宮城県からの復路④

前回の続きです。


新井駅を散策した後、183系快速くびき野号に乗って直江津駅に向かいました。




直江津くびき野

直江津駅名標

新井駅から約25分、新潟県上越市の直江津駅に到着しました。2015年3月13日(金)までは信越本線北陸本線の接続駅で、東日本旅客鉄道(JR東日本)西日本旅客鉄道(JR西日本)の境界駅でもありました。訪れた日は新井駅同様、駅名標がえちごトキめき鉄道仕様になっていました。


当駅から特急はくたか号に乗り、黒部駅に向かいました。




黒部はくたか

直江津駅から約50分、富山県黒部市の黒部駅に到着しました。直江津駅では晴れていましたが、当駅に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、到着する頃には吹雪いていました(ノД`)



黒部駅

黒部駅前には女性の銅像が設置されています。次の列車まで時間があったので駅前を散策したかったんですが、湿った雪が容赦なく降り続いていたので断念しました。



黒部普通

後続の普通列車に乗って魚津駅に向かいました。




魚津駅1

魚津駅2

黒部駅から約5分、富山県魚津市の魚津駅に到着しました。黒部駅同様、魚津駅前にも銅像が設置されています。



魚津駅3

魚津駅4

魚津駅の隣には、富山地方鉄道新魚津駅があります。下の写真は、京阪電気鉄道から譲渡された10030形です。



魚津北越

魚津はくたか

魚津駅で特急北越号(上)や特急はくたか号(下)を撮り、後続の特急はくたか号に乗って金沢駅に向かいました。




金沢普通

金沢駅で接続する普通列車(右側)に乗り換え、寺井駅に向かいました。学校帰りと思われる学生が多く、結構混んでいました。




寺井駅1

寺井駅2

金沢駅から約25分、石川県能美市の寺井駅に到着しました。近年建てられた綺麗な橋上駅舎となっています。当駅は2015年3月14日(土)に能美根上駅へ改称されました。駅舎には既に「能美根上」の文字が設置されていました。次の列車まで時間がありましたが、特にすることもなかったのでホームの待合室に居ました。

後続の普通列車に乗り、小松駅特急サンダーバード号に乗り換え、一気に大阪駅に向かいました。




大阪サンダーバード

特に遅れることもなく、無事大阪駅に到着しました。ホームでサンダーバード号を撮影していると、大阪環状線のラッピング車両(右)が入線してきました(´▽`)



早朝から列車に乗りっぱなしだったので非常に疲れましたが、降りたことのない駅に立ち寄れたので良かったです。 




以上で終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR