スルット関西の旅④

前回の続きです。


能勢電鉄妙見線日生線を全区間乗車し、妙見山の玄関口である妙見口駅に到着しました。



妙見口駅3

妙見口駅1号線に入線してきた折り返し川西能勢口行きに乗り、川西能勢口駅へ向かいました。




川西能勢口駅6

川西能勢口駅で阪急電鉄宝塚本線急行梅田行きに乗り換え、蛍池駅へ向かいました。




蛍池駅1

川西能勢口駅を出てから約10分、大阪府豊中市の蛍池駅に到着しました。大阪高速鉄道(以下、愛称の大阪モノレールと表記)大阪モノレール線(以下、本線と表記)との接続駅で、大阪国際空港(伊丹空港)への利用者を中心に終日混雑しています。比較的利用客数が多いため、平日の通勤時間帯のみ運行されている特急日生エクスプレス通勤特急を除く全ての列車が停車します。



蛍池駅2

蛍池駅は、阪急電鉄宝塚本線が相対式ホーム2面2線の構造、大阪モノレール本線が島式ホーム1面2線の高架構造となっています。両路線の改札口は同じ2階にあるため、乗り換えがスムーズに出来ます。



蛍池駅3

蛍池駅2番線に入線してきた大阪空港行きに乗り、大阪空港駅へ向かいました。




大阪空港駅1

大阪国際空港

蛍池駅を出てから数分、大阪府豊中市の大阪空港駅に到着しました。大阪国際空港(伊丹空港)の最寄駅で、ターミナルビルと連絡通路で結ばれています。名称が大阪国際空港となっていますが、国際線は1994年に関西国際空港へ移管されているため、現在は国内線のみ就航しています。



大阪空港駅2

大阪空港駅は島式ホーム1面2線の高架構造となっており、殆ど列車は左側の2番線を使用しています。



大阪空港駅3

大阪空港駅の終点部は、ホームより先に伸びている形になっています。大阪空港駅から兵庫県方面への延伸計画があるようですが、今のところ目立った動きはありません。



大阪空港駅4

大阪空港駅に入線するチキンラーメンのラッピングが施された折り返し門真市行きに乗り、万博記念公園駅へ向かいました。




万博記念公園駅1

万博記念公園駅2

大阪空港駅を出てから約20分、大阪府吹田市の万博記念公園駅に到着しました。日本万国博覧会記念公園(万博記念公園)の最寄駅で、多客期にも対応できるように改札口やコンコースは広く造られています。大阪モノレールの車庫がある関係で、早朝時間帯に当駅始発の列車が設定されています。



万博記念公園

万博記念公園駅から日本万国博覧会記念公園へ続く通路からは、公園内にある太陽の塔が見えます。



万博記念公園駅3

万博記念公園駅は島式ホーム2面3線の高架構造で、中央の1線は両側をホームに挟まれた形になっています。大阪モノレール国際文化公園都市線(以下、愛称の彩都線と表記)との接続駅で、基本的に彩都線の電車は中央の1線を使用しています。



万博記念公園駅4

万博記念公園駅の西側には、本線彩都線の分岐があります。直進方向に伸びているのが本線、両脇に別れて左方向(北方向)へ向かっているのが彩都線です。



万博記念公園駅5

阪急電鉄と同じあずき色のラッピングが施された大阪空港行きを撮影し、彩都西行きに乗って彩都西駅へ向かいました。




彩都線

彩都線の沿線には、大阪府の茨木市と箕面市によって開発された国際文化公園都市が広がっています。丘陵地帯にあるため、勾配区間が連続します。




彩都西駅1

万博記念公園駅を出てから約10分、大阪府茨木市の彩都西駅に到着しました。大阪モノレールとしては珍しい橋上駅舎となっています。



彩都西駅2

彩都西駅は島式ホーム1面2線の構造で、左側の1番線が降車専用ホーム、右側の2番線が乗車専用ホームとなっています。当駅に到着する電車は1番線で乗客を降ろした後、一旦終点側にある引込線に入り、進行方向を変えて2番線に入線してきます。



彩都西駅3

彩都西駅から先も延伸できるように、引込線とは別に上下線の用地が確保されています。


この後、再び万博記念公園駅へ戻り、門真市駅へ向かいました。



次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR