群馬県旅行記その1

7月23日(水)、日帰りで群馬県のJR吾妻線を乗りに行ってきました。群馬県長野原町の八ッ場ダム建設に伴い、川原湯温泉駅付近が新ルートに切り替わってしまうので、それまでに乗っておこうと思った次第です。本当は一泊してゆっくり巡りたかったんですが、一日しか休みが取れなかったので、強行スケジュールを組んで向かうことになってしまいました…



サンダーバード1号

往路で利用した特急サンダーバード1号です。東海道新幹線を利用した方が早く着けますが、往復同じ経路で行くのは勿体無いと感じたので、往路は日本海側の北陸本線・北越急行線を経由して向かうことにしました。



サンダーバードグリーン

特急サンダーバードは、大阪~富山間の長距離・長時間利用だったので、グリーン車にしました。高価格でしたが、ゆったり寛ぎながら行くことができたので良かったです。



富山駅看板

特急サンダーバード1号の終点、富山駅に着きました。富山県富山市の代表駅で、西日本旅客鉄道(JR西日本)の北陸本線と高山本線、富山ライトレール、富山地方鉄道の本線市内軌道線が接続する交通の要衝です。利用客数も多く、寝台特急トワイライトエクスプレス号を含む全ての列車が停車します。また、来年3月に開業する北陸新幹線の停車駅でもあり、新駅舎と駅前ロータリーの整備が行われています。


富山駅到着時、接続する下記の普通列車が停まっていました。



高山本線猪谷行

北陸本線直江津行

上の写真は、2番線に停車中の高山本線キハ120形の普通列車猪谷行です。下の写真は、5番線を発車した北陸本線475系(青色単色塗装)の普通列車直江津行です。


次に乗る特急はくたか9号まで時間があったので、富山駅周辺を散策しました。



富山駅仮コンコース1

富山駅仮コンコース2

富山駅改札

先述の北陸新幹線開業に伴う工事の影響で、今回訪れた2014年7月現在、富山駅正面口(南口)とは仮設のコンコースで結ばれています。



富山駅南口

富山駅の正面口(南口)です。北陸新幹線開業までの仮設駅舎となっています。向かって右側に、新しい駅舎と駅前ロータリーが整備されます。



富山路面電車1

富山路面電車2

正面口前の道路には富山地方鉄道市内軌道線が走っており、近くに「富山駅前駅」があります。



富山駅北口

こちらは、富山駅北口です。ここも仮設駅舎となっています。



富山ライトレール富山北駅

北口前には、富山ライトレール「富山駅北駅」があります。


この辺で、特急はくたか9号の発車時刻が迫ってきたので、ホームに戻りました。



北陸本線富山止り

5番線には、富山止りの北陸本線415系(青色単色塗装)の普通列車が停まっていました。



直江津駅はくたか3

はくたかグリーン

富山~越後湯沢間を利用した特急はくたか9号です。車両は、JR西日本所属の681系でした。この列車もグリーン車を利用しました。



Maxとき

越後湯沢駅で上越新幹線Maxとき324号に乗り換えて、群馬県高崎市の高崎駅へ向かいました。



この続きは、後日書こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR