山梨県への往路(身延線)

5月18日(水)・19日(木)、友人に会いに山梨県甲府市へ行ってきました。両日とも天気が良かったので、綺麗な車窓を楽しめました。



こだま

途中の静岡駅まで東海旅客鉄道東海道新幹線で向かいました。今回は、比較的空いているこだま号自由席に乗りました。こだま号には車内販売がないので、予め飲食物などを購入しておくと良いでしょう。



駅弁

滋賀県米原市の米原駅で、井筒屋の近江牛としょいめし弁当(1,300円)を買いました。2種類の近江牛を味わえる贅沢な弁当です。米原駅のコンコースや新幹線ホームにある売店で販売されています。当駅に停車するひかり号こだま号の殆どはのぞみ号の通過待ちで5分程停まるので、停車時間内に買うことも可能です。



静岡駅

静岡市葵区の静岡駅です。当駅は、東海旅客鉄道東海道新幹線東海道本線が接続しています。静岡市の中心駅で、静岡県の駅の中で最も乗降客数が多いです。



特急ふじかわ1

静岡駅から身延線へ直通する、373系特急(ワイドビュー)ふじかわ号に乗りました。3両編成でグリーン車は連結されていません。1号車が普通車指定席、2・3号車が普通車自由席(両端部のテーブル付きセミコンパートメント席は指定席)となっています。特急ふじかわ号は静岡県富士市の富士駅の構造上、富士駅を境に列車の進行方向が変わります。



特急ふじかわ2

373系の座席は2列+2列配置の回転式リクライニングシートとなっており、足元にはフットレストも設置されています。普通列車としても運用されていたことから、乗降用の扉が両開きとなっていることやデッキと客室を仕切る扉がないといった、特急列車としては珍しい構造となっています。



富士山

静岡駅を出た特急ふじかわ号は、富士駅で進行方向を変えて身延線に入ります。静岡県富士宮市の西富士宮駅を過ぎるとカーブを曲がりながら勾配を登っていくので、富士山と富士宮市街地が一緒に望めます。



富士川

富士川沿いを走る身延線川の東側を走っているため、A・B席だと富士川の良い景色が楽しめます。ただ、午後に出発する列車の場合、日光が差し込んでくるので眩しいです。



甲府駅1

静岡駅を出てから約2時間20分、山梨県甲府市の甲府駅に到着しました。身延線東海旅客鉄道の路線ですが、甲府駅は東日本旅客鉄道管轄なので、身延線ホームの駅名標も東日本旅客鉄道と同じデザインとなっています。



甲府駅2

甲府駅は、東日本旅客鉄道中央本線東海旅客鉄道身延線が接続しています。山梨県の駅の中で最も乗降客数が多く、特急スーパーあずさ号を含む全列車が停車します。



甲府駅3

甲府駅前ロータリーには、武田信玄公の銅像が建てられています。



ホテルにチェックインした後、友人夫妻と一緒に居酒屋へ行って夕食を楽しみました。翌日は、友人の車に乗って富士山を見に行きました。



次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR