山陽本線乗り継ぎ旅②

前回の続きです。



岡山駅での乗り継ぎ時間が10分程度しかなかったのと、次の列車も同じのりばからの発車だったので、岡山駅の散策はせずにそのまま乗り換えることにしました。



普通岡山駅

岡山駅2番のりばに到着した普通三原行に乗り、広島県三原市の糸崎駅(三原駅の1つ手前)に向かいました。





山陽本線車窓1

岡山県倉敷市の倉敷駅を出た辺りから、写真のような田園風景が広がっていました。



山陽本線車窓2

広島県尾道市の尾道駅から三原市の糸崎駅の間は、瀬戸内海沿いを走っていました。写真のように、瀬戸内海の島々や西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の橋等が望めます。





糸崎駅舎

糸崎駅舎内

岡山駅から1時間30分程で糸崎駅に到着しました。この駅の窓口業務は時間帯限定らしく、訪れた時は無人状態でした。利用客数が多くないので駅構内は閑散としていますが、日中時間帯を中心に当駅始発・終着の列車が多数設定されているので、運行上重要な駅と言えます。

因みに、先述の普通列車で隣の三原駅まで乗車しなかったのは、その後に来る当駅始発の普通列車に乗ることで座席を確保するためです。



糸崎駅ホーム

駅舎とホームは跨線橋で結ばれています。島式ホーム2面4線の構造で、1番のりばが上り副本線、2番のりばが上り本線、3番のりばが下り副本線、4番のりばが下り本線となっています。手前のホームの無い線路は、貨物用待避線となっています。



糸崎駅留置線

以前、この駅には機関区があったようで、ホーム脇には広いヤードがありました。今では、旅客列車の留置線として使われているようです。



普通糸崎駅

3番のりばに入線した当駅始発の普通岩国行に乗り、広島市安芸区の瀬野駅に向かいました。





山陽本線車窓3

JR山陽本線は三原駅を出ると、瀬戸内海沿いを走るJR呉線と分かれて、沼田川沿いの山間部を進んでいきます。写真の車窓は、広島県三原市の本郷駅と広島県東広島市の河内駅の間で、山陽自動車道と交差する所です。



山陽本線車窓4

暫く沼田川沿いを進むと、前方に大きな橋が見えてきました。気になって調べてみたところ、写真左の山の奥側に「広島空港」があり、そこへ向かう県道49号線(広島中央フライトロード)の自動車専用橋でした。名称は広島空港大橋(広島スカイアーチ)で、建設するのに約300億円かかったようです。長さは約800m、高さは約190mあるようです。



飛行機入野駅付近

広島空港大橋をくぐり、広島県東広島市の入野駅付近で、先述の広島空港に着陸する飛行機が見えました。小さくて分かりづらいですが、ANA(全日本空輸)創立60周年記念特別塗装機「ゆめジェット ~You & Me~」です。





瀬野駅名標

瀬野駅ホーム

糸崎駅から丁度1時間で瀬野駅に到着しました。この駅は島式ホーム2面4線の構造で、右から1番のりば(下り本線)、2番のりば(下り副本線)、3番のりば(上り副本線)、4番のりば(上り本線)となっています。



瀬野駅南口

瀬野駅北口

上の写真が瀬野駅南口、下の写真が瀬野駅北口です。この駅では、新交通システムの広島短距離交通瀬野線(スカイレールサービス)が接続しており、のりば(みどり口駅)は北口に隣接する形で建てられています。両駅間は屋根付きの連絡通路で結ばれており、スムーズに乗り換えることができます。



スカイレールサービスの詳細も含め、続きは次回にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR