心癒しに和歌山へ…(前編)

4月18日(金)、某氏と和歌山電鐵を乗りに行きました。この旅のコンセプトは「癒し」です。某氏と相談し、和歌山へは南海本線特急サザンで向かうことにしました。




南海なんば駅

大阪市浪速区にある、南海電鉄のターミナル「難波(なんば)駅」です。当駅で某氏と合流した後、窓口で特急サザンの指定席券を買いました。




特急サザンなんば

特急サザン側面

なんば駅6番線に停車中の12000系「特急サザン」です。2011年に登場した新型車両で、「サザン・プレミアム」という愛称が付けられています。特急サザン南海本線の速達列車で、概ね30分間隔で運転されています。なんば方4両が通勤型車両自由席和歌山港方4両が特急型車両指定席となっています。




特急サザン指定席1

特急サザン指定席2

特急サザンの指定席車両です。沿線の海をイメージしたとされる青色の座席が、2列+2列で配置されています。テーブルや足掛け、コンセント等の設備も充実しています。乗車券+指定席券(510円)で乗れるので、通勤時間帯の混雑した車内を回避するために利用する人が多いようです。




和歌山市駅

なんば駅から約1時間、和歌山県和歌山市の「和歌山市駅」に着きました。この駅には、南海電鉄南海本線・和歌山港線と、隣の紀ノ川駅(和歌山県和歌山市)で分岐する加太線JR西日本紀勢本線が乗り入れています。南海電鉄が管理している駅なので「みどりの窓口」が設置されていませんが、南海の窓口や券売機でJR紀勢本線の切符が購入できるようになっています。




和歌山市駅改札

和歌山市駅中間改札

和歌山市駅からJR紀勢本線に乗る場合は、南海の改札(写真上)を通ってから、2番線ホームにある中間改札(写真下)を再び通ることになります。改札手前には、南海各線からのICカード利用者のために、簡易ICカードリーダーが設置してあります。




紀勢線

和歌山市駅2番線に停車中のJR紀勢本線「和歌山行」です。この駅から出る紀勢本線の電車は全て、和歌山市~和歌山間のピストン運転となっています。紀勢本線と名乗っていますが、和歌山から先の御坊・白浜方面へ向かう直通列車は1本も設定されておらず、別路線のような形態となっています。




和歌山駅

和歌山駅看板

和歌山市駅から2駅、僅か6分で終点の「和歌山駅」(和歌山県和歌山市)に到着しました。この駅には、JR西日本紀勢本線阪和線・和歌山線と、和歌山電鐵の貴志川線が乗り入れています。JR西日本が管理している駅なので、和歌山電鐵に乗る場合は、JRの改札を通ってから、9番のりばにある中間改札を通る必要があります。和歌山電鐵の一日乗車券(720円)は、9番のりばの中間改札脇にある窓口で購入できます。




和歌山電鉄たま電車

たま電車側面

和歌山駅9番のりばに停車中の和歌山電鐵「たま電車」です。貴志川線の終点、貴志駅の「たま駅長」をモチーフとしたデザインとなっています。車体側面には、様々な格好の「たま」が描かれており、見ていて楽しいです。




たま電車車内1

たま電車車内2

「たま電車」の車内です。外観同様、内装も凝っています。2号車の連結部付近には、「たま文庫」という本棚が設置されています。また、「たま駅長」が乗車できるように、専用ゲージも設置されています。座席は、三毛猫の「たま」を意識したと思われる、白・黒・橙の模様になっています。


心が安らぐ「たま電車」に乗って、終点の「貴志駅」(和歌山県紀の川市)に向かいました。



つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR