城崎温泉旅行記①

1月30日(土)・31日(日)、某氏達と兵庫県豊岡市の城崎温泉へ行きました。楽しみの余り前晩は殆ど眠れず、当日は寝不足の状態で某氏達と合流することになりました(^_^;)




特急こうのとり1

城崎温泉へは、西日本旅客鉄道(JR西日本)289系特急「こうのとり」を利用しました。この車両は、元々北陸本線特急「しらさぎ」として運用していた683系2000番台で、北陸新幹線の開業により余剰となった車両を直流専用に改造したものです。余談ですが、特急「こうのとり」には車内販売や自動販売機が無いので、利用する際は予め駅売店などで飲食類を購入しておくことをお勧めします。



特急こうのとり2

特急こうのとり3

今回利用した289系特急「こうのとり」の車内(普通車)です。奇数号車のシートはサーモンピンク、偶数号車のシートはグレーブルーを基調としており、座席裏テーブルの他にも肘掛内蔵の小型テーブルが設置されています。この日は土曜日だったこともあり、車内案内放送によると乗車した列車の指定席満席自由席宝塚駅辺りでほぼ満席という、帰省ラッシュ宛らの混雑でした(゜д゜)




城崎温泉駅1

城崎温泉駅2

特急「こうのとり」に乗り、某氏達と飲酒しながら談笑すること約3時間、目的地の城崎温泉駅に到着しました。当駅は観光地の玄関口ということで、大きい駅舎ながらも景観を損ねない瓦屋根の和風建築となっています。駅舎内も広々としていますが、先述の通り利用客が多かったので、改札口や駅前ロータリーへの出入口付近は非常に混雑していました。



こうのとり像

飲泉場

城崎温泉駅前広場には、こうのとり像飲泉場などがあります。某氏達と一緒に温泉を飲んでみましたが、予想以上に塩辛くて少量で断念しました(´・ω・`)



城崎温泉街並み1

城崎温泉駅前から温泉街方面へ向かう駅通りです。城崎温泉のメインストリートの一つで、飲食店や土産販売店などが建ち並んでいます。観光客を中心に混雑しており、宿へ向かう大型観光バスの往来も多かったので、細心の注意を払いながら歩いていました。



海鮮丼御膳

海鮮丼

駅通りに接している海中苑というお店で昼食を摂りました。駅前の混雑から察するに、正午を過ぎると入店できなくなる恐れがあったので、到着後すぐに食べることにしました。海鮮丼が有名のお店なので、写真の海鮮丼御膳を注文しました。新鮮な魚が沢山のっている海鮮丼をはじめ、どれも文句なしに美味しかったので、一同言葉を発することなく一心不乱で平らげました(*゚▽゚*)



食べ終わった頃、案の定お店が混んできたので、会計を済ませて温泉街を散策することにしました。



次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR