冬の東海道新幹線に注意!

1月18日(土)の夜から19日(日)にかけて日本列島の上空に強い寒気が入って来る影響で、北日本から西日本の広範囲で雪が積もるようです。

日本の大動脈である東海道新幹線もその影響を受けやすいことで有名ですね。参考までに去年の写真を貼っておきます。



岐阜羽島駅雪

2013年1月末の岐阜羽島駅(岐阜県羽島市)です。この辺りの積雪は然程でもなかったので通常通り運転してました。ただ、岐阜羽島駅を出てから数分後の関ヶ原から滋賀県北部にかけては、一気に積雪量が増えます。


米原駅雪

同じ日の米原駅(滋賀県米原市)です。屋根の無いホーム端にも雪が積もっています。安全を考えてこの辺りでは270km/h走行はせずに速度を落として運転していたため、15分~20分の遅れ(2013年1月末のデータ)が出ていました。当然のことながら、積雪量や積雪区間が多くなればなるほど遅れも大きくなるので、酷い場合は1時間以上の遅れが出ることもあります。


2月中旬ごろまでは雪が降る可能性が高いので、この時期に移動する際は注意が必要ですね。到着時刻を早めに設定して目的地へ向かうことが吉でしょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR