地上300mからの眺望

あべのハルカス1

先日、大阪市阿倍野区にあるあべのハルカスの展望台「ハルカス300」へ行ってきました。2014年3月7日に開業した日本一の超高層ビルで、高さは300mもあります。ハルカスという名称は、古語の「晴るかす」が由来だそうで、「晴れやかな景色で爽快感を味わえる」という思いが込められていると、先日乗った観光特急「青のシンフォニー」の車内放送で言ってました。展望台への入場料は、当日券が大人1,500円日時指定券が大人2,000円で、16階にあるチケットカウンターで購入できます。





東方向
あべのハルカス3

西方向
あべのハルカス4

南方向
あべのハルカス5

北方向
あべのハルカス2

あべのハルカス60階(最上階)にあるハルカス300の天上廻廊からは、360度の大パノラマが楽しめます。天気が良く、且つ空気が澄んでいる場合だと、東方向に大阪府八尾市の八尾空港西方向に兵庫県神戸市の神戸空港南方向に大阪府泉佐野市・田尻町・泉南市に跨る関西国際空港北方向に大阪府豊中市・池田市・兵庫県伊丹市に跨る大阪国際空港(伊丹空港)が見えます。また、西方向には明石海峡大橋淡路島も望めるようですが、この日は夕陽の影響で見えませんでした。





あべのハルカス6

あべのハルカスの展望台「ハルカス300」には天上廻廊の他に、58階のカフェダイニングバー「SKY GARDEN 300」天空庭園、59階のグッズやお土産を販売しているショップがあります。そして、天上廻廊の上にはヘリポートがあり、そこが地上300mの高さになります。そのヘリポートを見学できるヘリポートツアーが1日13回開催されており、60階のインフォメーションカウンターで申し込むことが出来ます。参加費は4歳以上一律500円で、各回先着30名となっています。



あべのハルカス7

ヘリポートツアーは、何にも遮られないヘリポートからの眺望が楽しめる特別なツアーです。ただ、特殊な場所であるため制限が多く、約30分の行程の半分は注意事項などの説明になります。晴れていても風があるため、財布やコンパクトデジカメ等のポケットに入る物以外は持ち込み禁止となります。持ち込み禁止の所持品は、ツアー開始直前に60階のロッカーへ預けることが出来ます。



あべのハルカス8

ヘリポートツアー中、スタッフさんが主な見所を説明してくれます。遠くにあって見え辛い京都タワー大阪国際空港万博記念公園の太陽の塔などの場所も、分かり易く教えてくれました。眺望は素晴らしいですが、如何せん晴天でも強い風が吹くので、日が差していても寒かったです。夜間の回だと綺麗な夜景が望めますが、一際寒いと思うので、もう少し遅い時期の方が良いかもしれませんね。



開業してから約3年が経った今、ようやく展望台に行くことが出来て良かったです。夜景も綺麗だと思うので、暖かくなったら再度行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR