加古川線の旅

先日、青春18きっぷを使って西日本旅客鉄道(JR西日本)加古川線に乗ってきました。この路線は、10年以上前に上り列車で乗り通したことがあるので、今回は下り列車で乗り通すことにしました(^^♪



加古川駅1

大阪駅からJR神戸線新快速に乗ること約50分、兵庫県加古川市の加古川駅に到着しました。当駅は、JR神戸線(山陽本線)加古川線が接続している主要駅で、乗降客数が比較的多いです。



加古川駅2

加古川駅の改札内コンコースには、加古川線乗り換え用の中間改札が設置されています。加古川線の殆どの駅は無人駅となっているため、当駅で精算する仕組みとなっています。青春18きっぷ利用者は、右端の有人改札を通ることになります。



加古川駅3

加古川駅を撮影した後、5番のりばに停車中の普通厄神行きに乗りました。車両は103系3550番台電車(ワンマン運転対応)で、加古川線のラインカラーと同じ様な青緑色に塗装されています。



加古川線1

加古川線2

高架構造の加古川駅を出ると、左へカーブしてJR神戸線と分かれます。すぐに地上区間となって国道2号線のバイパスをくぐり、程なく下車予定の日岡駅に到着します。



日岡駅1

兵庫県加古川市の日岡駅は、古い木造駅舎が使われています。みどりの窓口や自動改札機は設置されていませんが、ICOCA等のICカードは利用できます。



日岡駅2

日岡駅3

日岡駅は相対式ホーム2面2線構造で、駅舎は加古川方面(上り)のりば側に建てられています。駅舎と西脇市方面(下り)のりばは構内踏切で結ばれています。日岡駅を撮影した後、普通西脇市行きに乗りました。



加古川線3

加古川線は一級河川の加古川と並走しており、何度か渡りながら進んでいきます。



加古川線4

加古川線は、途中の西脇市駅まで比較的本数が多いですが、単線構造であるため頻繁に列車交換(行き違い)を行います。



西脇市駅1

日岡駅を出てから約45分、兵庫県西脇市の西脇市駅に到着しました。当駅を境に運転系統が分かれているため、下り列車1本を除いて必ず乗り換えが生じます。また、ICOCA等のICカードが使える区間も、当駅までとなっています。



西脇市駅2

西脇市駅を撮影した後、1番のりばに停車中の普通谷川行きに乗りました。車両は125系電車(ワンマン運転対応)で、1両編成だけでも走行することができます。



加古川線5

西脇市駅から先は加古川線の閑散区間となり、列車本数が激減します。車窓もガラリと変わり、落石防止のための25km/h制限区間が数ヵ所あります。閑散区間では、今も古い木造駅舎を使用している駅が多いので、駅巡りもしてみたいですね( ^ω^ )



加古川線6

兵庫県丹波市の久下村駅付近では、日本新宗教の一つである円応教の本部が望めます。



加古川線7

加古川を渡って福知山線の線路が左側に現れると、終点の谷川駅に到着します。乗換駅ですが、ホームは閑散としていました(^-^;



次回は、谷川駅と次に乗った福知山線について書いていこうと思います(^◇^)

日本最南端の電停

昨年8月末に鹿児島県へ旅行した際、鹿児島市内を走る鹿児島市電(路面電車)に乗りました。その時訪れた、谷山電停について書いていこうと思います。



谷山電停1

鹿児島県鹿児島市にある谷山電停は、鹿児島市電1系統(谷山線)の終点です。また、全国トップレベルの進学校として名高い私立ラ・サール中学校・高等学校の最寄り駅でもあります。九州旅客鉄道(JR九州)指宿枕崎線にも谷山駅がありますが、少し離れた場所にあるため、相互の乗り換えには時間がかかります。



谷山電停2

谷山電停は、日本最南端に位置する電停(路面電車停留場)となっており、入口に標柱が建てられています。



谷山電停3

谷山電停は、頭端式(櫛形)ホーム3面2線構造となっています。また、北側に降車専用ホームが設置されており、2線ともホームに電車が停車している状態で、次の電車が到着してしまった時に使用されます。



この時は鹿児島県に2泊しましたが、観光地を巡り切れなかったので、機会があれば再訪問したいですね(^^)/

紀伊半島一周の旅(JR西日本の部)

前回の続きで、紀伊半島一周の旅の後半(JR西日本の部)です。今回は、学生時代に那智勝浦町へ旅行した思い出も交えつつ、書いていこうと思います(^◇^)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)01

紀伊半島一周の旅(JR西日本)02

名古屋駅から特急(ワイドビュー)南紀1号に乗ること約3時間半、和歌山県新宮市の新宮駅に到着しました。紀勢本線の主要駅の一つで、当駅を境に東海旅客鉄道(以下、JR東海と記載)管轄と西日本旅客鉄道(以下、JR西日本と記載)管轄に分かれます。鉄筋コンクリート造りの大きな駅舎が建てられており、みどりの窓口や観光案内所などが入っています。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)03

新宮駅の改札前には、2015年10月に引退した381系電車「くろしお号」の顔出し看板や、381系電車で使われていたパンダシートが設置されています。このパンダシートは、人気声優の中村繪里子さん日笠陽子さんが出演するラジオおどろき戦隊モモノキファイブでも取り上げられていました(笑)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)04

新宮駅の観光案内所を訪ねてみたところ、新宮駅では駅弁を発売していないとのことなので、駅前にある喫茶店で昼食を摂りました。カレーライスとシラス丼(どちらも600円)があったので、シラス丼を食べることにしました(*^^)v



紀伊半島一周の旅(JR西日本)05

紀伊半島一周の旅(JR西日本)06

昼食後、新宮始発の特急くろしお22号新大阪行きグリーン車に乗りました。乗車した車両は、オーシャンアローの愛称が付けられている283系電車です。先頭部は独特な形状をしており、先頭車両のグリーン車は前面展望可能なパノラマ型となっています(*^▽^*) くろしお号には車内販売や自動販売機がないので、乗る前に飲食物を買っておいた方が良いです。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)07

紀勢本線は、起点の亀山駅から新宮駅までの区間(JR東海管轄)は非電化ですが、新宮駅から終点の和歌山市駅までの区間(JR西日本管轄)は電化されています。また、後者(JR西日本管轄)の区間のうち、新宮駅和歌山駅の区間には愛称「きのくに線」が付けられています。きのくに線の殆どの区間で太平洋が望めます(*^▽^*)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)08

和歌山県那智勝浦町の紀伊勝浦駅を出ると、進行方向左手に再び太平洋が現れます。この辺りはリゾート地としても有名で、海岸沿いに大きなリゾートホテルがいくつも建てられています。因みに、学生時代に友人達と那智勝浦町のホテル浦島に宿泊したことがあり、楽しかった思い出がある場所でもあります(^O^)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)09

暫くすると、和歌山県串本町の串本駅に到着します。当駅は、本州最南端の駅であるため、改札口などに看板が設置されています。先程通った那智勝浦町と地形が似ているので、先述の学生旅行の際、ホテル浦島に到着したと勘違いしてしまった思い出の場所でもあります(;´∀`)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)10

和歌山県すさみ町の周参見(すさみ)駅の手前にある双子山信号場で、特急くろしお9号新宮行きと行き違いをしました。車両は、2012年に運行が開始された287系電車です。余談ですが、今日から287系電車の1編成がパンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」にラッピングされ、期間限定で運行されるようです(^O^)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)11

周参見駅の辺りから青空が見えてきたので、太平洋も綺麗な青色をしていました。現在は、紀勢自動車道(紀伊田辺IC~すさみ南IC)が開業していますが、学生旅行をした時は無かったので、カーブの多い国道42号線をひたすら進んだ記憶があります(;´∀`)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)13

乗車した特急くろしお22号は、和歌山県白浜町の白浜駅で数分間の停車時間がありました。先述の通り、くろしお号には車内販売や自動販売機が無いので、停車時間を利用して駅売店で飲食物を買うことを勧める旨の車内放送が流れます。人気テーマパーク「アドベンチャーワールド」の最寄り駅として機能しており、半数以上の特急くろしお号が当駅で折り返します。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)14

和歌山県田辺市の紀伊田辺駅を出ると、紀勢本線(きのくに線)複線となります。半数以上の普通列車は紀伊田辺駅で折り返すため、ここから先は概ね1時間間隔で運行されています。特急列車は、白浜駅から概ね1時間間隔で運行されています。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)16

和歌山県印南町の印南(いなみ)駅を過ぎると、車窓に大きいカエルの形をした橋(かえる橋)が現れます。広大な太平洋長閑な田園地帯の眺望が続くこの区間に、突如現れるこの橋はとても印象的です(^◇^)



紀伊半島一周の旅(JR西日本)17

紀勢本線(きのくに線)を走ってきた特急くろしお号は、和歌山県和歌山市の和歌山駅から阪和線へ入ります。大阪の通勤圏内ということもあり、一気に列車本数が増えます。更に、大阪府泉佐野市の日根野駅から関西空港線の列車も乗り入れてくるので、数分間隔で列車が運行されています。写真は、高架化工事が行われている大阪府岸和田市の東岸和田駅付近です。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)18

阪和線を走ってきた特急くろしお号は、大阪市天王寺区の天王寺駅から大阪環状線へ入ります。阪和線と同様、この路線も快速電車普通電車が数分間隔で運転されているので、特急列車であっても高速走行が出来ません。写真は、桜島線(ゆめ咲線)阪神なんば線と接続している大阪市此花区の西九条駅付近です。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)19

特急くろしお号は、西九条駅構内から梅田貨物線へ入ります。この路線は、早朝を除いて旅客列車は特急しか走っていないため、日中時間帯の前面展望を楽しめる列車は限られています。これも、乗車した283系電車のパノラマ型グリーン車の特権と言えます(^^♪ 写真は、大阪市福島区の福島駅付近です。



紀伊半島一周の旅(JR西日本)20

建設中の北梅田駅を過ぎて淀川を渡ると、この旅のゴールとなる大阪市淀川区の新大阪駅に到着します。新宮駅を出てから4時間以上乗っていましたが、前面展望を楽しんでいたので苦痛では無かったです(^◇^) 当駅では、2018年度末のおおさか東線開業へ向けてのホーム改良工事が行われています。



乗り換え時間を含めて一周約10時間の旅でしたが、天候に恵まれて綺麗な景色を堪能出来たので良かったです(^^)/

紀伊半島一周の旅(JR東海の部)

紀伊半島一周の旅(地図)

先月、紀勢本線の未乗車区間(多気~白浜間)を攻略したいと思い、急遽予定を立てて実行しました。東海道新幹線紀勢本線を走る特急列車を乗り継ぐと、半日足らずで紀伊半島を一周することが出来ます。今回は、新大阪駅から時計回りで一周するコースにしました(*^^)v

紀勢本線は、三重県亀山市の亀山駅を起点に紀伊半島を海岸沿いに進み、和歌山県和歌山市の和歌山市駅へ至る、総延長約400kmの路線です。和歌山県新宮市の新宮駅の手前までは東海旅客鉄道(以下、JR東海と記載)管轄、新宮駅から先は西日本旅客鉄道(以下、JR西日本と記載)管轄となります。新宮駅と和歌山駅の間には、きのくに線という愛称が付けられています。

紀勢本線の亀山駅と津駅の間、並びに和歌山駅と和歌山市駅の間は乗車済みなので、今回の行程では乗車していません。




紀伊半島一周の旅(JR東海)01

紀伊半島一周の旅(JR東海)02

早朝、スタート地である大阪市淀川区の新大阪駅の売店で駅弁を購入し、のぞみ292号東京行き普通車自由席に乗りました。購入した駅弁は近畿味めぐり弁当(980円)で、近畿地方名産の色々な食べ物が楽しめます(*^▽^*) 朝食としてはボリュームがありますが、この先車内販売がない列車を乗り継いで行くので、今のうちに食べておかないと空腹で苦しむことになります(^_^;)



紀伊半島一周の旅(JR東海)03

この日は晴天だったので、滋賀県米原市の米原駅と岐阜県羽島市の岐阜羽島駅の間にある伊吹山が綺麗に見えました(*´ω`*) ただ、米原駅を通過する列車だとスピードが出ているので、伊吹山を綺麗に見るポイントは一瞬で過ぎてしまいます(^_^;)



紀伊半島一周の旅(JR東海)04

新大阪駅を出てから約50分、名古屋市中村区の名古屋駅に到着しました。中部地方最大都市「名古屋」の玄関口として機能しており、終日に亘って混雑しています。当駅に隣接する形でJRゲートタワー(左)と名古屋セントラルタワーズ(右2つ)が聳えているので、思わず見上げてしまします(^▽^;)



紀伊半島一周の旅(JR東海)05

名古屋駅を撮影した後、12番線に停車中の特急(ワイドビュー)南紀1号紀伊勝浦行きに乗りました。特急南紀号の多くは、キハ85系気動車の4両編成で運行されています。1号車(名古屋寄り)が普通車自由席、2号車前半分と3・4号車(紀伊勝浦寄り)が普通車指定席、2号車の後半分がグリーン車指定席となっています。先述の通り、この列車には車内販売がありません



紀伊半島一周の旅(JR東海)06

今回は、進行方向後ろ寄りの1号車「普通車自由席」を利用しました。先頭部が展望できるようになっているので、一番後ろの席を反転させて後方展望を楽しみました(^O^) キハ85系車両は、全ての座席が通路より一段高い位置にあるので、景色が良く見えます(列車名に付いているワイドビューの由来)。



紀伊半島一周の旅(JR東海)07

名古屋を出て暫くは、近畿日本鉄道(以下、近鉄と記載)の名古屋線と並走します。走行しているJR東海関西本線単線ですが、近鉄名古屋線の方は複線となっており、列車本数も後者の方が多いです。ただ、乗車したのが朝の通勤時間帯だったので、頻繁に列車交換(行き違い)が行われていました。



紀伊半島一周の旅(JR東海)08

特急南紀号は、三重県四日市市の河原田駅の手前から伊勢鉄道伊勢線に入ります。踏切が殆どない高規格路線ですが、電化はされていません。写真は、三重県鈴鹿市の鈴鹿駅付近です。



紀伊半島一周の旅(JR東海)09

三重県鈴鹿市の中瀬古駅から先は単線となりますが、複線化できる用地は確保されています。写真は、三重県津市の河芸駅普通列車と行き違いをしたものです。



紀伊半島一周の旅(JR東海)10

三重県津市の津駅の手前で、JR東海紀勢本線の線路(左側)と合流します。紀勢本線の線路の左にある用地は、伊勢鉄道伊勢線が複線化された際、紀勢本線と立体交差する橋梁へのアプローチとなるものです。



紀伊半島一周の旅(JR東海)11

津駅を出ると紀勢本線へ入り、近鉄名古屋線と再び並走します。写真の近鉄特急は、乗車した特急南紀1号とほぼ同じ時刻で桑名駅や津駅を発車するので、並走する度に見かけました(^O^)



紀伊半島一周の旅(JR東海)12

紀勢本線は、三重県多気町の多気駅を出ると大きくカーブして参宮線と別れます。紀勢本線を概ね1時間間隔で運転している普通列車快速列車「みえ号」は、一部を除いて参宮線へ乗り入れます。また、当駅始発・終着の普通列車の本数も少ないので、当駅から先の区間は数時間に1本程度の運行本数となっています。



紀伊半島一周の旅(JR東海)13

紀勢本線は、多気駅から紀伊長島駅までの間は山間部を走るので、綺麗な景色が楽しめます。写真は、三重県大台町の三瀬谷駅を出た辺りです。



紀伊半島一周の旅(JR東海)14

三重県紀北町の紀伊長島駅で数分間停車したので、乗車した特急南紀1号の写真を撮りました。当駅で、対向の特急南紀4号と行き違いをしました。



紀伊半島一周の旅(JR東海)15

紀伊長島駅まで山間部を走ってきたのに対し、ここから先は熊野灘に沿って走るので、車窓に何度も太平洋が現れます。暫くすると、三重県尾鷲市の尾鷲駅に到着します。



紀伊半島一周の旅(JR東海)16

尾鷲駅を出て三重県熊野市の新鹿(あたしか)駅を過ぎると、車窓に新鹿海水浴場が見えてきます。この海水浴場は最高評価の水質で有名と、車内放送で案内されていました。程なく、三重県熊野市の熊野駅に到着します。



紀伊半島一周の旅(JR東海)17

紀勢本線は、熊野駅を出ると太平洋に沿って直線的に進みます。そして、三重県と和歌山県の県境を流れる熊野川を渡ると、和歌山県新宮市の新宮駅に到着します。乗車した特急南紀1号紀伊勝浦駅まで行きますが、新宮駅で下車することにしました。



次回は、紀伊半島一周の旅(JR西日本の部)を書いていこうと思います(^O^)

ユニバーサルシティ

ユニバーサルシティ駅2

先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJと表記)へ行った時に利用した、大阪市此花区のユニバーサルシティ駅について書いていこうと思います。



ユニバーサルシティ駅1

ユニバーサルシティ駅3

ユニバーサルシティ駅は、西日本旅客鉄道(JR西日本)桜島線(JRゆめ咲線)の駅です。大きな膜構造の駅舎が特徴で、近畿の駅百選に選定されています。時間帯によって利用客が集中するので、自動券売機や自動改札機が多く設置されています。



ユニバーサルシティ駅4

ユニバーサルシティ駅5

利用客が多い駅なので、改札内コンコースも広く造られています。人の流れが悪くなる自動改札機ホームへの階段との間隔を長くすることで、階段の混雑緩和が図られています(間隔が短いと、階段上で立ち止まることになって危険)。自動精算機は、階段を登ったところに設置されています。



ユニバーサルシティ駅6

ユニバーサルシティ駅は、相対式ホーム2面2線の構造です。左側の1番のりばが西九条・大阪方面(上り)、右側の2番のりばが桜島方面(下り)となっています。夕方以降に発車する上り列車は、当駅で数分間停車します。






ユニバーサルシティ1

ユニバーサルシティ2

ユニバーサルシティ駅からUSJの入場ゲートまでの間には、複合施設「ユニバーサル・シティウォーク大阪」があります。ただ、USJの開園時に開いている店は少ないので、帰り際に立ち寄る人が多いと思います。



ユニバーサルシティ3

ユニバーサルシティ4

シティウォークの床には、ミニオンズの3Dトリックアートがあります。アートの上に立って撮影すると、立体写真のようになるので人気があります。



ユニバーサルシティ駅は、大阪駅から直通電車を利用して約10分で行けるので便利です。西九条駅で乗り換えが生じても、15分くらいで行けます。
プロフィール

乃梨(のり)

Author:乃梨(のり)
鉄道やアニメ、犬(特に柴犬)が好きな社会人です。宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR