新たなジャンルへ

虐殺器官

先日、伊藤計劃(伊藤聡さん)のSF作品の一つ、「虐殺器官」を観てきました。同行した某氏に楽園追放(2014年11月に公開されたアニメ映画)を面白いと言う人向きではないから、始まってすぐに寝ると思うわ。」と嘲笑されながら映画館へ向かいました。いやいや、肉料理が好きな人だって魚料理も食べるように、この作品を観るのに楽園追放が好きかどうかは関係ないと思うのですが…


約2時間の映画を観た感想は、素直に面白かったです。言葉が人に与える影響、それによって感情をコントロールされていく描写は観ていて飽きませんでした。ただ、原作を読んでいないこともあり、要所要所わからない部分もあったので、原作の小説も読み出したところです。某氏に「どうせ小説なんか読まんやろ。」と罵られたのがムカついたので、意地になって読んでいるのが本音ですがw

文章を読み慣れていないこともあって中々前に進みませんが、読み終わったら某氏にドヤ顔で感想を言おうと思います(^^)

君の名は。とポッピンQ

三葉マグネット

先日、大丸心斎橋店にて期間限定で開催されていた「君の名は。」スペシャルショップへ行きました。アクリルマグネットやクリアファイル、マグカップなどの商品が売られていました。写真は、主人公の宮水三葉(CV:上白石萌音さん)のアクリルマグネット「したり顔バージョン」です。



ポッピンQ

大丸の後、天王寺動物園へ行き、アポロシネマでアニメ映画「ポッピンQ」を観ました。現実世界で不満を持っている少女5人が異世界へ行くという王道ファンタジーで、視聴者の期待を裏切らない物語となっています。ただ、あまりにも王道なストーリーなので、凝った演出が好きな人には物足りない作品であると言えます。

ドラえもん三昧

ドラえもん

最近、ドラえもんの映画を観まくっています(^_^;) 先週、某氏達と新年会をした時に、思いの外ドラえもんの話題で盛り上がったので、再び観るようになりました(*´ω`*) 台詞まで覚えている作品もあれば、物語すら覚えていない作品もあったので、良い意味で復習できました(^^)


最近鑑賞した映画は、以下の通りです。

ドラえもん のび太の大魔境(1982年公開)
ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年公開)
ドラえもん のび太の宇宙小戦争(1985年公開)
ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年公開)
ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988年公開)
ドラえもん のび太の日本誕生(1989年公開)
ドラえもん のび太と雲の王国(1992年公開)
ドラえもん のび太とブリキの迷宮(1993年公開)
ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001年公開)
ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年公開)



これから観賞しようと考えている映画は、以下の通りです。

ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983年公開)
ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年公開)
ドラえもん のび太とアニマル惑星(1990年公開)
ドラえもん のび太と銀河超特急(1996年公開)



また、別の日にカラオケでドラえもんの主題歌を中心に歌いました。殆ど忘れていましたが、某氏が結構覚えていたので助かりました。


上記の通り、大山のぶ代さん時代のドラえもんしか知らないので、これからは最近の作品も併せて観てみようかと思います。

聲の形

聲の形

アニメ映画「聲の形」を観ました。今回、3回目の鑑賞で内容も覚えていたんですが、やはり以前と同じ場所で涙腺が崩壊しました… 聴覚障害といじめをテーマにした作品なので、色々と考えさせられる映画と言えます。個人的に好まないキャラクターも居るんですが、内容は結構好きで何度も観てしまいます(^O^)

映画「艦これ」で歴史を学ぶ。

劇場版艦これ

12月1日(木)、人気シミュレーションゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」の劇場版を某氏達と観て来ました。この日は映画の日だったので、1,000円で観ることが出来ました(^^♪

「艦これ」とは、第二次世界大戦で活躍していた艦艇をモチーフとした「艦娘(かんむす)」を中心に、物語が進められていくゲームとなっています。所謂、艦艇の擬人化というものですが、華奢な見た目とは裏腹に豪快な戦闘を繰り広げるようなので、単なる萌え擬人化と括るのは聊か早計であると言えますね。

今回の映画鑑賞で、歴史に興味を持ったり、理解が深まったりする人も多かったと思います。現に、歴史が苦手な私でも「艦これ」の様に少女化して難易度を下げてくれたお陰で、戦闘における戦術の重要性や応用力の大切さを理解することができました。欲を言えば、登場人物(艦艇)を把握しておくと、より一層理解できたのかなと思います。若干、シナリオに疑問符が付く箇所もありましたが、躍動感ある戦闘シーンが観れたので良かったです。

購入したパンフレットで映画内容を復習することによって、更に知識も増えたので、良い勉強になりました(^O^)
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR