近鉄生駒線と田原本線

7月22日(金)、スルッとKANSAI3dayチケットを使って近畿日本鉄道(近鉄)の旅をしました。今年のブログを見返していると、8月に生駒鋼索線(生駒ケーブル)の乗車記は書いていましたが、その続きを書いていなかったので、自分の乗りつぶし記録のためにも載せておこうと思います(^_^;)



生駒駅1

生駒駅2

生駒ケーブルに乗った後、奈良県生駒市の生駒駅から近鉄生駒線に乗りました。生駒駅は島式ホーム3面6線構造で、右奥からけいはんな線の1・2番線ホーム、奈良線の3・4番線ホーム、生駒線の5・6番線ホームとなっています。



生駒駅3

生駒駅6番線に停車中の普通王寺行に乗りました。生駒線は、一部列車を除いて運転士のみのワンマン運転で運行されています。また、各駅に停車する普通列車のみが運行されており、急行などの速達列車はありません。




生駒線

生駒線は、生駒市内の一部区間を除いて単線構造となっています。ただ、殆どの区間で複線化できる用地が確保されています。




王寺駅1

生駒駅を出てから約25分、奈良県王寺町の王寺駅に到着しました。当駅は近畿日本鉄道生駒線の他、西日本旅客鉄道関西本線(大和路線)和歌山線、隣接する新王寺駅から出ている近畿日本鉄道田原本線が接続する交通の要衝です。



王寺駅2

近鉄生駒線の王寺駅は、頭端式ホーム1面2線構造となっています。改札口はホーム終点側にあり、JRの西口改札の傍にあるので、相互の乗り換えはスムーズです。



新王寺駅1

新王寺駅2

こちらは、近鉄田原本線が発着している新王寺駅です。頭端式ホーム2面1線構造となっており、乗車専用ホーム降車専用ホームに分かれています。田原本線スルッとKANSAIに対応していないため、スルッとKANSAI3dayチケットも使えません。ただ、ICOCAPiTaPa等のICカードは利用できます。



新王寺駅3

新王寺駅に到着する普通西田原本行に乗りました。田原本線は、運転士のみのワンマン運転で運行されています。また、各駅に停車する普通列車のみが運行されており、急行などの速達列車はありません。




田原本線1

田原本線2

田原本線は、全区間単線構造となっているので、交換設備のある駅で列車の行き違いが行われていました。




西田原本駅1

西田原本駅2

新王寺駅を出てから約25分、奈良県田原本町の西田原本駅に到着しました。頭端式ホーム1面2線の構造で、駅舎はホーム終点側に設置されています。



西田原本駅3

西田原本駅から徒歩数分の所に近鉄橿原線田原本駅があり、相互の乗り換えが出来るようになっています。



この後、橿原線に乗って橿原神宮前駅へ向かいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR