懐かしの500系のぞみ

500系のぞみ東京駅入線

朝日を浴びながら東京駅に入線する500系のぞみ(16両編成)です。私が好きな電車の一つです。

この500系車両は、1997年3月22日のダイヤ改正に登場しました。当時は、最高速度300km/hと速達性に長けた車両として注目されましたが、莫大な製造費と乗り心地などの問題があったために大量生産はされませんでした。その後、この問題を解消するために700系、そしてN700系が次々に登場し、それらに置き換わる形で2010年2月28日、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」から引退しました。

2012年4月現在は、8両編成となって山陽新幹線区間(新大阪~博多間)の「こだま」として運転しています。



500系のぞみ東京駅

こちらは、東京駅17番線に停車中の500系のぞみです。ご覧通り先頭部分が非常に長く、スマートなデザインになっています。しかし、この長い先頭部の影響で先頭車前寄りの乗客用ドアが設置出来なかったのと、座席数が従来の車両よりも少なかったため、先程にも述べた通り大量生産はされませんでした。

奥の15番線には、今年3月16日で引退した300系車両が見えます。



今現在、東海道新幹線区間(東京~新大阪間)で運転している車両は、700系とN700系のみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR