日本海に沿って新潟へ

宿泊したホテルで朝食を摂った後、友人に秋田駅まで送ってもらいました。陸路で秋田から大阪方面へ帰る場合、確実に速いのは新幹線を乗り継ぐルートですが、今回は日本海側のルートで景色を楽しみながら帰ることにしました(*^^)v





羽越本線01

秋田駅の売店でお土産を買った後、3番線に停車している東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線特急いなほ8号新潟行きに乗りました。この列車は新潟駅秋田駅(但し、半数以上は山形県酒田市の酒田駅まで)を結ぶ特急です。2017年6月現在、特急いなほ号には車内販売があります(^◇^)



普通車
羽越本線02

グリーン車
羽越本線03

特急いなほ号は、E653系1000番台電車の7両編成で運行されています。1号車(秋田側)がグリーン車指定席、2号車から4号車が普通車指定席、5号車から7号車(新潟側)が普通車自由席です。普通車両側2列配置の座席、グリーン車2列(海側)と1列(山側)配置の座席となっています。



羽越本線04

特急いなほ号で使用されているE653系1000番台電車は、元々常磐線特急フレッシュひたち号で運用されていた車両で、その時は全て普通車となっていました。特急いなほ号へ改造してグリーン席車両を導入する際、窓枠に沿って仕切りを新設しているので、各座席空間が独立しています。そのため、座席のリクライニングを最大限倒しても、前後の座席には一切干渉しません(^^♪



羽越本線05

グリーン席車両の2号車側にはラウンジスペースが両側に設置されており、グリーン車の利用客であれば自由に使えます。自分が座っている席の反対側の景色も、このスペースを利用して見ることが出来ます(*'▽') 特急いなほ号を長距離利用する場合、普通車よりグリーン車の方が断然寛げて楽しめると思います(^^♪





羽越本線06

羽越本線07

秋田駅を出て暫くが降っていましたが、秋田県由利本荘市の羽後本荘駅を出た辺りから晴れてきました。日本海上空には青空も見えましたが、山側上空には分厚い雲が残っていたので、羽越本線沿線の絶景の一つ鳥海山の綺麗な姿は見れませんでした(;´・ω・)



羽越本線08

暫く車窓を楽しんでいると車内販売が来たので、早めの昼食として秋田駅弁「あきたこまち弁当」(1,000円)を買いました。様々なおかずが入った幕の内弁当で、とても美味しかったです(^O^)



羽越本線09

羽越本線には単線区間が結構あるので、頻繁に列車交換(行き違い)を行います。そのため、山形県鶴岡市のあつみ温泉駅でも、行き違いのため数分間停車していました。対向列車は普通酒田行きで、車両はイメージアップ新潟色塗装(後ろ2両は新潟色塗装)のキハ40系気動車です。当路線は全て電化されていますが、一部の普通列車は気動車で運行されているようです。



羽越本線10

新潟県村上市の府屋駅を出た辺りから、日本海にある島が見えてきました。当初、場所が新潟県ということもあって佐渡島かと思いましたが、調べてみると粟島(新潟県粟島浦村)でした(^^;) この辺りは、日本海に沿って走行するので、景色がとても綺麗な区間と言えます。

特急いなほ号は、新潟県新発田市の新発田駅を出ると白新線へ入り、終点の新潟駅へ向かいます。





新潟駅万代口
新潟駅1

新潟駅南口
新潟駅2

秋田駅を出てから4時間弱、新潟市中央区の新潟駅に到着しました。当駅は、東日本旅客鉄道上越新幹線信越本線白新線越後線が接続する交通の要衝で、特急列車を含めた全ての列車が停車します。また、先程通った新発田駅で接続している羽越本線の列車や、新潟市秋葉区の新津駅で接続している磐越西線の列車も、当駅まで乗り入れています。将来、在来線ホームが高架化される模様です。



新潟駅3

新潟駅の万代口側にある1番線には、特急しらゆき6号上越妙高行きが停車していました。先程まで乗っていた特急いなほ号と同様、この列車もE653系1000番台電車が使われています。今回、この列車には乗らず、上越新幹線とき号長岡駅へ向かいました。



次回は、上越線経由の旅を書いていこうと思います(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR