千葉県八千代市に行きました(鉄道編)

今回は、友人の結婚式で千葉県八千代市に行った時に利用した鉄道について書いていこうと思います。


東海道・山陽新幹線東京駅まで行き、地下5階の総武地下ホームから出ている総武快速線に乗り換えて市川駅まで乗車、さらに並走している総武緩行線に乗り換えて西船橋駅まで行きました。



西船橋駅

西船橋駅に停車中の東京メトロ東西線経由三鷹行き電車です。西船橋駅は千葉県で乗降客数2位(1位は船橋駅)を誇る主要駅です。しかし、総武快速線にホームは無く、快速電車や特急列車は全て通過します。これには下記の理由があると思われます。

①快速が船橋、西船橋と連続して停車することになる。
②西船橋に停車すると快速に乗降客が集中する。
③JR利用者が西船橋で接続している東京メトロ東西線に流れる。



これと同じようなことが滋賀県でもありました。それは草津市の南草津駅で、この駅も滋賀県で乗降客数2位(1位は草津駅)と多く、新快速を停車するようにと地元利用者が要請していました。西日本旅客鉄道は上記の①②で述べたように、新快速の停車駅の関係や、混雑を防ぐため通過させていました。

しかし、西日本旅客鉄道は草津市の要望に応えることにし、今年3月12日のダイヤ改正から新快速全列車を南草津駅に停車させました




下記は、帰りに寄った場所です。


成田空港駅

成田空港駅は、成田国際空港第1旅客ターミナルに直結している駅で、京成電鉄東日本旅客鉄道の2社が乗り入れています。前者京成本線成田スカイアクセス線後者成田線となっています。成田空港は関西空港と違い、空港内に入る前に免許書などの身分証明書を提示する必要があります。私は一旦改札を出て再び京成上野駅までの切符を買い、念願の成田スカイアクセス線に乗りました。



成田湯川駅

成田スカイアクセス線成田湯川駅です。最近完成した駅だけあって、とても綺麗でした。この駅は新幹線に多く見られる構造で、外側にホームと接する停車線、内側にホームのない通過線があります。ここで多くのアクセス特急(乗車券のみで乗車できる電車)は、特急スカイライナー(特急券が必要な電車)の通過待ちを行います。



高速進行信号

六灯式信号機です。この路線の他は、新潟県の北越急行ほくほく線でしか使われていません。この青信号2個は、特急スカイライナーが通過する際に点灯するもので、「高速進行信号」と言います。その名の通り高速で通過しても良いというもので、160km/hで走ることが出来ます。この高速運転のおかげで、特急スカイライナー空港第二ビル駅(成田空港第2旅客ターミナル最寄駅)と東京の日暮里駅間を最速36分で結ぶことが可能になりました。

因みに、アクセス特急は130km/hまでしか出せないので、「高速進行信号」ではなく、青信号1個「進行信号」が表示されます。



スカイライナー

成田湯川駅を通過する特急スカイライナーです。外観や電笛(ミュージックホーン)が格好よく、個人的に好きな電車に入ります。



スカイアクセス線路

運転席後ろから成田スカイアクセス線の線路を眺めたものです。新幹線のような構造で、急カーブや踏切はありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR