下関ふぐ&温泉堪能ツアー その1

2月8日(土)と9日(日)、某氏企画の「下関ふぐ&温泉堪能ツアー」に行ってきました。


8:30に梅田のヨドバシ前に集合した私たちは、みどりの窓口に行って切符を買いました。東京・米原地区での大雪の影響でダイヤが大幅に乱れていたので、あえて指定席は取りませんでした。



N700系みずほ

新大阪駅に着いてから駅員さんに運行状況を確認したところ、新大阪始発の列車にも遅れが出るとのことだったので、当初予定していた9:20発「さくら549号には乗らず、20番線で発車待ちをしている8:59発「みずほ605号に乗ることにしました。



みずほ車内

みずほに乗車後すぐに宴が始まりました。新幹線の車内なので居酒屋の時のように大声で話すことは出来ませんでしたが、それでも大いに盛り上がりました。

新神戸付近を走行中、「姫路~相生間で雪によって倒れた竹が線路に入ってきたので確認します。」と車内アナウンスが流れ、一時運転を見合わせました。予想外の出来事ではありますが、基本ノープランの私たちには影響は無く、呑気に酒を飲み続けていましたw

暫くして運転は再開されましたが、先行列車が遅れている影響でスピードが出ていなかったので、途中の岡山駅に到着した時には既に約1時間の遅れが出ていました。もし時間に余裕が無かったら、この遅れは相当痛かったと思います…



みずほ車窓

この日は兵庫県や岡山県、そして広島県の辺りまで雪が降っていました。

私たちが乗っていた「みずほ」山口県下関市の新下関駅を通過するので、みずほが停車する福岡県北九州市の小倉駅まで乗って在来線で戻ることにしました。



小倉駅看板

小倉駅に到着したのは13時前(約1時間40分遅れ)だったので約4時間みずほに乗っていたことになりますが、あまり長く感じませんでした。楽しい時間は早く過ぎるもんですね~w

取り敢えず小倉駅で乗り越し精算をし、在来線で下関に向かうことにしました。



普通門司港行

8番線に停車中の普通電車門司港行です。下関へはこの電車を利用し、隣の門司駅で山陽線に乗り換えることになります。因みに、時間帯によっては小倉から直通で下関に向かう電車もあるので、乗り換えが面倒な人は直通電車に乗る方が良いと思います。



門司駅

近年建て替えられた門司駅です。乗り換え時間が多少あったので、一旦改札を出て駅周辺を散策しました。



下関駅看板

山陽線の関門トンネルを抜け、山口県下関市の下関駅に到着しました。計画では、さくら549号に乗車、新下関駅経由で下関駅11:49の到着予定でしたが、実際着いた時間は何と13:52(←デジカメの時刻で確認)、2時間以上の遅れでしたwww

遅めの昼食を摂りに、唐戸市場に向かいました。



唐戸市場外観

唐戸市場内部

一つ目の目的地である唐戸市場です。新鮮な魚の刺身や握り寿司、ふぐ汁等が堪能できます。遅めの時間で閉まっている店も見受けられましたが、それでも観光客は多く賑わっていました。

一度解散し、各々食べたい物を買って外で集合することにしました。



関門海峡と虹

唐戸市場のすぐ脇は関門海峡で眺めも良く、多くの人が腰を下ろして昼食を楽しんでいました。関門橋の奥には虹も掛かっており、素晴らしい眺めでした。



唐戸市場の握り寿司

唐戸市場の握り寿司です。単品で売っているので好きなネタが選べます。私の好きなマグロの大トロや中トロ等、値段を気にせず上等なネタばかりを買いました。写真だと分かり辛いと思いますが、相当な肉厚で笑みがこぼれるほど美味しかったです



唐戸市場のふぐ雑炊

こちらはふぐ雑炊です。大きなふぐの身がたくさん入っており、とても美味しかったです。


昼食を堪能した私たちは、二つ目の目的地である赤間神宮に向かいました。



次回に続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR