長野県遠征記事その5

前回の続きです。



台風18号接近に伴う大雨が降る中、長野県飯山市の飯山駅を散策しました。次の列車が来るまで1時間以上ありましたが、駅周辺の散策はせずに駅舎内のベンチで大人しく座っていました(ノД`)



飯山駅普通

飯山駅に到着する2両編成のキハ110系十日町行です。この列車に乗り、新潟県十日町市の十日町駅に向かいました。



飯山線車内

1両目は数人乗っていましたが、2両目は誰もいませんでした(゜ロ゜) 車掌さんに訪ねてみたところ、途中の戸狩野沢温泉駅で2両目を切り離すとのことだったので、1両目に移動しました。



飯山線車窓1

飯山駅を出ると、車窓には長閑な田園風景が広がっていました。




戸狩野沢温泉駅名標

飯山駅から約10分で長野県飯山市の戸狩野沢温泉駅に到着しました。先述の通り、当駅にて車両の分割作業を行う関係で8分程停車しました。折角なので、駅舎を見に行きました。



戸狩野沢温泉駅ホーム

戸狩野沢温泉駅は島式ホーム1面2線の構造で、駅舎とは構内踏切で結ばれています。飯山線の列車の殆どが当駅を始発・終着としています。当駅から十日町・越後川口方面への列車は、2014年現在1日に8往復のみ(臨時列車を除く)です。



戸狩野沢温泉駅舎

戸狩野沢温泉駅舎内

駅舎は、近年建て替えられたと思われる三角屋根の綺麗なものでした。駅舎内にはみどりの窓口や待合室がありました。


発車時刻が迫ってきたので、列車に戻りました。




飯山線車窓2

飯山線車窓3

戸狩野沢温泉駅を出ると、千曲川沿いを走っていきます。4日(土)から降り続いている雨の影響で、濁流が凄かったです(・_ ・)




十日町駅名標

飯山駅から約1時間半、十日町駅(新潟県十日町市)に到着しました。当駅は、東日本旅客鉄道(JR東日本)飯山線北越急行ほくほく線が接続しています。比較的乗降客の多い主要駅なので、ほくほく線を走る一部の特急はくたか号が停車します。

次の列車まで約1時間あったので、駅周辺を散策しました。



十日町駅ホーム1

飯山線ホームは、単式と島式の2面3線構造です。



十日町駅ホーム2

ほくほく線ホームは、島式1面2線の高架構造です。1番線の外側には、ホームのない通過線もあります。



十日町駅舎1

十日町駅舎2

上の写真は東口駅舎、下の写真は西口駅舎です。前者が飯山線側、後者がほくほく線側になります。両出口間は改札内の跨線橋の他に、改札外の東西自由地下通路でも結ばれています。



十日町駅コンコース

3階のほくほく線ホームの下(2階)は、待合室とコンコースになっています。ここにある駅蕎麦屋で昼食を摂りました(^O^)


昼食後、再び飯山線の列車に乗って終点の越後川口駅(新潟県長岡市)に向かいました。



次回に続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR