北陸本線の地底駅「筒石駅」

前回の続きです。




直江津駅413系

直江津駅で列車を撮影した後、写真の413系普通列車富山行に乗り、JR北陸本線の地底駅「筒石駅」に行きました。




筒石駅413系

直江津駅から約20分、新潟県糸魚川市の筒石駅に到着しました。この駅は、全長11,353mの頸城(くびき)トンネル内にあります。地上にある駅舎との高低差は40mありますが、エスカレーター・エレベーター等はなく、階段で登らなくてはいけません。



筒石駅ホーム

筒石駅は、相対式ホーム2面2線の構造です。トンネルの断面積を最小限にするため、上下線のホームが互い違いに設置されています。それぞれ6両編成分の長さがあります。



筒石駅待合室

ホームから駅舎へ向かう通路は、待合室も兼ねています。特急列車等が通過する際、駅舎への通路が風穴のようになるので、非常に強い風が吹き抜けます。そのため、ホームと待合室との間に頑丈な引き戸が設置されており、遮断できるようになっています。



筒石駅1

筒石駅2

上り線ホームから駅舎へ続く階段(上の写真)と通路(下の写真)です。上り線(富山・米原方面)ホームから改札口までは212m(280段)、下り線(直江津・新潟方面)ホームから改札口までは176m(290段)あります。



筒石駅3

筒石駅7

通路の途中で、下り線ホームへ続く通路が合流します。下の写真は、下り線ホームへの階段です。



筒石駅4

それぞれのホームへ続く通路から改札口のある駅舎へ向かう長い階段です。この階段は、トンネル工事の際に使われた斜坑跡を流用しているようです。



筒石駅8

先程撮影したポイントを、逆から撮影した写真です。斜坑跡の途中でホームへ向かう通路が左へ分岐しています。この先の斜坑跡は、作業用通路として頸城トンネルまで続いているようです。



筒石駅6

階段を登り終え、ようやく駅舎に到着しました。毎日この駅を利用すれば、いい運動になりますねw



筒石駅5

駅舎付近から階段を見下ろした写真です。時間の関係上、280段を速足で登ったので、汗だくになりました…



筒石駅舎

こちらが、地上にある筒石駅舎です。駅の利用客数は比較的少ないですが、トンネル内にホームがあるという特殊な構造をしていることから、危険防止のため駅員が常駐しているようです。普通列車到着の際、駅員がホームまで降りて来て、安全確認を行っていました。



筒石駅案内板

筒石駅前には、駅構造の説明や周辺施設の案内が書かれた看板が設置されていました。



筒石駅入坑・入場券

筒石駅舎内の窓口で入場券を購入すると、「入坑・入場証明書」と書かれた絵はがきも一緒に貰えます。



筒石駅413系北陸色

筒石駅を散策した後、写真の413系(北陸色)普通列車直江津行に乗って直江津駅に戻り、特急北越号に乗り換えて高岡駅(富山県高岡市)に向かいました。



次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR