岡山県旅行その1

3月31日(火)、青春18きっぷを利用して岡山県に行ってきました。去年8月の山口県への往路で山陽本線を利用したので、今回は赤穂線経由で向かうことにしました。





大阪駅1

大阪駅2

大阪駅始発の新快速姫路(ひめじ)行きに乗り、兵庫県姫路市の姫路駅へ向かいました。予想以上に混雑していましたが、何とか座れたので良かったです。

終点の姫路駅で普通岡山行きに乗り換え、英賀保(あがほ)へ向かいました。





英賀保駅1

姫路駅から約5分、兵庫県姫路市の英賀保駅に到着しました。自動改札機が導入されているので、ICOCA等のICカードでも利用できます。



英賀保駅2

英賀保駅は単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっており、左側の単式ホームに駅舎が設置されています。



英賀保駅3

後続の普通播州赤穂(ばんしゅうあこう)行きに乗り、播州赤穂駅へ向かいました。





播州赤穂駅1

英賀保駅から約30分、兵庫県赤穂市の播州赤穂駅に到着しました。当駅は、第3回近畿の駅百選に選ばれています。近畿圏ICOCA利用エリアの最西端駅となっているため、ここから先は利用できなくなります。



播州赤穂駅4

播州赤穂駅は単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっています。当駅で赤穂線の運転系統が分かれているので、必ず乗り換えが生じます。

乗り換え時間が20分程あったので、駅前を散策しました。



播州赤穂駅2

播州赤穂駅のコンコース(自由通路)には、忠臣蔵と書かれた大きな額が飾られています。忠臣蔵とは、元禄赤穂事件を題材とした人形浄瑠璃および歌舞伎の題目の一つ、仮名手本忠臣蔵の通称です。



播州赤穂駅3

播州赤穂駅前広場には、赤穂藩の筆頭家老であった大石内蔵助像が設置されています。



播州赤穂駅5

接続する岡山経由の普通備中高梁(びっちゅうたかはし)行きに乗り、東岡山駅へ向かいました。





日生駅

岡山県備前市の日生(ひなせ)で上り列車と行き違いをするため、5分程停車しました。当駅は、赤穂線内で最も瀬戸内海に近い場所にあるので、ホームから瀬戸内海を望むことができます。

停車時間が少なかったので、残念ながらホームの写真は撮れませんでした。





長船駅1

岡山県瀬戸内市の長船(おさふね)でも上り列車と行き違いをするため、10分程停車しました。当駅から岡山・福山地区ICOCA利用エリアに入るため、ICOCA対応の簡易式自動改札機が導入されています。



長船駅2

長船駅は相対式ホーム2面2線構造となっており、右側の1番のりば(岡山方面)ホームに駅舎が設置されています。岡山方面から来る列車の約半数は、当駅で折り返します。





東岡山駅1

播州赤穂駅から約1時間15分、岡山県岡山市の東岡山駅に到着しました。当駅は赤穂線の終点ですが、全ての列車が接続する山陽本線に乗り入れて岡山方面へ直通しています。



東岡山駅2

東岡山駅は、中央の島式ホーム1面を両脇の相対式ホーム2面で挟んでいる特殊な構造となっています。左側の4番のりばホームの脇には、併走する山陽新幹線の高架があります。

後続の普通岡山行きに乗り、岡山駅へ向かいました。





次回に続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR