ドアチャイム」(扉の開閉時に鳴動するチャイム)を採用した車両でもあります。

車体塗装は、琵琶湖をイメージしたダークブルー地に、温かみをイメージしたローズピンクの帯、ドア部分にはローズピンクのイルカを施したデザインとなっています。また、ダークブルーには西武鉄道のプロ野球チーム「西武ライオンズ」のチームカラーであるレジェンドブルーを意識しているとも言われています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR