諏訪大社参拝

青春18きっぷを使って岐阜県中津川市の中津川駅まで向かった後、迎えに来てもらった車に乗りました。



神坂PA1

神坂PA2

中津川インターチェンジから中央自動車道に入り、すぐの神坂(みさか)パーキングエリアに寄りました。ここには小さな食堂が設置されているので、定食や蕎麦などを食べることが出来ます。意外に値段が安く、ボリュームもあったので良かったです(^^♪



諏訪湖俯瞰

神坂パーキングエリアで昼食を摂った後、県境の恵那山トンネルをくぐって暫く北上しました。折角長野県に来たので、諏訪湖を見に諏訪湖サービスエリアへ行きました。ここには展望台が設置されており、諏訪湖を俯瞰することが出来ます(^O^)



諏訪大社本宮1

諏訪大社本宮2

諏訪湖を眺望した後、諏訪湖サービスエリアの先にある諏訪インターチェンジで下りました。近くに諏訪大社の上社があるので、参拝することにしました。夕方だったので参拝者も少なく、静寂に包まれた空間となっていました。



諏訪大社には下社もあるようですが、時間が遅かったので参拝せずに戻ることにしました。下諏訪駅から近そうだったので、中央本線に乗った際に途中下車して参拝できそうですね(^^♪



翌日は、飯田線に乗って天竜峡へ行きました。

しんげんもち氏歓迎会

永平寺で心身共に疲弊している中、某氏から「関東からしんげんもち氏が来る事になったので、都合つくなら一緒にどう?」という嬉しいメールが届いたので、一気に眠気が吹っ飛びました(^^♪ 丁度、その前日に難波でいつもの面々と飲み会があったので、打ち合わせという名のエンジンをかけつつ、当日に臨みました(^^)/



阪急梅田駅

歓迎会は某氏宅付近の兵庫県で開催されたので、阪急梅田駅から阪急電鉄神戸線に乗って向かいました。久し振りに阪急電車に乗ったので、この時点でテンションが上がってしまいました(;'∀')


集合場所で幹事の某氏と合流し、「しんげんもち氏ってどんな人なんかな?」とソワソワしながら待つことにしました。そうこうしているうちに当人から連絡が来て、合流してから簡単に自己紹介を済ませて居酒屋へ行きました。しんげんもち氏は想像通りというか、ブログのまんまの面白い方でした(笑) 私の拙いブログ記事も熟読されていたので、感動しました(*'▽') 普段の飲み会と同じ様な調子で過ごしていましたが、氏もノリノリだったので良かったです(^ω^)


仕事帰りの某氏と合流し、しんげんもち氏ご所望のカラオケへ行きました。ここでも、我々はいつものようにアニソンを全力で歌いました。久々にプリキュアToHeartなどを熱唱したので、気持ち良かったです(*^▽^*) 少なくとも氏の歓迎会にふさわしい内容だったと思っていますが、肝心のしんげんもち氏がどう受け取ったかは謎です(^^;) あっという間に2時間が過ぎ、終電で帰りました。


幹事でもない私が言うのも変ですが、楽しい時間を過ごさせていただいて有り難うございましたm(_ _)m

例年以上に頑張った‼

永平寺(2018年4月)1

4月22日(日)から29日(日)まで、福井県永平寺町の大本山永平寺へ行ってきました。今回はハネムーン旅行と同じ7泊8日居たので、例年以上に疲れが溜まってしまいました(^_^;) 毎晩3~4時間しか寝れていなかったのもあり、帰った日は泥の様に眠りました。



永平寺(2018年4月)2

永平寺門前の工事が大分進んでおり、参道の石畳も整備されていました。永平寺川脇の基礎工事が始まっており、これから施設が建設される予定です。話を聞くと、新たに観光案内所もできるみたいです。



年々体力が無くなってきているので、いい加減鍛えないといけないかもしれません(-_-;)

白石麻衣のパスポート

管理人が不在のため、この記事は予約投稿となっています。



白石麻衣のパスポート1

先日、人気アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんの写真集「パスポート」を購入しました。夫婦揃って綺麗と感じる女性ということで、購入を決定した次第です。あらゆるポーズが様になっていて、正に非の打ち所がない容姿を備えていると言っても過言ではないです。



白石麻衣のパスポート2

写真集には、白石麻衣さんのポストカードが付いてきます。最近、乃木坂46が出演しているCMを見かける度に、釘付けになっています(^_^;) 欅坂46といい、坂道シリーズにハマりすぎかもしれませんね(;´∀`)

ミュンヘン観光と帰路

ドイツ旅行の最終日は、ミュンヘンの市内観光をしました。JTBツアーとしては夕方まで自由時間でしたが、行く当てもないと容易に想像できたので、予約時に追加料金を支払って観光チョイスプランのオプションを付けておきました(^^)v





ミュンヘンの噴水

この日の出発は遅めだったので、宿泊したマリティムホテルでゆっくり朝御飯が食べられました(*'▽') フロントに大きい荷物を預け、前日と同じワゴン車に乗って市内観光へ出かけました。気温は日中でも氷点下だったので、ニット帽子や耳当てを装着していても寒かったです(´;ω;`) この気温の影響で、ミュンヘン市内のあらゆる場所に設置されている噴水も凍っていました(^^;)





ノイエ・ピナコテーク1

市内観光で最初に訪れた場所は、美術館「ノイエ・ピナコテーク」です。ノイエ・ピナコテークとは新しい絵画館という意味で、バイエルン国王「ルートヴィヒ1世」によって設立されたそうです。ルートヴィヒ1世は、前日に訪れたノイシュヴァンシュタイン城の建築を命じたルートヴィヒ2世の祖父に当たります。因みに、この近くにはアルテ・ピナコテーク(古い絵画館)もあるようです。



ノイエ・ピナコテーク2

ノイエ・ピナコテーク3

ノイエ・ピナコテーク内には、ドイツ近代絵画や彫刻を中心に数多く展示されています。この美術館も、フラッシュを焚かなければ撮影が出来ます。この日同行した現地スタッフの方が、主な作品について懇切丁寧に説明してくれました。ゴッホ作のひまわりは、特に有名な作品と言えます。1時間半程滞在しましたが、じっくり鑑賞するには時間が足りませんでした(^_^;)





レジデンツ1

次に訪れた場所は、市内観光のハイライトとも言える博物館「ミュンヘン・レジデンツ」です。添乗員さんの説明によると、バイエルン王家として君臨したヴィッテルスバッハ家によって建てられた宮殿だそうです。因みに、先述のルートヴィヒ1世ルートヴィヒ2世も、このヴィッテルスバッハ家に含まれているようです。



レジデンツ2

ミュンヘン・レジデンツは、数百年の間に増改築が繰り返されたこともあって、様々な建築様式が混在する建物となったようです。最大の見所と言われるアンティクヴァリウム(考古館)は、現存する中で最古の部分ということです。壁面上部から天井にかけてフレスコ画が描かれており、左右の壁面に多くの彫刻が並んでいます(*^▽^*)



レジデンツ3

ミュンヘン・レジデンツには、博物館の他に宝物館もあります。この場所も、フラッシュを焚かなければ撮影可能とのことでした。お皿などの陶磁器が数多く展示されており、バイエルン王国の栄華を垣間見れる場所と言えます。



レジデンツ4

出入口付近の廊下には、ヴィッテルスバッハ家一族の肖像画が展示されています。勿論、ルートヴィヒ1世やルートヴィヒ2世の肖像画もあり、印象に残る場所と言えます(^ω^) 他にも、豪華な装飾を施した部屋がいくつもあり、見所満載の博物館でした。全て載せていると膨大な量になってしまうので、省略させていただきます(^_^;)





新市庁舎1

新市庁舎2

ミュンヘン・レジデンツの後は、徒歩でマリエン広場へ行きました。広場に面して建てられている新市庁舎には、ドイツ最大と言われている仕掛け時計「グロッケンシュピール」があります。鐘の音と共に人形が動き出し、約10分にわたって演奏が繰り広げられます。細かいパフォーマンスが素晴らしかったですが、寒空の下で見続けるのは辛かったです(;´∀`)



新市庁舎3

新市庁舎4

オプションの市内観光はマリエン広場までで、これから空港へ出発する時間までは自由行動となりました。新市庁舎には展望台があるとのことだったので、早速登ってみました。新市庁舎の4階のチケット売り場で3€の入場券を購入し、エレベーターで展望台へ向かいました。展望台からは、ミュンヘンの市街地を一望することが出来ました(^O^)





ヴィクトリアーリエンマルクト1

ヴィクトリアーリエンマルクト2

展望台からの眺望を堪能した後、マリエン広場にある中央市場「ヴィクトリアーリエンマルクト」へ行きました。ここには様々な食材が売られている他、軽食を食べられる屋台なども建ち並んでいます。市場の中央には、バイエルン州の風習であるマイバウム(五月の木)が建てられていました。縞模様の青色白色は、バイエルンの色とのことです。



ヴィクトリアーリエンマルクト3

お腹が空いてきたので、ヴィクトリアーリエンマルクトで昼食を摂りました。散策中に目に入った海鮮サラダが美味しそうだったので入店し、思いっ切り商品を指して何とか購入しました(^^;) 白身魚フライも注文したら、一緒にジャガイモが付いてきました(;´∀`) 本当は二人分注文したかったのに、結局上手く言えなかったので、取り敢えず半分ずつにして食べました。



ヴィクトリアーリエンマルクト4

先程のメニュでは満腹にならなかったので、屋台で売っているソーセージを買いました。ドイツではソーセージを買うと、パンに挟んだ状態で提供されるそうです。ここの店員さんは二人で食べることを察してくれたようで、わざわざ半分に切って渡してくれました(*'▽') 身も凍り付くような気温でしたが、ソーセージと店員さんの温かさに癒されました(^ω^)





ミュンヘン空港

昼食を食べた後、デパートでお土産などを購入してマリティムホテルへ戻りました。最終の荷物整理を済ませ、ミュンヘン空港へ送ってもらいました。搭乗手続きは出発時刻の2時間前からしか出来なかったので、先に免税手続きを済ませることにしました。現地スタッフの方が付いてくれたので、スムーズに行うことが出来ました(^O^)



復路の飛行機(羽田空港)

出国手続きを済ませ、往路と同じANA(全日本空輸)の旅客機に搭乗しました(写真は羽田空港到着時に撮影)。復路の飛行機はほぼ満席状態だったので、非常に窮屈でした。また、機内泊にも慣れておらず、中々寝付くことが出来なくて難儀しました(-_-;) 飛行機の翼へ凍結防止剤を散布していた影響で、ミュンヘン空港を約20分遅れて離陸しました。



復路の機内食1

復路の機内食2

猛烈な寒気が迫っているとのことでしたが、機体が殆ど揺れなかったので良かったです。復路の機内食は、往路と違うメニューが用意されていました。離陸してから程なく夕食(▲▲)が提供され、着陸前に朝食(▲)が提供されました。少し遅れてミュンヘン空港を離陸しましたが、羽田国際空港には定刻通りに着陸したので良かったです(^O^)





初めてヨーロッパのドイツへ行きましたが、季節外れの晴天に恵まれて楽しい時間を過ごせました。大きな怪我や病気にならず、事件にも巻き込まれなかったので良かったです(^^♪ なかなか一週間以上の休みが取れないので難しいですが、機会があれば再度ドイツ等のヨーロッパへ行ってみたいですね(*´з`)
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR