劇場版「響け!ユーフォニアム」鑑賞

響け!ユーフォニアム劇場版

5月7日(土)、某氏と劇場版「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~を観てきました。公開されてから2週間経っているので空いているかと思いましたが、1時間前に映画館に行って残り僅か(△表示)だったので驚きました。映画の感想は追記欄(下の「続きを読む」の部分)に書いていますが、映画の内容も含まれているので、閲覧する際は注意してください。



入場特典クリアファイル(2年生)

入場特典として配布されていた、響け!ユーフォニアムのミニクリアファイル(2年生主要メンバー)です。中川夏紀先輩(CV:藤村鼓乃美さん)が描かれているのが、個人的にポイント高いです。1年生の主要メンバーが描かれているグッズはよく見かけますが、今回のように2年生が描かれているグッズは少ないので、レアアイテムと言えるでしょう(´▽`)

また、劇場版のエンディングが良かったので、映画鑑賞後に劇場版のサウンドトラックも買いました(^O^) 今回の記事は、サントラを聞きながらテンション上げて書いていますw

- - - - - - - - - - -


【映画の概要と感想】


今回の映画は、アニメ「響け!ユーフォニアム」第1期の総集編で、黄前久美子高坂麗奈を中心に描かれています。1クール分の話を2時間弱に纏めている関係でテンポが速かったですが、練習風景や選抜オーディションなどの部活動の内容は殆どカットされていなかったので、物語が破綻しているという事は無かったです。ただ、人間関係のエピソードが結構省かれていたので、影が薄くなったキャラクターや存在すらしていないキャラクターも居ます。アニメを見ていないと分からない部分が多くあるので、初見の人にはハードルが高い作品であると言えます。

主要人物であるにも関わらずオーディションに落ちてしまい、この映画では空気扱いだった加藤葉月が不憫でした。また、中川夏紀先輩がオーディション後に黄前久美子へエールを送って労わる場面も省かれていたので残念でした。ただ、上記の通り物語が上手く纏められていたので、アニメの復習という面では申し分無かったです。部活動と関係ない主人公の日常風景も省かれていたので、短時間で概要を押さえるという面ではパーフェクトですね!

そして、個人的に最も評価が高かった点として挙げられるのが、物語中盤のサンライズフェスティバルの演奏および、物語終盤のコンクールの演奏の描写が拡大されていたことですね! どちらも、それぞれの演奏パートが新たに描かれていました。この作品の目玉とも言える演奏シーンが長く取られていたので、それだけでも観に行った甲斐がありました(*゚▽゚*)

映画の最後、エンディングテーマとして「DREAM SOLISTER」がオーケストラバージョンで流れた時、感動して立ち上がりたくなってしましましたね☆ 映画鑑賞した私たちにも、関西大会への切符を手に入れた吹奏楽部員と同じような高揚感を味わえる演出となっています。



初見お断りという雰囲気はあるものの、懸念していたストーリーの破綻が無く、全体的に良かったです。今年10月からアニメ第2期も始まるので楽しみですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR