神戸電鉄粟生線と北条鉄道

高速神戸駅2

阪急電鉄伊丹線に乗った後、神戸本線神戸高速線を乗り継いで新開地駅へ向かいました。写真は、高速神戸駅から乗った直通特急姫路行きです。




新開地駅1

新開地駅2

神戸市兵庫区の新開地駅です。神戸電鉄のホームと改札口は地下1階、阪神・阪急電鉄のホームは地下2階にあります。中間改札が無いので、スムーズに乗り換えることができます。神戸電鉄のりばは頭端式ホーム2面3線構造となっています。



新開地駅3

新開地駅4番線に停車中の普通粟生行きに乗り、兵庫県小野市の粟生駅へ向かいました。




有馬線1

神戸電鉄は、兵庫県の神戸市街地と六甲山麓の街を結んでいることから、登山鉄道の様な勾配区間が連続します。地下の湊川駅を出ると、標高278mにある鈴蘭台駅までの急勾配を一気に駆け上がっていきます。



有馬線2

神戸市北区の鈴蘭台駅有馬線(右側の複線)と別れ、粟生線(左側の単線)に入ります。粟生線も利用客数が多いので、複線化の要望があるようですが、用地買収が難航しているため、今のところ複線化の目処は立っておりません。



粟生線1

粟生線2

粟生線は、一部区間で複線になっているものの、殆どの区間が単線のままとなっています。列車運行本数も西へ向かうほど減っていき、兵庫県三木市の志染駅と小野市の粟生駅との間は1時間当たり1本(日中時間帯)となります。




粟生駅1

新開地駅から普通電車に乗ること約1時間10分、兵庫県小野市の粟生駅に到着しました。当駅は、西日本旅客鉄道(JR西日本)加古川線神戸電鉄粟生線北条鉄道北条線が接続しています。3社の共同使用駅で、駅舎は西日本旅客鉄道管轄となっています。



粟生駅2

粟生駅の神戸電鉄粟生線のりばは、右側の単式ホームです。以前は、西日本旅客鉄道加古川線と同じ左側のホームを使用していましたが、スルッとKANSAI対応の自動改札機を導入する際に中間改札が設けられ、現在の形になったようです。



粟生駅3

粟生駅から北条鉄道北条線に乗り、兵庫県加西市の北条町駅へ向かいました。この路線は、スルッとKANSAIが対応していないので、別途1日フリーきっぷを買いました。



北条鉄道1

北条鉄道2

北条線は、全区間電化されていない単線です。線内には行き違いをするための交換設備がないので、常時1編成のみで運行されています。車窓には、長閑な田園風景が広がっていて、古風な駅舎が残っている駅も多いです。




北条町駅1

北条町駅3

粟生駅を出てから約20分、兵庫県加西市の北条町駅に到着しました。当駅には、北条鉄道の本社が併設されています。のりばは単式ホーム1面1線の構造で、構内には留置線と車庫もあります。



折り返し便に乗り、粟生駅へ戻りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR