城崎温泉旅行記②

前回の続きです。海中苑で昼食を摂った後、城崎温泉郷を散策しました。




城崎温泉街並み2

城崎温泉郷を流れている大谿川です。川の両脇に柳(シダレヤナギ)が植えられているため、川の北側の道を北柳通り、反対の南側の道を南柳通りと名付けられています。城崎温泉を代表すると言っても過言ではない、古風な情緒が楽しめます。通り沿いに顔出し看板が設置されていたので、某氏に頼んで記念写真を撮ってもらいました(´▽`)




温泉寺仁王門

大谿川沿いを上流へ向かって歩いていくと、豊岡市指定文化財である温泉寺仁王門が見えてきます。仁王門の奥には石段があり、山の中腹にある温泉寺本堂へ繋がっています。結構急な階段だったので、運動不足の我身には相当辛かったです(^_^;)



温泉寺本堂

約450段ある石段を登り切ると、国の重要文化財に指定されている温泉寺本堂が見えてきます。本堂の隣には、温泉寺本坊も建っています。本尊である十一面観音立像木造四天王像などが祀られているようですが、残念ながら見ることは出来ませんでした(´・ω・`)



城崎美術館

温泉寺本堂の近くに城崎美術館があったので、某氏達と見学してみました。室内には数多くの仏像や経典が展示されていた他、見応えのある地獄絵図や釈迦涅槃図などもありました(*゚▽゚*)




温泉寺駅1

温泉寺駅2

城崎美術館を見学した後、温泉寺本坊の前にある温泉寺駅へ行きました。城崎温泉ロープウェイの中間駅で、改札口に仏像が安置されています。当駅は無人且つ自動券売機も設置されていないので、そのまま乗車して起点の山麓(城崎温泉)駅の窓口で精算することになります。



城崎温泉ロープウェイ1

城崎温泉ロープウェイ2

城崎温泉ロープウェイは、山麓(城崎温泉)駅山頂(大師山頂)駅とを結んでおり、所要時間は約7分です。1号機2号機の2台が、起点の山麓駅と終点の山頂駅を概ね20分間隔で同時に発車し、中間の温泉寺駅ですれ違うダイヤとなっています。多客期には臨時便が増発されて、最短の8分間隔で運行されることもあります。




山頂駅

城崎温泉郷俯瞰

山頂(大師山頂)駅の1階はみはらしカフェ茶屋、2階は展望台となっています。ここからの眺めは素晴らしく、城崎温泉郷や円山川、更にその奥に広がる日本海などが見渡せます。当駅周辺には、温泉寺奥の院カニ塚などがあります。また、奥の院正面にはかわらけ投げ処があり、みはらしカフェ茶屋で売っている3枚1組のかわらけ(素焼きのお皿)を買ってかわらけ投げをすることも出来ます。



ぜんざい1

ぜんざい2

小腹が空いてきたので、みはらしカフェ茶屋で売っているぜんざいを食べました。お餅は、店内の囲炉裏の上で自分好みに焼いてから入れます。少し焦がしてしまったものの、もっちりとした歯応えは失われておらず、甘いぜんざいとの相性は抜群でした(´▽`) 見晴らしも良く、ゆっくりとできます。



再びロープウェイの乗って下山し、城崎文芸館にて各々詩人に成りきって俳句を書いた後、宿泊する旅館へ向かいました。



次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR