永平寺口駅

4月24日(月)から29日(土)まで、福井県永平寺町にある大本山永平寺へ行ってきました。今回も重労働と睡眠不足で疲労困憊でしたが、半年ぶりに同期と会えたので楽しかったです(^O^)



さて、大本山永平寺へ公共交通機関で向かう場合、北陸本線福井駅からタクシーや直通バスを利用するのが一般的ですが、それ以外にも行く手段があるので紹介します。





永平寺口駅1

福井駅から出ているえちぜん鉄道勝山永平寺線に乗って25分くらいの所にある、福井県永平寺町の永平寺口駅です。窓口がある有人駅で、写真の駅舎は2014年に建てられた新しいものです。現在は勝山永平寺線だけですが、京福電気鉄道時代は永平寺の門前町まで延びる永平寺線が接続していました。



永平寺口駅2

永平寺口駅は、単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造となっています。写真左が先述の新駅舎、写真右の単式ホーム側にあるのが旧駅舎です。単式ホームは早朝の当駅始発の電車のみ使用しており、殆どの電車は島式ホームを使用しています。駅舎とホームは構内踏切で結ばれています。



永平寺口駅3

永平寺口駅4

単式ホーム側にある旧駅舎は、国の登録有形文化財に指定されています。2014年の新駅舎供用後は、改装したうえで地域交流館として使用されています。映画「男はつらいよ」シリーズの男はつらいよ柴又慕情のロケ地となったようで、その記念石碑が駅舎前に建てられています。



永平寺口駅5

永平寺口駅の駅前広場には旧京都電燈古市変電所が残されており、この建物も国の登録有形文化財に指定されています。





大本山永平寺へは、当駅から京福バスに乗り換えて行くことが出来ます。ただ、福井駅からの直通バスは運賃720円で約30分で行けるのに対し、永平寺口駅乗り換えだと合計運賃860円で1時間近くかかります。やはり、直通バスを利用する方が良いですが、のんびりとローカル電車に乗りながら向かうのも一興ではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR